虚空に響く鎮魂歌 Homicide Collection (講談社X文庫)

著者 :
制作 : 加藤 知子 
  • 講談社
3.20
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062868068

作品紹介・あらすじ

東京都にある孤島で、不審死体が発見された。現地へ派遣された瑞希は、心霊特番のため島を訪れていたテレビクルーから事情聴取する。死体となったのは番組を企画した男性で、島の出身者だった。この島は霊能力者が「霊が多すぎる」というほどの心霊スポットだという。奥多摩で発見された人間の足と孤島の事件の関連は? 瑞祥コンビに力を貸す桃里馨とは何者なのか?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これでおしまいなのかと思うと感慨深い……。

    二つの事件を併せていく手腕はさすが!

    なにもさぁ、警察小説や刑事ものが増えたからって、シリーズを終わらせることないのになぁ。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

4月9日生まれ。神奈川県在住。2001年「英国妖異譚」で講談社ホワイトハート大賞優秀賞を受賞しデビュー。大ヒットシリーズとなる。そのほかに続編の「欧州妖異譚」シリーズ、「ホミサイド・コレクション」シリーズ、「よろず一夜のミステリー」シリーズ、「御堂学院の神使官」シリーズなどがある。また、香谷美季のペンネームでは、児童書「あやかしの鏡」シリーズなどの著作がある。

「2016年 『魔女調伏師は闇に笑う 禁忌の魔術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

虚空に響く鎮魂歌 Homicide Collection (講談社X文庫)のその他の作品

篠原美季の作品

ツイートする