経済成長という病 (講談社現代新書)

著者 :
  • 講談社
3.68
  • (27)
  • (35)
  • (44)
  • (4)
  • (4)
本棚登録 : 383
レビュー : 41
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062879927

作品紹介・あらすじ

金融危機は何を意味するのか?経済は成長し続けなければならないのか?なぜ専門家ほど事態を見誤ったのか?何が商の倫理を蒸発させたのか?ビジネスの現場と思想を往還しながら私たちの思考に取り憑いた病と真摯に向き合う。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • エッセーみたいな語り口なので、スラスラ読むことができます。
    特に印象的だったのは、P179の「教育をビジネスで語るな」という内容です。
    自分達の言葉遣いには、時代の影響が色濃く反映されています。
    最近だとコスパという言葉が、時代を象徴していると感じます。
    コスパは、コストパフォーマンスの略語ですが、今、社会のいたる所で、
    この表現を見聞きします。

    コスパは、ある商品が、その価格に見合うだけの価値が「自分にとって」あるORないかという判断基準のことです。
    自分にとって、価値があるのか、ないのかをシビアに判断することが、当たり前になりました。

    教育の世界にも、
    投資、リターン、効率といった言葉が氾濫するようになりました。
    母親の学歴が相対的に高く、
    そして、一家の年収が高く、子供へ投資できる教育費が多ければ、多いほど、
    子どもの学歴は高くなり、年収も高くなる。こういった知識を、
    誰もが知るようになりました。

    良いか悪いかは、別として、なぜ、そういった言葉が氾濫するようになったのか、
    平川氏は、こう語っています。

    教育の問題を経営の問題として、語っている。
    (以下引用)
    経営の問題、すなわち、ビジネス上の問題とは、利潤の確保という現実的、
    即物的な目標達成のための処方箋を書き、それをひとつひとつ着実に実行してゆくことで解決されるべき問題である。

    例えば、ある生徒の、数学のテストが悪い。テストの点数を30点上げるためには、どうすればいいか。
    ①毎日、問題集をやる、②わからない問題を先生に聞く、③間違った問題を繰り返し行う。
    ①~③を継続すれば、高い確率でテストの点数が上がります。

    日本では、今、これを「教育」といっています。果たして、これが教育なのか?
    私は、ビジネスの論理として、問題を考えることは、非常に大切なことだと思いますが、
    それをやってはいけないという領域は、やはりあると思います。

    教育にビジネス用語が氾濫しているということは、自分達を、商品として考えるということです。
    つまり需給バランスで商品価格が決まる。それは、学歴、年齢、経験、知識、所属先を考慮して、
    労働市場が個人に値札をつけている社会です。ここ20年で、日本社会は、人を見る基準が、かなり商品化していると思います。

    つまり年収300万円の人は、年収600万円の人よりも、価値が劣るということです。
    今の日本社会がまさにそうなっている感じがします。
    ここ20年で、かなり、日本社会は階級的になったと感じます。

    平川氏は、さまざまな著作で、警告していますが、
    あまり効果は上がっていません。
    多くの人が、今の社会に違和感を持っていると思いますが、
    どうにも、ならないというのが、今の現状です。

  • ☆☆☆2019年9月☆☆☆


    最近、平川氏の著作を読むことが多い。
    共感できることが多いのだ。
    ここのところ、日本は「お金」こそが人の価値を決めるかのような風潮が強い。貧しいことを恥と考える。
    その根底には、経済成長至上主義や市場至上主義があるという。もっと人々の生活やヒューマンスケールを意識した「定常モデル」を確立することが大事だと筆者は説く、と僕は解釈している。

  • 経済成長ありき、だけでは今後日本は行き詰るだろうという、著者の言いたいことの芯はぶれてないと思うが、どうにも煮え切らないようにも思える。では日本人はこれからどう生きていけばよいのか、対策や処方箋といったものが欠如しているせいかもしれないが、エッセイのように感じたことを述べて終わっている。著者もそれを承知で書いているし、読み手も承知しないといけないのだろう。ものの思考の方法として読むぶんには面白い。

  • お金
    ビジネス
    社会

  • 日頃世の中に感じてる違和感を、見事に文章化してくれていました。「ほんとそうだよな〜」という箇所がたくさんあって本が付箋だらけになりました。

  • 経済の話ではなかった。我々の世界を考える時に、本当によく考えよう、という話。専門家的ジャーゴンの外で、一枚うがち、かつ一歩引いて見ることが必要。「多様性/ダイバーシティ」ともてはやされているものは、実は既にある欲望を細分化しただけではないか、という指摘は痛烈。
    経済成長についてのアプローチは「わからないが、どうわからないかをわかりたい」という迂遠なものなので、なかなか頭がひねられるが、広井良典さんの著作と合わせて読むと理解の助けになると思う。

  • 著者の「事実に対する解釈」が非常に参考になるとともに、反省させられる。
    大切なのは問いを持つこと、持ち続け、答えを模索することだ。

  • 平川克美さん『経済成長という病 退化に生きる、我ら』読了。
    台湾旅行中のお供にして楽しみました。

    面白かったです。
    経済成長が本質的に抱える問題点を軸にして、
    現在、世間で進行している問題を考察されています。

    平川さんがあとがきで書かれているように
    《具体的な結論も、処方箋もないじゃないかと言われれば、
    すみませんと頭を下げるしかない》のかもしれませんが、
    非常に示唆に富んだ書籍でした。

