フリーライダー あなたの隣のただのり社員 (講談社現代新書)

  • 講談社
3.16
  • (7)
  • (24)
  • (43)
  • (13)
  • (5)
本棚登録 : 253
レビュー : 45
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062880565

作品紹介・あらすじ

まじめに働いても報われない本当の理由。こんな社員が会社を滅ぼす。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  フリーライドとは、ただ乗りのこと。組織内で仕事をせずに成果や地位だけちゃっかりいただくことを言います。
     今まで仕事をしていて「フリーライドされる」「フリーライド問題」という言葉は頻繁に使ってきました。が、本書ではフリーライダーについて類型的な分析と考察、そして対策まで書かれています。出版は2010年6月となっていますが、もっと早く読んどけば良かった…と後悔するくらいオススメの一冊です。

     まず、フリーライダーを「サボり系/略奪系」の縦軸と「実務的負担系/精神的負担系」の横軸で4象限に分類しています。
     第1象限(サボり系・実務負担系)はアガリ型。出世の見込みがなくなった年配の社員など、仕事をせずその(正社員という)地位にあって利益を享受するタイプです。
     第2象限(略奪系・実務的負担系)は成果・アイデア泥棒型。他人の手柄を自分のものとしてかっさらっていく奴です。
     第3象限(略奪系・精神的負担系)はクラッシャー型。自己認識と客観的認識がずれていて「自分は本当はできるんだ」と思い込み、上手く行かないことがあると「周りが悪い、自分は傷ついているんだ」と周囲を責めつつ被害アピールをしてくるタイプです。
     第4象限(サボり系・精神的負担系)は暗黒フォース型。守旧的でネガティブなことしか言わず、新しいことにケチを付けて周囲のやる気を削ぐタイプです。

     物事は4つに分類するのが基本、とどこかで読んだんですが、こうして見るとそれぞれのフリーライダーの特徴がつかめ、同時にぴったりの例に思い当たります(笑)。

     このようなフリーライダーに対しては、ついついペナルティを与えて解決しようとしてしまいがちです。が、本書では社会心理学の知見を紹介し、罰を与えるやり方は上手く行かないことが多く、協力者を褒めるやり方の方が上手く行くことを提示します。
     一見まだるっこしいようにも感じますが、「罰より褒め」は、最近色々なところで聞かれます。コーチングなどの指導法の世界では、叱って教えるのではなく、叱らず自分で気付かせるようにするのが一般的ですし、犬の躾でもできない時に叱るのではなく、できた時に褒めるのがトレンドです。
     無視というのはする方にも指摘したいのを我慢して気付かせるという意味でストレスがかかります。が、マザー・テレサが「愛の反対は無関心である」と言っていたように、無視というのは思っている以上に効き目があるようです。

     これらを踏まえた上で、本書は、組織でできる対策と個人でできる対策に言及します。その中で特に印象に残ったのは、他人はどうあれ、自分は積極的に相手に感謝を伝えるなどしてフリーライダーが発生しにくい「いい空気」を作っていく、というもの。
     これを読んだときに思い出したのが、内田樹の贈与経済の話です。内田氏がどこかでサッカーを例にこの話をしていたのですが、サッカーでは、良いパスを積極的に出してくれる人の所にボールが集まるようになっている。だから、ボールが欲しかったら、ボールを要求するのではなく、逆にまず自分が良いパスを積極的に出していかなければならないわけです。確かに、自分がした仕事に対する感謝というパスを出してくれる人は嬉しいですから、人が集まってきます。そしてそういうネットワークが共有されだすと、そこにフリーライダーが入ってきても、誰もパスを出さなくなります(なぜならフリーライダーは仕事をしてないわけで、他人に対してパスを出さない奴なわけですから)。
     夢物語に感じるかもしれません。が、だからといって自分までフリーライダーっぽく振る舞うのは、それこそフリーライダーのまき散らす不快な感情に感染してしまっていることに他なりません。本書で何度も言及されているのですが、フリーライダーというのは誰もがなりうる可能性のあることで、特定の気質を持った人間だけがなる特殊なものではありません。そうであるとすると、フリーライダーを敵として認識するのではなく、フリーライダーを生むような環境を改善することで、フリーライダーのフリーライド状態を解消させる方向で考えるべきだ、ということになります。

     非常に面白い本で、フリーライド問題を考える上で必読の書だと思いますが、一つだけ憂鬱なのは、多分コレ、当のフリーライダーが読んでも「ああ、あるある!これって○○の事だよね!」となるんじゃないかなぁ、ということ(笑)。知り合いが「ニーチェの想定外」というテーゼを言ってたのですが、ニーチェは自分が批判した大衆が、まさか自分の大衆批判を使って「大衆はさぁ…」などと言い出すとは思っていなかった、というものです。そういう意味では、本書もフリーライダーにフリーライドされる虞はあるかもしれません。(ま、そんなことを言い出すと、どんなに優れた性格分類法も、使い手が下手だと血液型占いレベルの決め打ちアイテムに堕してしまうわけで、もはやそれはツールの責任ではないのですが…)

  • フリーライダーを4種類に分類。
    他のみんなが頑張っているなら自分はサボったほうが労力に対する報酬が合理的になる。
    組織でする対処法は実行できそうもありませんが個人としての心構えは実行していきます。

  • フリーライダーを考えることはその逆のよく働く人間を考えることであり、フリーライダーを生む土壌を考えることはその逆の良い環境の職場を考えることなのであった.
    適切な成果主義の運営がフリーライダーの増殖を阻む.
    成長意識を持つ、新しいことに興味を持って参加していく、周囲に感謝していくことが、自分がフリーライダーにならないこと、ひいては周囲の人間もフリーライダーにしないことにつながっていくのであった.
    軽い文体でボリュームも少ないけれど要点は参考になった.

  • サボってばかりで何もしない社員、部下の頑張りを搾取する社員など「ただ乗り」と呼ばれる社員の発生原因や類型、フリーライダーを生み出さないために会社ができる対策について書かれた本。
    どの組織にも多かれ少なかれこのフリーライダーがいるはず。彼らを生み出さないために出来ることがいろいろ書いてます。なかなか興味深い本でした。同じ筆者の『不機嫌な職場(2008講談社現代新書)も合わせてオススメ。

  • いろんなコミュニティを運営したりしてきて、フリーライダーをどう減らすか、どう見つけるか、そういう人たちとどう距離を置くかは自分の中でまだ解決策の見つかっていないテーマだったんで読んでみた1冊。フリーライダーにもパターンがいくつかあって、確かに確かにと頭の整理はできた1冊でした。解決までは至らずも糸口は見えてきたというか、自分のマネジメントで改善できる部分はまだまだあるなと。自分もどこかのコミュニティではフリーライダーになっていると思うので、もちつもたれつとも思いつつ、こういうとこに目や手が届く人でありたいと思いました。

  • 【目次】
    はじめに [003-007]
    目次 [008-012]

    第1章 ただのり社員に苛立つ職場 013

    第2章 フリーライダーの分類――日本の職場にいる四種類のフリーライダー 039
    1 二種類の分類軸 
    2 四種類のフリーライダー 

    第3章 なぜフリーライダーが生まれるのか 077

    第4章 組織としての問題解決――勤勉な社員が夢を見られる会社づくり 127
    1 アガリ型フリーライダー問題へのアプローチ 
    2 成果・アイデア泥棒型フリーライダー問題へのアプローチ 
    3 クラッシャー型フリーライダー問題へのアプローチ 
    4 暗黒フォース型フリーライダー問題へのアプローチ 

    第5章 個人として取るべき行動 169
    1 自分がフリーライダー化しない 
    2 フリーライダー化しない第一のポイント――成長意識を忘れない 
    3 フリーライダー化しない第二のポイント――「巻き込まれ力」を高める 
    4 フリーライダー化しない第三のポイント――「おもしろがり力」で近寄ってみる 
    5 フリーライダー化しない第四のポイント――常に感謝の気持ちを忘れない 

    第6章 新たな課題 231
    あとがき(二〇一〇年五月 河合太介・渡部幹) [245-248]
    参考文献 [249]

  • 類型は面白いが、解決策は?

  • 企業や団体に見られる、少ない貢献で取り分だけ十分に得る、いわゆるフリーライダーについて論じられた図書です。

    前半ではその類型と発生過程、後半では類型別の処方箋が示されています。
    そのため前半は実例を交えておもしろおかしく語られ、後半は組織行動学・人事制度論的な内容になっています。したがって、本書の価値は後半ほど比重が高いといえます。

    主に会社組織を舞台としたフリーライダーの問題を取り上げていますが、組織の人事課題は決してこの問題だけではありません。
    確かに、近年注目を集めているテーマですが、制度・組織・任用・評価・教育を考えるときには、この話題に着目しすぎることも好ましくはないと思います。キャッチーなテーマだけに、特に人事に明るくない方は、そういったバランス感覚をもって向き合わなければなりません。


    <目次>
    第一章 ただのり社員に苛立つ職場
    第二章 フリーライダーの分類
     1 二種類の分類軸
     2 四種類のフリーライダー
    第三章 なぜフリーライダーが生まれるのか
    第四章 組織としての問題解決
     1 アガリ型フリーライダー問題へのアプローチ
     2 成果・アイデア泥棒型フリーライダー問題へのアプローチ
     3 クラッシャー型フリーライダー問題へのアプローチ
     4 暗黒フォース型フリーライダー問題へのアプローチ
    第五章 個人として取るべき行動
     1 自分がフリーライダー化しない
     2 フリーライダー化しない第一のポイント――成長意識を忘れない
     3 フリーライダー化しない第二のポイント――「巻き込まれ力」を高める
     4 フリーライダー化しない第三のポイント――「おもしろがり力」で近寄ってみる
     5 フリーライダー化しない第四のポイント――「常に感謝の気持ちを忘れない」
    第六章 新たな課題

  • 他人の業績の上に胡坐をかき、自らは惰眠を貪る「フリーライダー」を類型化し対処方法を紹介。どの類型にも自分に当てはまる部分があって冷や汗が出る。後半は自分がフリーライドしないための作法に多くの紙幅が割かれており、明日からでも実践してみようと思った。

  • ただ乗り社員を分別。フリーライダーを批判しているうちに、気がつかず自分が腐ったりんごに汚染されないようにすべきとの指摘には納得。常にモチベーションを保つのが重要。

全45件中 1 - 10件を表示

河合太介の作品

フリーライダー あなたの隣のただのり社員 (講談社現代新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする