ロボットとは何か-人の心を映す鏡 (講談社現代新書)

著者 :
  • 講談社
3.97
  • (37)
  • (61)
  • (31)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 503
感想 : 65
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062880237

作品紹介・あらすじ

英国コンサルティング会社SYNECTICSの「生きている天才100人」調査で日本人最高位の26位に選出(2007年)。石黒研究室が参加する「Team OSAKA」は、「ロボカップ世界大会」サッカー競技ヒューマノイドクラスで4連覇を達成(2004〜2007年)。自身のアンドロイド「ジェミノイド」とともに、欧州最大のメディアアートの祭典「アルスエレクトニカ2009」でフィーチャードアーティストとして展示を行う(2009年)。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ヒューマノイド研究で、自身そっくりのアンドロイドを作ったことで有名な石黒浩教授による、ロボットの存在を通して人間性というものを探る一冊。

    一貫して、「人間とは何か」に向き合っています。
    タブーを超えないように葛藤しつつ、心の実体、命の実体、「人間性」の正体などを、ロボット作りから探る石黒先生の文章に引き込まれます。
    そこに明確な解は出ないでしょうが、多くのヒントがあります。
    そして、「ロボットでなく自分にできることは何か?」という問いに対するヒントもあると思いました。
    今まで自分になかった疑問が多く生まれます。かなり面白いですし、読みやすいので、本当にオススメします。

  • 半分自伝的でさらっと流し読みしてしまった。ちょっと真理に対する理解が近似し過ぎな気もしたけど、結構同感。もっと深くまで考察した上での結論かも知れない。あと、「悪用できない技術は偽物である」ってのは名言だと思った。

  • 研究は、最も基本的問題を探ることである。

    最新の研究は、絶望と向き合うことである。


    研究は、自分に耐えることが必要である。


    石黒先生は天才ではなく、誰よりも探究心が強く、誰よりも考えている。


    ・そして彼は自分に正直で素直で矛盾を作らない。自分に妥協はしない。


    研究に没頭するだけでなく、研究者のあり方や位置付けをしっかりわきまえている。


    不可能と思う時点で、真の研究はできない。


    人は、人を知るために生きている。



    研究テーマ間の繋がりがはっきりしていて、まるでストーリーのようである。



    最終目的が明確であるからこそ、今必要なことを選択できる。






    『私は天才などではない。単に一つのことを誰より考えてただけだ。』

    アインシュタインの言葉が頭をよぎる。



    私は、本書から

    ・研究という営みはどういうことか?

    ・天才はいない。天才らしき人はそれなりの行動をしている。

    ・物事を考えることはもっともっとできる。突き詰めて考えることの本当の意味。


    以上3点を強く感じた。

  • 人間でないものを通じて人間を理解しようとする試みとしてのロボット研究のありようを,解説している。僕が院生の頃書いたレポートで展開した思考実験に似た記述を見つけた時は,失ってはいけない魂を再確認できた感があります。福岡伸一氏のような技巧的な文章は特に見当たらないですが,研究者の姿勢であるとか,その哲学を持つに至る来歴とか,学ぶことが多い一冊だと言えます。

  • ロボットは何か?を考えるとどうしても人間とは何か?になってしまう哲学的なロボット(ジェミノイド)に関する話。
    もちろんその開発にあたっての話もふんだんに盛り込まれている。

  • ふむ

  • 「ロボットも心を持つことができる」と考えている石黒先生。
    心とは、自分でもどこにあるのかわからない、実体のないものである。だから、「人に心はなく、人は互いに心を持っていると信じているだけである」という言葉からこの本は始まる。
    でも私は、人間には心があると信じている。
    ロボットがどんなに人間に似ても、どれだけ精巧にプログラミングされても、心を持つことはないのだからそれが人間とロボットとの違いだと思ってきた。
    でもこの本を読むと、ロボットに心を持たせることができるのではないかと思わされる。
    心とは何か、それを突き詰めて考え、それが解明されれば、ロボットに心を持たせることはできるのかもしれない。

  • 外連味溢れる愛すべき教授。なにが素晴らしいといえば、専門外の部分での不用意な発言である。しかも、それが、最もらしくて、とても刺激になる。新書というフォーマットを熟知した著作と言える。新書は論文ではないから、自分の思い、思い込みを発表することは適しているし、みんな論文なんて別に楽しくないから読みはしないのだ。

  • 借りて読んだ。
    平田オリザさん演出のロボット演劇の章を興味深く読んだ。もう10年近く前に第1刷が発行されているが、ロボット演劇のシリーズは去年(2018年)にも再演されたようなので、次の再演情報を得たら観に行こうと思う。
    エピローグはいろいろとつっこみどころ満載なのだけれど、10年も経てば世の中もいろいろと変わるので、細かくは触れない。その後、石黒先生の考え方が何か変わったのか、研究内容はどう移り変わったのか、気にはなっている(けれど、たぶん追わないだろうな)。

  • 最初に読んだ時も面白かったけど、
    6年経って、世の中がAI、AI言ってるの聞いて
    強烈にまた読みたくなった本。


    非常に印象に残る本


    高校の課題図書とかになれば世の中面白いのにって思う。

全65件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

大阪大学大学院基礎工学研究科教授

「2017年 『枠を壊して自分を生きる。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

石黒浩の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
冲方 丁
湊 かなえ
伊藤 計劃
高野 和明
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×