    今、仕事で悩んでいることがあるのですが、
    ヒントを与えてくれました。

    本書の序章のタイトルは「私たちもまた加担者だった」です。
    文中にときどき登場する「加担」。
    ある事象に対して、第三者的に辛辣に評するのではなく、
    心の片隅に「自分も、問題の加担者であったのではないか」
    という視点を持っておくことの重要性が
    繰り返し書かれていたように思います。

    青臭いことを書いてお恥ずかしいのですが、
    この視点を持っておくことは、自分に冷静さ、謙虚さ、
    そして寄り添う気持ちを与えてくれると思います。


    備忘のため、気に入った文章を転載。

    《「いや、なんと薄っぺらい世界だったのかという思いですわ」》(p.9)

    《専門家が見誤る理由とは何か。ひとことで言えば、経済の専門家は、時の経済の枠組みが作っ

    た言葉で考え、その枠組みの価値観で判断しているからだということになる。・・・レバレッジ

    とかデリバティブといった金融ゴージャン(専門用語)は、それらの用語が作り上げた経済の枠

    組みの外では何の処方も与えてくれないジャンクでしかない》(p.58-59)

    《多くの日本人がグローバル化の掛け声を背景にして、漢詩や、旧仮名遣いの近代文学を読むこ

    とができないことに何の痛痒も感じなくても、英語のできないことを恥じるようになっている。

    》(p.95)

    《分割された欲望には輪郭はあるのだが、どこかのっぺりしていて陰影というものが消えうせて

    いる。影のない人間を、私は信じない。いや、影のない人間がいるということが信じられたいの

    である。ほんとうは、軽薄も貪欲も、高貴も下劣も、馬鹿も利巧も、一人の人間の中に棲んでい

    たものである。自分が自分であることを確認するということは、他者の中にあるこういった要素

    と対話することに他ならない。そうやって人間は、自分の中の多様性を発見する。》(p.98-99



    《この事件にはいくつかの重要な落とし穴が隠されている。第一に、「老人の爪はがし」という

    ショッキングな言葉が、すぐに「虐待」という言葉と連鎖し、その言葉に病院もマスコミも過剰

    に反応したということ。第二に、看護婦を告発した病院も、病院を指弾する記者も現場を踏むこ

    となく、事実そのものよりは虐待とか再発防止といった言葉を先行させてしまったこと。第三に

    、病院もマスコミも、善意や正義の代弁者としてふるまったということ(・・・)。第四に、人

    間の複雑で不可解な思考や行動を、高齢者虐待防止法という新しい法律の言葉でしか考えられな

    いという思考の硬直である。》(p.162)

    《私は、九〇年代後半以降の時代の変化を象徴的に表す言葉づかいは、ビジネスの言葉づかいではなかったかと思う。それはたとえば、戦略、リスクとリターン、効率化、投資、自己責任といった言葉の束である。これらの言葉づかいは、仕事の中ではもちろんのことだが、日々の生活や、余暇の時間の中にも、遊びやスポーツの場面にも進入してきた。そしてビジネスの価値観から最も隔たった教育を語る言葉づかいの中にも、これらの言葉づかいは瀰漫している。》(p.175-176)


    --------------------
    いま、本当に考えなければならないこと。

    この金融危機は私たちに何を問いかけているのか?表層的な原因分析や処方箋を越えて、いま本

    当に考えなければならないことは?不安に怯え、崩れゆく時代の必読書。緊急出版!

    嘆いたり驚いたりしている私たちもまた、この時代の傍観者であったわけではない――。
    ●金融危機は何を意味するのか?
    ●経済は成長し続けなければならないのか?
    ●なぜ専門家ほど事態を見誤ったのか?
    ●何が商の倫理を蒸発させたのか?
    ビジネスの現場と思想を往還しながら私たちの思考に取り憑いた病と真摯に向き合う!

    目次
    序章 私たちもまた加担者であった
    第1章 経済成長という神話の終焉
    第2章 溶解する商の倫理
    第3章 経済成長という病が作り出した風景
    終章 本末転倒の未来図
    --------------------

  • あまりにも哲学的な経営者・平川克己が、経済成長という神話に取りつかれた現代の問題を論じています。

    著者は、経済、医療、教育など、あらゆる分野が、ビジネスのフレームワークの中で語られるようになり、そのフレームワークからこぼれ落ちたものに目が向けられなくなりつつある現状を批判します。こうしたフレームワークの中で、人びとはあらゆる問題について喧しく論じていますが、それは「考える」というよりも、経済を持続的に成長させることが何よりも正しくそれによってあらゆる問題が解決されるという「神話」によって「考えさせられている」という側面があります。著者は、盟友である内田樹と同様、こうした問題に対する鋭敏な感覚を示しています。

    著者のめざすところはそれなりに理解できるのですが、話題が多岐に渡っている割には具体性に乏しく、けっきょくどのように考え方を変えればいいのか分からないまま放り出されてしまったという読後感を持ってしまいました。

全41件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

平川克美(ひらかわ・かつみ) 1950年、東京都生まれ。文筆家、隣町珈琲店主。

「2020年 『街場の日韓論』 で使われていた紹介文から引用しています。」

平川克美の作品

経済成長という病 (講談社現代新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする