国力とは何か―経済ナショナリズムの理論と政策 (講談社現代新書)

著者 :
  • 講談社
3.98
  • (33)
  • (38)
  • (22)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 390
レビュー : 38
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062881159

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  本書を読み終わって、これは経済書でもあるのだろうが、世界経済の現状を鋭く分析し、日本が今後進むべき道を指し示した政治的イデオロギーの書でもあると驚嘆した。すごい本である。
     本書はまず「危機に直面する世界」で、グローバル経済と経済危機について考察している。経済がグローバル化した世界では「国家が労働市場の規制を緩和しなければ、国内ではなく海外へと投資するようになってしまう。それを恐れる国家は・・・労働市場の規制を緩和し・・・賃金を引き下げたりできるように・・・構造改革を実施するようになる」と語る。そしてその構造改革は、必然的に労働賃金の低下を招き、デフレへとつながる。本書は、「グローバル経済」と「構造改革」とそれを裏打ちする「新自由主義思想」、その結果の「労働賃金の低下」と必然的に「デフレ」を招く等の諸関係を整合的かつ論理的に主張しており、それは説得力がある。
    経済危機の背景である世界経済の「グローバルインバランス」についてもわかりやすく主張している。アメリカが過剰な消費で経常収支の赤字を積み上げ、東アジアの新興国と中東諸国が経常黒字を抱える世界レベルの経常収支不均衡の構造は、持続可能性がない構造だったというのだ。そうであるならば2008年のリーマンショックから現在に至る世界経済の危機は、必然だったというわけか。本書では、その根本的解決策として「リバランス」すなわち世界レベルの経常収支不均衡構造の是正しかないとしているが、現在の世界はそれに失敗しているとしている。どの国も自国での経済危機と失業率の増大を抱えて輸出増を目指しているが、今までのアメリカのように巨大な貿易赤字を積み上げてきた国が新たに出現でもしない限り、実現不可能だ。本書では、詳細な考察のもとに、「現在の世界的な危機は、かつての世界恐慌時より深刻」と結論する。この一見出口がない危機に対して、本書ではその解決策として「経済ナショナリズム」を提唱している。
    「経済ナショナリズム」とは、あまり聞いたことがない言葉だと思った。本書は「国家」と「国民」「国力」等について、歴史を含めて精緻な論理を展開するが、その内容は決して退屈ではない。これは、過去の「右」と「左」の概念を超えていると感じた。経済ナショナリズムの内容では「国家(ステイト)」と「国民(ネイション)」を区別することが重要だと主張する。「国家(ステイト)」は法の支配や権威によって人民を統合する。国民は「国民(ネイション)」共同体の一種だという。ここまで根源的に思考しなければ、世界経済の現状と危機は理解できないというのだ。これはイデオロギーだと思ったが、斬新にも感じた。
    そして「経済ナショナリストはネイション内における資本家階級と労働者階級の対立を招くような経済政策を採用しない」「経済ナショナリストが選択するのは、同じ国の資本家と労働者が相互に協力し、利益を分かち合うような政策理念なのである」と語る。著者が動画の中で、PTT賛成論者に対し攻撃的に「売国奴!」と罵る姿があったが、このような理論的基礎が背景にあったのかと思わず頷いてしまった。
    本書では「我々に残された選択肢は、国民国家をより良いものに改善し、国民国家の力をもって、グローバルな諸課題を解決する」「資本主義をグローバル化するのではなく、その反対にナショナル化していく、つまり国民のものとする」と主張する。じつに説得力のある素晴らしい主張ではないかと思った。
    まだまだ多くの議論を経る必要はあるだろうが、堅牢な論理と激しい攻撃性、冷徹な知性と、人間に対する深い愛情やロマンに満ちた本を久しぶりに読んだ。思わず読後にもう一度読み直してしまった。本書を絶賛したい。

  • 良い意味でヤバイ本である。
    下手な経済学の教科書より経済のことが把握できる。
    自分より10歳年上だが、10年後に自分がこれだけキレのある論理と文章を書けるか・・・かなり自信ない。
    中野剛志氏の著書は3冊読了しているが、この本こそが彼の本領であろう。
    経済ナショナリズムという立場からの現状分析は新鮮で、クルーグマンらの新自由主義と比較すると一層価値あるものだと感じられる。
    前財務相の与謝野さんがクルーグマンとの対談で「日本の政策担当者は皆が先生の本を読んでいます」とかなんとか持ち上げていたが、中野氏の本も読んで頂きたいものだ。
    本書ではデータや数学的な分析が割愛されているため、かえって理路整然と見解が述べられ、読み進めやすくなっている。
    テクニカルタームもほとんど使用されていないので、経済学を学んでいない人にもオススメできる。
    むしろ是非ススメて欲しい一冊である。

  • 【目次】
    目次 [003-006]

    序 大震災という危機 007
    第一章 危機に直面する世界 029
    第二章 経済ナショナリズムとは何か 071
    第三章 はじめに国家ありき 095
    第四章 国力の理論 115
    第五章 国力の政策 141
    第六章 経済ナショナリズムとしてのケインズ主義 183
    第七章 国民国家を超えて? 207
    第八章 経済ナショナリズムと日本の行方 227

    参考文献 [245-250]
    あとがき(二〇一一年五月 中野剛志) [251-253]

  • 経済ナショナリズム

  • 読了。

  • 「TPP亡国論」で知られる著者による、ある種の「国家論」です。

    本書を読んだきっかけは、やはりTPPに関する一連の議論です。財界や経団連が支持する政策はたいてい「強者の論理」なので、わたしはほとんど思考停止的に反対の立場をとります。その思考停止状態のわたしの頭を整理・補強してくれたのが、TPP反対派の急先鋒に立っていた中野氏の議論でした。震災後、TPPの話題がメディアから消えた矢先にこの新書が出ましたので、TPP以外の経済政策に対する著者のスタンスを知ろうと思い、購入しました。

    まず、TPP反対論の骨子である、「比較優位論にもとづく特定産業への集中依存は、社会を不安定にするものであること、また特に農業は工業と較べて生産性向上のポテンシャルがそもそも弱いために所得格差が広がってしまい、ひいてはネイションの分裂につながる」というストーリーを再確認できました。

    また「国家はこれからどっかに雲散霧消してしまうのだ、そのような"グローバル化"時代にわれわれは対峙していかねばならんのだ」、という主張は既に失効している、という著者の立場には同意します。確かにいわゆる「グローバル化」は進んでいる。ただその弱肉強食の環境の中で、適応力の乏しい個人や共同体は生き残っていけなくなり、結局のところ国家の力が召還されているという現実があります。

    それなりに疑問点とか、少し荒っぽいかな、と思った部分もありました。そういったところはわたし自身、いろいろと復習しなくてはならないとは思います。

    例えばこれまで何かと叩かれてきたケインズ主義政策、金融緩和政策がほとんど無批判に受け入れられている点。ここは異論が多いところだと思います。著者は経済学そのものがお好きではないようですので、相手にしないということかもしれませんが。

    それから著者が批判的な「ステイト」の強化に向かうドライブが、結局はナショナリズムに起因するものであること。ここをどう考えるか。ナショナリズムという強力な動機は、著者が肯定的に捉える「ネイション」の強化へ向かう道と、「ステイト」の強化に向かう道、どちらへ進む可能性もはらんでおり、実際のところ世の中のナショナリスト諸氏はどっちも強化しようとしているように見えます。

    そうはいっても、ブレない主張は読んでいて分かりやすいし、特に第5章はいいガイドラインになります。良書と思います。

    (2015/10/03)

  • 著者のテレビでのコメントなどから興味を持って読みました。

    現在のデフレから脱却し活力を取り戻すために、どうすべきかといった内容をわかりやすく説明した本でした。

    国民の力は弱体化したままなのか、他国にいいようにされてしまうのか

    10年20年先の日本のがどうなっているか、気になりますね。

    読み切るまでにだいぶ期間が空いてしまったので、
    もう一度読み返してみたいかな。

  • TPP亡国論で知って、若者受けしそうな経済学者ということで興味持って読んでみた。「国力」というものをネイション(国民)とステイト(国家)に分けて、ステイトがネイションの利益の為に動いている様を国民国家と呼び、それが国力を構成している、と。ふむ。
    そのステイトが自国民の為に動く主義を経済ナショナリズムと言うのだ!とかとにかく煽動的な単語が多かったw新自由主義に基づく「小さな政府」により地方自治体へと権力が分散することでステイトとしての集中的な機能が果たせなくなっているので、大きな政府に戻して公共事業を増やすべきだ!とかw
    各国が自律していくことで、結果的にグローバル・インバランスが是正されると。要は地に足をつけた国民生活目線の経済政策を、でもそれを行うのは中央権力で、金を落とす先は国内で、まずはネイションを保護することから、ということかな?相変わらず経済のコラムはよく分からん。

  • 経済ナショナリズムという新たな視点を提言。相変わらずの独特の説得力で、引き込まれてしまう。日本の強みと弱みをよく考えられた面白い考察。読んでみて下さい。

  • 今の日本経済、世界経済が置かれている現状とその原因がすんなりとわかる。

    国民が互いに協力し、支え合って、良いものを生み出していく力、それこそが国力。通貨はその手段。

    これからの日本が向かうべき方向を示してくれています。

全38件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1971年生まれ。東京大学教養学部教養学科(国際関係論)卒。通商産業省(現・経済産業省)を経て、評論家。エディンバラ大学より博士号(社会科学)取得。主な著作に『TPP亡国論』(集英社新書)、『真説・企業論』(講談社現代新書)他。

「2017年 『[新版]〈起業〉という幻想』 で使われていた紹介文から引用しています。」

国力とは何か―経済ナショナリズムの理論と政策 (講談社現代新書)のその他の作品

中野剛志の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
シーナ・アイエン...
古賀 茂明
J・モーティマー...
有効な右矢印 無効な右矢印

国力とは何か―経済ナショナリズムの理論と政策 (講談社現代新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする