アサーション入門――自分も相手も大切にする自己表現法 (講談社現代新書)

著者 :
  • 講談社
3.60
  • (42)
  • (100)
  • (77)
  • (27)
  • (4)
本棚登録 : 1290
感想 : 112
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062881432

作品紹介・あらすじ

第一人者がわかりやすく語る!
言いたいことが、うまくコミュニケーションできないのはなぜ?

コミュニケーションがうまくいかないときや人間関係が難しいとき、「アサーション」を理解すると、関わりを建設的に変えることができます。「自分も相手も大切にする自己表現」を意味するアサーションは、私たちの会話を心理学の知恵をもとに読み解き、日常のやり取りに変化と充実感をもたらすコミュニケーションの方法と関わり方です――<「はじめに」より>

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 自分と他人どちらも尊重しながら円滑なコミュニケーションの方法を探る、アサーションについて書かれた本です。

    アサーションはよくドラえもんで例えられることが多く、「非主張的=のび太」「攻撃的=ジャイアン」「アサーティブ=しずかちゃん」と言われると、何となく想像がつきやすいのではないでしょうか。

    大切なのは【アサーティブが正しくて他はダメ」ということではなくて、どんな人でも場合によってはアサーティブにはなれない場合があると知ること。そして相手がどう対応しようと自分がアサーティブであることに意味があるのだということ。

    この本を読んで、アサーティブなコミュニケーションは誰でも努力できるものでありながら、実際には「いつも部下を怒鳴りつけている上長」であったり、「人を見下して対等に立とうとしない人間」を相手にする場合は困難を極めるのだろうなと容易に想像がつきました。
    自分なら、そういう人にどこまでアサーティブでいられるだろうか……。

    しかし、間違いなくこの技術とトレーニングを積んだ人は会話や交渉が(気持ちの面で)楽になると思いますので、一読の価値ありです。

  • 何か嫌をされた時「よくないよ」と言いますか、それとも我慢しますか?「よくないよ」では相手の行動を抑制する事なので相手にとってよくない。我慢は自分を大事にしていなくよくありません。アサーションとは、相手を大切にしつつ、自分の意思を伝える事です。ここでは相手の事情を把握しつつ、「私は傷ついた」と伝える事でした。自分も相手の行動を変えようととせず、伝える事に重きを置いてみようと思います。

  • 平木先生は、日本の「カウンセリング」の世界では、巨匠のひとりといって過言ではありません。
    経験の深い先生ならではの、こなれた説明で自己表現のひとつである「アサーション」について理解することができます。

    一方で、アメリカから、カウンセリングマインドという新商品を輸入してきた代理店第一世代が平木先生としたら、その後に並行輸入でアメリカ企業の日本法人として「アサーティブ」という言葉もありそうな感じ。

    出発点は同じでも、やや、表現方法が違います。
    読み比べると、理解が深まると思います。

  • 私メッセージで伝えることが大切

  • 自分にぴったりの本だった。何回も読み返したい。

  • 人との接し方についての確認チェックが行えるような一冊

  • まず、自己表現の三つのパターンを解説する章から始まります。三つとは、「非主張的自己表現」「攻撃的自己表現」「アサーティブな自己表現」。

    「非主張的自己表現」は、自分の意見や気持ちを言わない・言い損なう・言っても伝わりにくいタイプです。そこには根本に、どうせ伝わらないのだ、という諦めのある人も多い。また、相手から理解されにくく、相手を優先して自分を後回しにするので、結果として相手の言いなりになってしまうこともある、と。そして、自分の意見を言わないために、理解されなかったり、無視されたり、同意したものだと誤解されたりしやすい。このタイプの人は反論しないため、周囲から「いい人」と思われるけれども、「都合のいい人」ともみなされがち。「攻撃的自己表現」の人との組み合わせで、メンタルヘルス被害に遭うことにもなりかねないのだそう。このタイプは、相手を立ててトラブルや葛藤を起こさないように配慮しているところがありますが、自分をないがしろにしているために、そのうち自分でも何が言いたいのかわからなくなるし、自分で決められなくなったり言い方がわからなくなったりするようです。
    それらが積み重なって、結果、自分にも他人にも無責任になるし、理解されないという弧絶感や恨みを抱えてしまうこともある。欲求不満が急に爆発して、いわゆる「キレる」状態になるのはこの「非主張的自己表現」タイプが追い詰められた時なのです。つまりは、自分を大切にしない自己表現法なのでした。そこには、社会的・文化的背景から影響を受けてそうなってしまう例が多いみたいです。

    「攻撃的自己表現」はイメージしやすそうに思えるのですが、パワハラやモラハラなどをやるタイプです。自分の言い分や気持ちを押し通そうとします。「言い放しにする」「押し付ける」「言い負かす」「命令する」「操作する」「大声で怒鳴る」などがこのタイプにあたります。また、ハキハキと表情豊かに自分の意見を述べているように見えるとき、丁寧でやさしい言葉や態度でおだてたり甘えたりしているときでも、自分の思い通りに操作しようとしていたなら、「攻撃的自己表現」にあたるそうです。いつなんどきでも自分は正しく、だからこそ自分に従わねばならない、という空気で相手とコミュニケーションするのがこのタイプですから、嫌われますし孤立もします。どんな人がこうなりやすいかといえば、権力や権威をもつ立場の人、知識や経験が豊富な人、役割や年齢が上の人、「地位や年齢差、権威などによって人権は左右されるものではない」と理解していない人、常に自分が優先されるべきだと考える人、自分の思い通りに人を動かしたい人などだそう。この中でも、自分の思い通りに人を動かしたい人なんていうのは、その根本に強大な不安がある場合もあります。自分で考えてやらないと不安なので、人を支配してでも自分の思い通りにして、それで不安がやわらぐタイプです。こういったタイプの人たちは、他人を大切にしない自己表現法なのでした。

    そして「アサーティブな自己表現法」はこれらの中間にあり、自分の考えや気持ちを伝えそのフィードバック、つまり相手の反応をきちんと受け止めようとする姿勢ことを言います。「話す」も「聴く」もしっかりするタイプです。自分と意見があわなくても関心を寄せ、理屈や論理で理解するだけではなく、気持ちが通じるような支え合いもする。いわば、建設的なありかたなのでした。そして当然ですが、このタイプこそが、本書で理想としている。アサーティブになるにはまず、自分の気持ちを確かめる習慣をつけることから始まります。そして言語化してみる。これが第一歩となります。

    ただまあ、筋が一本通っているようでいて、これはほころんでいるんじゃないのかなぁ、という論旨も見受けられるのです。たとえば、アサーティブなありかたには、自分たちはみなそれぞれ自分らしくあってよい、というのがあります。個性や自分らしさを大切にすることで、それは利己的なことではない、と。他の人もその人らしくあってよいのだ、とします。でも、他の人が「非主張的自己表現」「攻撃的自己表現」だった場合、それをどうにかたしなめてアサーティブな方向へ誘いたいと思うのが人情というものではないでしょうか。本書の終盤でも、こういう質問があると著者が紹介しているのものがあります。「相手もアサーションを知っていればいいけれど、自分だけがアサーションをわかっていても、うまくやり取りができないのではにないか」と。たしかに、本書ででてくる様々な例は、登場人物たちがみなシンプルな性質で、難癖もつけないしゴネもしないしわがままも言わないし相手を陥れようともしません。でも、現実世界のコミュニケーションでは、ストレスが溜まったせいもあって、そういった悪いことを考え、態度に表わす人もいますよね。

    著者のこの質問への返しは、これは「アサーションへの誤解」というものでした。アサーションは他者を変える方法ではない、と。アサーションは、まずそれを知っている自分が変わってみようとすることに意味があり、自分にとって心地よいコミュニケーションを試みることで、相手との関係がどうなるか、そこから初めてみようとするものだ、と言っています。まず、自分がアサーティブになって自分が気持ち良くなる体験をしましょう、そして、自分の想いを率直に伝えるとどんなことが起こるかフォローを続けましょう、そのようなことを続ける中で自分の望みを伝えながら相手にも配慮していくやり取りが生まれるでしょう、と続きました。このあたりって、自分本位・利己的と個人主義・自己満足のあいだのような気がしてくるのですが、どう思うでしょうか? 他者を好い方向へ変えるのではないのだけど配慮はするのだ、という姿勢ってやっぱりちょっと気持ちよく理解できないところが僕にはあります。

    だからといってちょっと雑な感じでアサーションをしてしまうと、その理論が崩れそうです。僕なんかはこういうとき、アサーションという優れていて素晴らしい立場・姿勢であってもそこに安住せず、その両端を揺らぎながら在ることが実は一番ほんとうなのではないかと思うほうです。それは不完全ではあっても、ほんとうに近いような気がするのです。

    閑話休題。
    とはいえ、いろいろな角度からの思索の上に成り立つ方法なので、ヒントが盛りだくさんです。たとえば「人は過ちや間違いをし、それに責任を取ってよい」という姿勢。「攻撃的自己表現」の人だったら、ミスに対して「許さない!」というメッセージを込めた強い言葉で相手を責め立てます。しかし、そういった環境に育った子供だったならば、萎縮し緊張するようになり、のびのび行動したり、失敗の恐れのある「試行錯誤」という行動をとらなくなってしまう。完全主義にとらわれ、チャレンジをしなくなるのです。大人になっても、職場などのルールに縛られ、周囲に萎縮し、まじめに頑張るものの自発性や創造性は発揮できなくなる。依存的で非主張的な人間になるおそれがあるということでした。あるいは、攻撃になってミスなどを責め立てる側の人間へと再生産されてしまう。認知科学の方法論では、トライアンドエラーで習熟するのがセオリーです。また、「問題解決」そのものを専門に考える分野でも、失敗を恐れないことは第一条件のように述べられています。このことを鑑みても、アサーティブな立場でいることは、習熟にも問題解決にも有利でいられることを意味します。

    というところですが、先に挙げた三つの自己表現タイプは、ひとりの人間のなかに全部あるといえるものです。そのパーセンテージの一番高いところから「攻撃的自己表現」の傾向が高いのが自分である、だとか、アサーティブであるだとか判断できもします。また、さまざまな場面によって自己表現のタイプは変わるので、「じゃあ、どんな場面でもアサーティブな自分が出やすくするぞ!」という目標をかかげて自分を律したり試行錯誤したりするのも、本書の論旨から考えると生きやすさに繋がることなのだと思います。

    まあ、最初はむずかしく考えず触れていいような態度・姿勢なのがアサーションだと僕は思いました。本書はほんとうに入門編という体裁でしたから、興味のある方はぜひ。巻末には、本書を足がかりに、アサーションを深めたいひとに勧める読書案内もありました。

  • 私たちは誰もが自分らしくあってよい!
    そしてその気持ちや考えを表現してよい!
    そして人は過ちを犯すので、それに対して謝る権利があり、人が謝る権利も認めなければならない!

    こうやってアサーティブな関係を築こう!

    ドラえもんを例にしたアサーティブ訓練
    消しゴムを奪われた時の対応、しずかちゃんならどう言うか、ジャイアンなら、のび太なら、それぞれの対応を想像して、どれがいいかを小学生に考えさせる授業がある。それいいねー

    「私メッセージ」でいこう!!
    「大声出さないで」じゃなく「わたしには声が大きく聞こえるから小さくして」てな感じ。自分主語で話そう。

  • すごーく勉強になった。明日から、いや今日からしっかり実践していきたい。
    私はかなり「ノンアサーティブ」で、失敗恐怖に取り憑かれているなーと発見できた。
    これからはできるだけ、自分がどうしたいのか考えてコミュニケーションをとっていこうと思えた。自分の気持ちを素直に表現し、やりたいことを表明するの必要があるのかどうか、またその行動を選んだ結果にも責任を持ってコミュニケートしていきたいと思った。
    また、職場における「所属と愛の要求」が備わっていないから、今現在仕事に行くのが怖いのだと理解できた。まずはありのままの自分を受け入れて、表現して、失敗や苦手なことに関しても、受け入れて理解できるようにしていきたいと思った。それと同時に他者の状況や立場を知れるように努力してアサーション、アサーティブなコミュニケーションを実現していきたい。
    また、1回読んだだけじゃ自分の中に落とし込めない部分もあったので、何度も読み直して、積極的に取り込んでマスターしていきたい。

  • アサーションは、相手を尊重しながら自分の気持ちを伝えていく、自他共に大切にするコミュニケーション。普段から心がけているが、相手が一方的で攻撃的な人の場合、尊重する気持ちを持ったコミュニケーションをするのが、なかなか難しい。全般的なことはとても分かりやすかった。コミュニケーションが困難な相手の場合の方法を、もう少し詳しく知りたい。

全112件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

平木典子(ひらき・のりこ)
1959年 津田塾大学学芸学部英文学科卒業
1964年 ミネソタ大学大学院教育心理学修士課程修了
現在 IPI統合的心理療法研究所顧問、臨床心理士、家族心理士
主著 『自己カウンセリングとアサーションのすすめ』(金子書房、2000)
  『図解 自分の気持ちをきちんと〈伝える〉技術』(PHP研究所、2007)
  『図解 相手の気持ちをきちんと〈聞く〉技術』(PHP研究所、2012)
  『アサーション入門』(講談社、2012)
  『アサーションの心』(朝日新聞出版、2015)
  『マンガでやさしくわかるアサーション』(共著 日本能率協会マネジメントセンター、2015)
  『ビジネスパーソンのためのアサーション入門』(共著 金剛出版、2016)
  『こころのふしぎたんたんけんえほん』(監修 PHP研究所、2016)
  『いろんなきもち―自分の心を大切にしてしあわせになる方法』(翻訳 保育社、2020)
他多数

「2021年 『三訂版 アサーション・トレーニング』 で使われていた紹介文から引用しています。」

平木典子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
高野 和明
佐々木 圭一
ウォルター・アイ...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×