わかりやすく〈伝える〉技術 (講談社現代新書)

著者 :
  • 講談社
3.69
  • (146)
  • (300)
  • (287)
  • (42)
  • (7)
本棚登録 : 2743
レビュー : 296
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062880039

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • わかりやすい!まるで講演会の話を聞いた後のような読後感。
    単なるハウツー本じゃなくエッセイでもあるので、飽きずに読むことができた。自分にも思い当たることが多々あるので、何か一つでもアウトプットにつなげたい。

  • 書き言葉でも、話し言葉でも、わかりやすく伝えるための構成の仕方が、とってもわかりやすい文章で解説されている。
    論理的な文章には接続詞がいらないとか、話し言葉では、英語の関係代名詞的に話すとわかりやすいなど、
    目からうろこだった。
    わかりやすく伝えるためには、理解していることが大切で、そのために池上さんが新聞や雑誌や本にたくさん目を通しているという並々ならぬ努力もしていることがわかった。
    自分も専門分野くらいはそれくらいの努力をしなければという気持ちになった。

  • まえーーーーーに祖父にもらっていて。シューカツをはじめるにあたり、伝える力が必要だなと思い、本棚にあったこの本を思い出した。わかりやすい。ひとになにかを伝えるためには、こんなにたくさん気を配ることがあるのか。でも、池上さんも言っていた。心がけることが大切。口下手だけど、がんばろ。

  • 先に「わかりやすさの勉強法」を読んでしまい、少し重複する箇所がありましたが、こちらが後でも特に問題なく読めました。
    本書の方がプレゼンや営業技術等ビジネスマン向けの印象ですが、個人的には読書術や、思考術が詳細に書かれてる次作の方が好きです。
    しかし、池上さんが経験された記者時代の話はこちらの方が詳細なので、その経験があったからこそ、わかりやすい解説、文章を書かれているんだと思います。

  • <閲覧スタッフより>
    難解な時事問題を誰にでも理解できるよう噛み砕く達人、池上彰さん。そうした経験で培った「伝わりやすさ」のコツを伝授してくれます。
    -------------------------------------
    所在番号:新書||361.4||イア
    資料番号:10194302
    -------------------------------------

  • 地図リードをつける、短い文、“論理的に筋が通っている文は、短く分けても破綻しない”、三の魔術、結論は早めに、“つまり”は補助、“言い換えれば”は複眼、複式呼吸。

  • ニュースの現場を知る記者の経験を踏まえ、「わかりやすく伝える」ということはどういうことなのかを、具体例を交えながら、池上さんが語ってくれます。池上さん自身が、50代になってから「気づいた」ことにも触れられており、親しみをもって読むことができます。授業での発表や、レポート執筆にも役立つこと間違いなしです。
    文学部 T.Y

    越谷OPAC : http://kopac.lib.bunkyo.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=1000739723

  • 池上さんの「伝える」本は数ありますが、この本は具体例のあるタイプだと思う。特にパワーポイントを使ったプレゼンを例にして実践的。細かい日本語の使い方に至るまで、非常に参考になった。201309

  • プレゼン方法、文章の組み立て方がわかりやすく書かれている。

  • わかりやすかった。池上さんの文章はわかりやすいなぁ。わかりやすく伝えるのも技術だよなぁ。

全296件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

池上 彰(いけがみ あきら)
1950年、長野県生まれのジャーナリスト。東京工業大学特命教授、京都造形芸術大学客員教授、名城大学教授、信州大学・愛知学院大学特任教授、特定非営利活動法人日本ニュース時事能力検定協会理事を兼任する。
慶應義塾大学経済学部卒業後、1973年から2005年までNHKで記者として勤める。以降、フリーランスのジャーナリストとして活動。ニュース番組で人気になった。2012年から2016年までは東京工業大学リベラルアーツセンター専任教授を勤め、定年退職後も学生教育に関わっている。

わかりやすく〈伝える〉技術 (講談社現代新書)のその他の作品

池上彰の作品

ツイートする