温泉をよむ (講談社現代新書)

  • 講談社
3.13
  • (2)
  • (3)
  • (7)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 55
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062880886

作品紹介・あらすじ

日本人にとって温泉とはなにか。それは癒しと憩いの場であり、明日への活力を養う場であると同時に、非日常的な時空間に身を置き、文字通りの「再生」を願う場所でもありました。
古代人は熱い湯が大地から噴き出すことに恐れおののき、これに神格を認めました。また、医療の発達していない時代にあっては、薬石効なく医者から匙を投げられたものたちが最後の望みを託して杖をひく場でもありました。近世に至れば歓楽の場ともなり、また科学的に温泉を理解しようとする動きも出てきます。

近代になって温泉を「観光地」「保養地」として理解しようとする人びとは、それまでの信仰や民俗が雑多に、重層的に存在する温泉地のありかたを「旧来の陋習」として排斥していきます。その一方で、インテリとよばれる若者たちによって温泉は「青春の煩悶」と結びついた特権的な場所として表象され、やがてそれは文学名所として観光的に「消費」されていくことになります。

本書は温泉が日本文化においていかに重要な存在であるかを多角的に明らかにしていきます。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日本の温泉文化を、民俗学・文学・歴史学・医学等々の専門分野から読み解いていく。ありそうでなかった一冊。そして必要な一冊。ただ、これをおもしろく読めるのは、日本の温泉地をけっこうな数巡り、それぞれの温泉や温泉地をそれなりにイメージできるような人に限られるように思う。ちなみに私はおもしろく読みました。

  • 2014/9/7読了。

  • 本来の温泉、湯治の視点から書かれていて、歴史、文化からに視点でも書かれている。観光的なものではなく、新鮮だ。

  • ≪目次≫
    第1章   湯の底の記憶―温泉の歴史学
    第2章   再生と変身―温泉の宗教学
    第3章   「湯治」の実態を探る―温泉の医史学
    第4章   効き目はいったいどれくらい?―温泉の医学
    第5章   来た、見た、浸った―温泉の博物学
    第6章   湯の力、人びとの暮らし―温泉の民俗学
    第7章   漱石、川端、賢治―温泉の文学

    ≪内容≫
    「日本温泉文化研究会」なる組織のメンバーが綴った、温泉の入らない魅力の書。第3章あたりは、ハンセン病の絡みがあり、ちょっと読むのがつらかったが、あとはなかなか面白かった。
    メンバーにとって、温泉の文化が廃れ、単なる「宿泊場所」に成り下がった温泉の魅力を再認識して欲しいらしい。

  • 斜め読み
    民俗学的な内容が主。
    自分の興味と違った。

  • 日本人にとっての温泉を、外面からではなく内面=泉源から見つめ、描き出すことを目指した秀作だと言える。

全6件中 1 - 6件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェイムズ・P・...
サン=テグジュペ...
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印

温泉をよむ (講談社現代新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする