親子という病 (講談社現代新書)

著者 :
  • 講談社
3.24
  • (5)
  • (31)
  • (52)
  • (9)
  • (4)
本棚登録 : 321
レビュー : 43
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062879620

作品紹介・あらすじ

親が子の幸せを願う思いは無償なのか!?子が親を慕う気持ちに偽りはないのか!?すべての親子は、気持ちワルイ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 親子という関係を改めて考えさせられる本です。よく考えると親子って不思議な関係なんだというのが分かります。

    目次
    第1章 親を殺す子どもたち
    第2章「なぜ生まれたのか」と問い続ける子どもたち
    第3章 母に依存する娘、娘を支配する母親
    第4章 母の愛は無償なのか
    第5章 母性が加害性を持つとき
    第6章 理想の家族にひそむワナ
    第7章 「親子という致命的な病」への処方箋
    第8章 親子という病のために「まだできること」

    親から子へ、子から親へ、それぞれの思いは様々である。誰でも、親子関係で悩むことはあるはずです。著者もあとがきで、親の期待に答えられなかった自分に対して、自責の念をずっと抱いていたようです。

    親子って、関係が近過ぎて、ギクシャクしてしまいがちです。友人のような、もう少し距離が離れていると、他人だからって割り切れるが、親子だとそうはいきません。自分の血が流れているということもあり、過剰に関わろうとして、それが相手にとってはしんどい時もあります。

    それが、極端な例では、子供が親を殺害したりという悲劇を生んでしまうと著者は指摘しています。親としては、良かれと思って、子供に塾に行かせたり、いい学校に入学させたりしているのに、子供が応えきれずに、ストレスを溜めて、ついには爆発してしまうというのは、まさに悲劇的です。どちらが被害者なのか分かりません。

    著者は、「親子という病」の処方せんは無いと断言しています。それくらい親子関係は奥が深く、著者も「親子という病」に苦しんでいる状況なので、克服するのが難しいと感じているのだと思います。

    ただし、一歩踏み出すとして、まずは、親子関係から外に目を向けて、互いに独立した関係を構築するというアドバイスをしています。内に内に目を向けると、どうしても空気が濃くなりしんどくなります。

    成人した親子の場合、それぞれが独立した世界を持ち、そこで経済的にも生活的にも自立した環境を持っていれば、お互い干渉する必要もなくなってきます。親しき仲にも礼儀ありというように、親子でもある程度の「距離」が必要な気がします。親子という前に、それぞれが、一人の独立した人間という意識を持って、親子関係を築いていければと思います。

    思えば自分も家族に関してはいろいろとありました。なので、著書の内容が深く心に響きました。誰でも家族関係に悩みはあると思います。親子というのは、切っても切れない関係です。だからこそ、時にはしんどい存在になってしまいます。自分の場合は、親戚のおじおばの存在に救われました。

    ちょうど大学生の時、下宿先としておじおば家族の家で生活をしていました。おじとおばは、1年に1回たまに会うぐらいの関係でしたが、小さい頃からとても可愛がってもらっていました。おじは面白い人で、サラリーマンでありながら別の顔として小説を書いていました。歴史上の人物や政治家等の話をおじから聞くのが楽しみでした。照れくさくて自分の父親とは話せないような内容をなぜかおじには素直に話ができて、時には数時間お酒を交わしながら議論していました。おじとおばは非常に仲が良くて、とても温かい雰囲気の漂う家庭でした。おじとおばは我が子のように扱ってくれて、居心地はとても良かったです。

    おじとおばと生活するようになって、これまで主観的にしか見れなかった自分の家族を客観的に見ることができるようになり、自分に余裕ができました。今の家族はそれはそれとして、将来自分は新しく自分自身の家族を築いていけばいいのだと。ある意味、この時期に家族からの精神的な自立が果たせた気がします。

    悲しいことにおじは大学4回生の時にこの世を去りました。研究室生活が忙しくなり、その頃は大学近くで一人暮らしを始めていましたが、一報を聞いた時は頭が真っ白になりました。おじの家に駆けつけて抑えきれず涙したのを思い出します。

    おじがこの世を去って10年近くになります。先月に大阪出張のついでにおばの家に寄り、久しぶりにおばに会いました。今年生まれた第2子の写真を見せると、とても喜んでいました。帰りの新幹線の中で、おじとの生活を思い出し、なぜか感傷的になり涙が出てしまいました。あの時過ごした温かい家庭が、自分の家庭像の理想なのかもしれません。

    今、一人ブログを書きながらおじとおばとの生活を思い出しました。自分は高校生から一人暮らしをしていたので、おばとスーパーに買い物に行ったり、毎日夕食を家で一家団らんで食べるという日常生活が新鮮でした。そんな何でもない日常生活が、実はかけがえの無い大事なものと気付かせてくれたおじとおばには、感謝してもしきれないです。これからもっと恩返しができるよう、がんばろうと思います。

