たとえ楽園がなくても (講談社X文庫)

著者 : 高岡ミズミ
制作 : ミナヅキ アキラ 
  • 講談社 (2013年9月4日発売)
3.17
  • (0)
  • (3)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :43
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062867863

作品紹介・あらすじ

初めて好きになった相手には、誰にも言えない秘密があって!?
「聖は他のひととは違う。聖は特別だから」
個人病院で内科医として働く宮成聖は、ある夜、マンションのエントランスに倒れている青年を助けた。
それが奇跡の恋の始まりだったーー!
カイと名乗る青年は記憶を失っているのか、日常生活さえも危ういところがあった。最初はカイを迷惑にしか思えなかった聖だが、彼の孤独を知ったときから強く惹かれるようになってしまい……!?

たとえ楽園がなくても (講談社X文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 人外ファンタジー。攻めのカイが可愛くてカッコ良かった。本能の赴くままな行動にもやもやした事もあったけど、その野性味溢れる感じも良かった。受けの聖はちょっと煮え切らない所もあってジリジリしたな、初めて恋を知った聖のカイへの執着や独占欲がもっと全面に出ても良いのになぁ、と思いました。それでもグイグイと引き込まれるように読んでました(笑) とても面白かったです。

  • 最後が卜部に任せるだけで聖は待つだけという決着は物足りない。

  • 人外…?

    不思議設定のお話

  • 草食系人を愛したことない医師受けが美形な野良犬系攻めを拾い一度は手放すが攻めが自然に戻ってきてH込みで懐く様子に受けがほだされてしまう。攻めが欲求を満たすために受けの父親の愛人と悪びれもせず寝ていたことが発覚。その後、人外だった攻めは捕獲!されるが絶食して死にそうになり、受けは自分の気持ちに気付く。ここら辺の描写はせつなくて良い。ハピエン。

全4件中 1 - 4件を表示

たとえ楽園がなくても (講談社X文庫)のその他の作品

高岡ミズミの作品

たとえ楽園がなくても (講談社X文庫)はこんな本です

ツイートする