よしはら心中 帝都万華鏡 秘話 (講談社X文庫ホワイトハート(BL))

著者 : 鳩かなこ
制作 : 今 市子 
  • 講談社 (2011年6月2日発売)
4.00
  • (3)
  • (5)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :38
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062866873

作品紹介・あらすじ

大正時代の帝都。女たちがひしめき合う吉原遊廓で生まれ育った東雲楼の長男・横山夏洋は、一高へ進学するか家業を継ぐかで迷っていた。そんなとき、幼い頃から世話係としてそばにいた久助の恋の噂を耳にし、動揺している自分に気づいて、嫉妬心に苦しむことに…。濃艶な文体で綴られる大人の恋物語。人気シリーズ待望の最新刊。

よしはら心中 帝都万華鏡 秘話 (講談社X文庫ホワイトハート(BL))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  少し回りくどい気もするが、昨今のBLにはあまりないレトロ感や精緻な描写が際立つ濃い目の文体が好きで、気がついたらこの方の作品を読むのは三冊目。結構癖になる文体かもしれない。今回はデビュー作の『桜の頃』に出てきた日本画家・横山春洋の兄・夏洋を主人公とする話。舞台が大正時代の吉原遊廓というだけで、読む前から好感度は三割増し。春洋がまだ幼い頃の話なので、時代を少し遡っている。
     東雲楼の楼主となることを約束されている夏洋は、使用人の久助に複雑な思いを抱いている。久助のほうでは、画家の折口に無意識に好意を持っているのだが、自分のことなのに全く気が付かない。折口は折口で久助を憎からず思っているらしく……と三角関係のような話ですね。いろいろもどかしいです。
     兄弟そろって男が好きとか(シリーズ二作目は読んでないけど)、友人どうしも同性愛者とか、なんでこんなにホモだらけなんだよ、とかBLは設定にツッコミを入れ始めると、ひたすら非現実なので何も言わない(笑)。ファンタジー(妄想)と思っておく。

  • 2013年6月

全2件中 1 - 2件を表示

よしはら心中 帝都万華鏡 秘話 (講談社X文庫ホワイトハート(BL))のその他の作品

鳩かなこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
中村 明日美子
かわい 有美子
榎田 尤利
有効な右矢印 無効な右矢印

よしはら心中 帝都万華鏡 秘話 (講談社X文庫ホワイトハート(BL))はこんな本です

ツイートする