超解読! はじめてのカント『純粋理性批判』 (講談社現代新書)

著者 :
  • 講談社
3.77
  • (6)
  • (14)
  • (10)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :194
  • レビュー :13
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062880992

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • カントの『純粋理性批判』の内容を著者がわかりやすく語りなおし、随所で補足説明をおこなっている入門書です。

    本書の解説でとくに優れているように思ったのは、弁証論の難解な叙述を思いきった仕方で整理し、独断的な形而上学に対する批判の意義を明確にしている点でした。同じ新書サイズの入門書としては、国際的に高い評価を受けているカント研究者の石川文康による『カント入門』(ちくま新書)という優れた入門書がありますが、本書はよりカント自身の議論につきしたがうかたちで、弁証論の議論の流れをたどっています。

    一方、前半の感性論や論理学に関しては、やや問題があるのではないかという気がします。著者は、カントの批判哲学が独断的な形而上学への批判であることについて明瞭に語っており、人間の認識能力によって「物自体」を認識することはできず、「現象界」という経験的世界を認識することしかできないという点に評価のポイントを置いているように見えます。しかし他方で、カントの批判哲学のもつ超越論的な批判としての意義を十分に説明していないのではないかと感じます。カントの超越論的哲学が経験の可能性の条件を問うことを可能にしたという点を見落としては、その意義を十分な仕方で把握したとはいえず、ともすれば認識の成立する心理的なプロセスを解明したものと誤解される余地があるように思いました。

  • 感性、悟性、カテゴリー、形而上学の否定など少しずつ理解できてきた。本書のおかげもあるし、繰り返しの反復効果もあるかも。

  • カントの純粋理性批判解読書の中で一番わかりやすいのではないだろうか

  • 3年近く読んできたが、ようやく読破した・・・
    けど未だによくわからない。

  • >>
    あらゆる問いにすべて答えることができるなどと公言するのは、恥知らずな大法螺吹きである。しかし正しい認識なぞどこにもないという否定的な意見も、これに劣らず愚かな浅愚というほかない。
    哲学において何より重要なのは、いったいわれわれの問いというものがどういう本性をもっているのか、そして、明確な答えが与えられる領域とそうでない領域を本質的な仕方ではっきり区分できるかどうか、に答えることなのである。(p195)

    もう一つ重要なことは、しかしカントの「形而上学の不可能性」の原理の意義が、現在、十分に理解されているわけではないという点だ。そのために、哲学、あるいは思想における「独断論」と「懐疑論」の対立は、いまもなお続いているのである。(p232)
    <<

  • 読んで良かった。単純に面白いと思えた。筆者に感謝。
    「人間は、『感性』で現象を知覚し、『悟性』でその知覚したものを綜合して、そのものを判断し、『理性』で推理する」

    「アンチノミー」の議論が一番グッと来た。

  • 本屋に立ち寄って、哲学を易しく解説してくれる竹田さんの本ということで、手に取ってみた本。気付いたら、2時間ほどの立ち読みで読了。いつかは読破したいと思いつつ、何回か挫折した純粋理性批判の解説にもかかわらず、非常にわかりやすかった。あの本のポイントというのは、「人間は、『感性』で現象を知覚し、『悟性』でその知覚したものを綜合して、そのものを判断し、『理性』で推理する」だということを改めて、確認した。このポイントのインプリケーションはさておき、次に原書を読む際には、今回の読書で分からなかった①アプリオリな知性の枠組みという正当性、②悟性による綜合の仕方について、③理性で推理されたものの規準の具体的説明の3点に留意して、読んでみたいと思う。竹田さんの本は、他にプラトンなどでお世話になったと思うが、この人は本当に教えるのが上手だと思った。こういう人は、おそらく説明するのが上手な半面、欠点や粗をみつけて、それらを克服することも上手だと思われるので、次は竹田さん自身の哲学書を読んでみたいとも思った。最後に、「善や道徳についての思索は、共同体の神秘に宿るのではなく、我々の理性に宿る(意訳あり)」という最後の一文に心魅かれた。

  • 今までに読んだカントの入門書の中では最も分かりやすく読みごたえがありました。竹田青嗣は丁寧に、かつ平易に読み下してくれるので一般人には助かります。読んでよかったと思える一冊。

  • いつまでたってもぼんやりだなあ。日々是研鑽。

  • 11/06/20。
    現代思想は、反哲学であることからスタート。コントしかり、マルクスしかり、ヴィトゲンシュタインしかり。

全13件中 1 - 10件を表示

竹田青嗣の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
村上 春樹
トマ・ピケティ
村上 春樹
國分 功一郎
三島 由紀夫
ウィトゲンシュタ...
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

超解読! はじめてのカント『純粋理性批判』 (講談社現代新書)に関連するまとめ

超解読! はじめてのカント『純粋理性批判』 (講談社現代新書)はこんな本です

超解読! はじめてのカント『純粋理性批判』 (講談社現代新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする