うさみみ姫と狼王子 恋のベリーはあまいくちどけ (講談社X文庫)

著者 : 七福さゆり
制作 : 市丸 慧 
  • 講談社 (2014年4月30日発売)
3.33
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :15
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062868204

作品紹介・あらすじ

極度の人見知りを直すため、父が依頼した魔法使いに魔法をかけられてしまった公爵令嬢・シャルロット。でもその魔法は、愛する人に満たされなければ身体がうさぎ化してしまうもの。必死で魔法を解くヒントを探すシャルロットは、迷い込んだ森で初恋の相手である王子に出会い・・・・・・!?

うさみみ姫と狼王子 恋のベリーはあまいくちどけ (講談社X文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • タイトルや設定が微妙だったんで、しばらく積読状態になっていましたけど、読んでみたら意外と面白かったです。

    欲情するとウサギの耳としっぽが生えてしまう魔法をかけられたシャルロット。

    クロヴィス王子に見初められて求婚されて、魔法の秘密も知られちゃいますが、過去の出来事でシャルロット大好きなクロヴィスは、ウサギの耳としっぽを消すため、なんて言いながら、シャルロットにHなことをしまくってます。

    クロヴィスは最後魔法が解けたあとも、わざわざ魔法使いにお願いして、たまにシャルロットにウサギの耳としっぽをつけちゃう魔法を教えてもらってますけど、自分に狼の耳としっぽがついちゃったのには、やられたーって感じでしょうか。

    シャルロットにかわいいなんて言われて、しっぽがパタパタ・・・になってるクロヴィスはかわいいって思いました。

  • かわいらしいお話。
    甘いお話で、ヒーローが少しストーカーチック。
    幼馴染の双子のその後が知りたい。

全2件中 1 - 2件を表示

うさみみ姫と狼王子 恋のベリーはあまいくちどけ (講談社X文庫)のその他の作品

七福さゆりの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

うさみみ姫と狼王子 恋のベリーはあまいくちどけ (講談社X文庫)はこんな本です

ツイートする