迷宮のファントム (講談社X文庫ホワイトハート)

著者 : 暁美耶子
制作 : 夏乃 あゆみ 
  • 講談社 (2011年10月4日発売)
3.63
  • (1)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 22人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062866972

作品紹介

特殊な声ゆえに、いじめられていた冬馬。そんな彼を「あなたは、ソプラニスタなの、奇跡の声なのよ」と言って、励ましてくれたのが茉莉奈だった。その彼女がフランス、ロワール地方の古城を校舎にした全寮制芸術学院に留学して、一年もしないうちに自殺した。常に前向きだった彼女にいったい何が!?彼女の死が受け入れられない冬馬は、自分の嫌いな声を武器に、彼女が通った芸術学院に入学する。

迷宮のファントム (講談社X文庫ホワイトハート)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2012年11月13日読了

    うっかりBL展開を望んでしまいそうな終わりだったなぁ。
    フレデリックと冬馬が今後、どんな関係を築いていくのか気になる。その辺りは続編で少し語られるといいな。

    読み口はあっさりしていてサクサク読めた。設定が好みなので文句はないかな。無難に仕上がってる。
    一人の少女がきっかけになって冬馬の運命を変え、また学院の闇も暴く…と言ったちょっとした冒険譚かな?人間関係よりは事件に重きを置いている感じだったので、アルと冬馬の話が見たかったな。同室だけというだけではちょっと押しが弱いと思う。
    事件を通じて、自分と向き合った冬馬の今後に期待。

  • BLじゃないんだ(笑)ちょっと駆け足気味な気もするけど、少女文庫ミステリーとしては上出来。せっかくの良い舞台とキャラなので、シリーズ化希望。

  • 帯「絡みあう声の恍惚と官能!!」なんというホイホイ・・・っ
    結論から言いますとBLではないです。所々おや?と思うことはありますが、いたって普通の小説。設定読んだら期待する・・学園BLを!個人的にはラスト詰め込み過ぎだったような・・・?もっと学園生活読みたかったなぁ

全3件中 1 - 3件を表示

迷宮のファントム (講談社X文庫ホワイトハート)のその他の作品

暁美耶子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
長野 まゆみ
有川 浩
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

迷宮のファントム (講談社X文庫ホワイトハート)はこんな本です

ツイートする