  • [ 内容 ]
    親が子の幸せを願う思いは無償なのか!?
    子が親を慕う気持ちに偽りはないのか!?
    すべての親子は、気持ちワルイ。

    [ 目次 ]
    第1章 親を殺す子どもたち
    第2章 「なぜ生まれたのか」と問い続ける子どもたち
    第3章 母に依存する娘、娘を支配する母親
    第4章 母の愛は無償なのか
    第5章 母性が加害性を持つとき
    第6章 理想の家族にひそむワナ
    第7章 「親子という致命的な病」への処方箋
    第8章 親子という病のために「まだできること」

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 新書、題名に惹かれた中二病患者。
    恐らく此の名の病にもかかっているのだろうと言う予想から。

    アダルトチルドレン、気になっていて知りたい話題だったので嬉々。

    スピリチュアルや音楽、経済仕舞には社会に対するメッセージを発していて高一が読んでみても興味深いお話でした

    精神科医の方ですが、スピリチュアルについても余り否定的ではなく江原さんが紹介されていたり。

    親と言う、一番身近で一番理解し合える筈の、一番小さな家族と言う社会を共生する人間。

    依存だとか拘束だとか、
    自分の現状と将来について考えてしまう、
    多分結婚なんてしない、そんな自分が親とどう付き合っていくのか。

    そんな難しくメンドクサイことまで考えてしまったりします、

    文中にゴスロリ文化まで紹介、分析されていたのには驚いたな、
    サブカルチャーにも精通している方らしく。
    他の著書も読んでみたいと思った次第。

  • 親を殺す子どもたち
    「なぜ生まれたのか」と問い続ける子どもたち
    母に依存する娘、娘を支配する母親
    母の愛は無償なのか
    母性が加害性を持つとき
    理想の家族にひそむワナ
    「親子という致命的な病」への処方箋
    親子という病のために「まだできること」

    著者:香山リカ(1960-、北海道、精神科医)

  • 身近にも母娘依存の例が何件もいるので共感しきり。
    共通してるのは父の存在感が薄い(多忙、性格的に)。
    主婦のパワー(余暇)が子どもに向きすぎるのかしら?とも考えた時期があったけれど、きっとそんな単純なことでは無い。
    いちばん身近な例は叔母と従妹なのだけれども、長年見て来て最近強く思うのは、叔母の「認めてもらいたい!」という気持ちの強さ。特に自分の母(私にとっての祖母)に。三人姉弟(私の母、叔母、叔父)で三人の中で一番社交的で活動的だから、気付きづらかったけれど。母は長子、叔父は長男なので微妙に扱いが違うらしい。
    家族、難しい・・・。

  • S367.3-ゲン-1962 300026465

  • 母への感謝をどストレートに歌った歌に、若干鳥肌が立ちつつも、それが売れる背景なんかに興味があったので読んでみました。
    家族に感謝という歌が売れる一方で、親殺し子殺しが未だにあるという事実を対比させながら、そのどちらにも「親子という病」が潜んでいるのだと筆者はいいます。
    診察室でのエピソードなども興味深いです。

  • 親子の依存と支配と反抗と。
    P43 自殺の危険の高い人は、家族の中で「取り替えのきく子ども」という役割を与えられている、というのだ。
    P66 親にとっては子どもの難しい時期に苦しむ中での一瞬のうさ晴らしとなり、子どもの側にとっても親が受け入れられない時期に「本当の親じゃないのだから」と自分に言い聞かせることで、なんとか難局を乗りきれる、というのが西田氏の考えだ。
    P94 しかしそもそも、息子は母のあふる愛を疑うことすら、ないように見える。だからこそ彼らは、「それを失えば私の存在根拠もなくなる」といった恐怖からも、「愛されない私」という罪悪感からも自由でいられるのだ。
    P129 母親の娘に対する過剰な愛は、ときとして「支配ー被支配」というはっきりした力の関係を取りがちだ。それは、息子への過剰な愛が「包み込むー包まれる」という力とは異なる関係を取るのとは、ある意味で対照的といえよう。

  • 健全な親子関係とは?

    →病そのものに取り組むのではなく、社会へ目をやり、身を置くことが最善の対症療法

  • 久しぶりに本読んだけど重かった…

全43件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

精神科医・立教大学現代心理学部教授。
 1960年7月1日北海道札幌市生まれ。東京医科大学卒。学生時代より雑誌等に寄稿。
 その後も臨床経験を生かして、新聞、雑誌で社会批評、文化批評、書評なども手がけ、現代人の“心の病”について洞察を続けている。専門は精神病理学だが、テレビゲームなどのサブカルチャーにも関心を持つ。

「2018年 『身近な人が「うつ」になったら読む本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

親子という病 (講談社現代新書)のその他の作品

香山リカの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
湊 かなえ
村上 春樹
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

親子という病 (講談社現代新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする