学び続ける力 (講談社現代新書)

著者 :
  • 講談社
3.73
  • (134)
  • (287)
  • (235)
  • (37)
  • (5)
本棚登録 : 2075
レビュー : 300
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062881883

作品紹介・あらすじ

初めて語った、父の背中に学んだこと。記者時代、コツコツ独学したこと。そして、いま大学で一般教養を教える立場になって考えること。いまの時代に自分らしく生きるための「学び」について考えるエッセイ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 池上彰さんの経験を踏まえて、学び続けることの意味を伝えてくださる1冊です。
    東京工業大学のリベラルアーツセンターで教壇に立つ中で感じたことや、これまでの読書経験の中で培ってきたことが、わかりやすい言葉で書かれています。

    印象的だったのは、池上さんの好奇心の強さです。
    知りたい!学びたい!という気持ちの塊のような人なのだということが伝わってきます。
    池上さんに敵わないのは百も承知ですが、何歳になっても知りたい気持ちを持ち続けたいなぁと思います。

    今の池上さんがあるのは、お父様の影響が大きいのだということがわかりました。
    米寿を過ぎ、寝たきりになってからの愛読書が『広辞苑』だったというお父様…すごい!

    ショーペンハウエルの『読書について』で、私自身も頭をガツンとやられた経験があったので、池上さんに共感できたことがちょっと嬉しかったです。

  • システムに乗っかっていると、「なぜ自分はこれをしているのか」という疑問さえ生まれない、ある意味では平和な精神状態が揺蕩う。

    考えなくとも、責めなくとも、ただあるがままの事態に身体を委ね、思考を浸していることは、ラクだ。

    けれど、そのことに虚しさを感じる時があるのなら、こういう本を読んで勇気を持てば良いと思う。

    東日本大震災の際、原発に関する専門的知見が、一般大衆には分かりにくい、不安を拭えないものであったという指摘は、以前にも誰かの本に書いてあり、多くの人はそう感じていたことを知った。
    専門外の人に対しても、分かりやすく説明する使命を池上さんは感じたようだけど、受け取る側にも一定の姿勢が必要だと思う。

    それが、この本にもある、謙虚さや批判だ。
    この二つは真反対のことのようで、受け取り方と、受け取ってからの調理の仕方という一連の流れでもある。

    謙虚に受けとめたからといって、いつもそのまま吞み下す必要はない。
    また、的確な批判は、ていねいな聞き取りから始まるように思う。

    話をする立場の人間から感心させられたことは、学生にどう話すかのくだりだ。

    時代の空気感を伝えられるように。
    見えない感覚を言葉で表現できるように。
    その場の雰囲気から、話題を変えられるように。
    より具体的な内容の話を交わすことで、相手からも具体的な内容の返答を得られる。
    など。あ、これは考えに入れておきたいな、と感じるコツが幾つもあった。

    何のために学ぶか、という問いに真正面から向き合っている人はどのくらいいるのだろう。
    全ての国民が、義務としての教育を受けながら、学びのシステムの中で、満たされているのだろうか。
    空虚さを感じてはいないだろうか。

    システムとしての教育に満足出来るのであれば、その人にとって教養は意味を持たないものだと、私は思う。
    ならばなぜ学ぶのか、を自分の内側に当てた時に、世の中にある目もくれなかったものに、光が当たるのかもしれない。

  • 池上彰さんが記者時代に身に付けた知識で始めたNHKこどもニュース番組で、なぜ、そうなのか?という子供の素直な疑問から、「自分はまだまだ物事を知らない」とさらに50代で社会人コースに通い学び続ける池上さんに脱帽します。
    そう思ったら、池上さんのお父様も働きながら英語を勉強し、通訳の資格で退職後のキャリアを磨き続けたと記載していて、すごいと思った。

    最終的には東工大のリベラルアーツの教員として、現代世界の歩き方の授業から、教養の話、今後必要な力の話を語っている。

    ・現代世界の歩き方
    社会がどうなっているか学ぶことの必要性。常識、他者と暮らすための認知、勉強、努力の仕方を学ぶことが人生で大事
     →すぐに役に立つものはすぐに役に立たなくなる
     →理系大学で専門を増やし、一般教養の授業を減らしたところ、知識はあるが常識がない学生が多いと企業からクレーム

    ・メモを取る力
    パワポ・黒板の板書が多いと、ノートを取ることに必死になり、話を聞いてもらえない
     →重要なキーワードを「聞き取り」「まとめる」力が低くなる

    ・当時の空気感を伝える難しさ
    当時の学生運動について、当時生まれておらず、経験していない学生に当時の空気を伝えても自分事として認識しずらい
     →歴史の追体験
     →学生に縁のある人や場所にからめて想像しやすくする(卒業生の話やキャンパスの場所についてなど)

    ・批判力
    話を真正面に受け止める素直な感じの学生が多い
     →疑問をもっていちいち考えると受験戦争に勝てないので、先生の言った事を素早く吸収して試験で吐き出す能力や、先生の求める答えを察知する能力に長けてくる

    ・ノートの取り方
    講義で聞いた一言一句メモ(キーボード入力)はおすすめしない
     →ただの議事録になり、自分のものに消化する作業ができない。(リポーターではなくポーター(運び屋)になるな)

    ・紙の新聞や読書の重要性
    読みながら他の情報が目に入る新聞は紙がおすすめ。また、出版本は編集や校閲、引用元の記載が入っているので、誤字脱字などが少なく良質な文書に触れられる。(ネット小説とかをそのまま出版しているものもあるので最近は一律そうとは言えないが)
     →池上さんが影響を受けた本「読書について(ショーペンハウエル著)」で、「本を読むことは他人にものを考えてもらうことである。」とあり、他人が考えたことを追いかけているにすぎず、自分でものを考える行為が読書には必要。著者が何を言いたいか、自分は何を得たのかを考える。
     →B5ノートの左に5W1Hを書くのは鉄則

    ・検索能力があればOK?
     検索ワードですぐに答えを出せる時代だが、その引っ張った答えと、他の情報を重ねて新しい発想を生み出す能力まで展開しないと意味がない。
     →前に読んだメモの魔力に書いてあった、物事を抽象化するスキルのことか!?

    池上さんの著書を読むと、すぐには役に立たないこと、一般教養を学びたいと強く感じる。日本史や、宝石の知識、紅茶の知識、西洋美術の歴史…。昔もっとまじめに勉強しておけば…と後悔する気持ちもあるが、今学ぶことが楽しいと感じることが嬉しい。
    できればこれで人の役に立てるスキルとして副業に紐づければいいなぁ。

  • 読書とは、作者の思考をなぞる。それだけだ。だからこそ、読書の後には自分なりの思索、思考をしなければならない。ショーペンハウエルの言葉は目から鱗が、落ちた。知識は読書からしか得られないが、読書は賢くすることはできない。非常に耳が痛い言葉だ。

  • 著者の本は様々な観点から物事を捉えて、それをわかりやすく丁寧な解説をしているので、これまでいろいろ読んできました。
    しかし、この本は具体的な方法論ではなく、学ぶことの意味を考えさせてくれるものでした。
    『すぐ役立つことは、すぐ役に立たなくなる。すぐ役に立たないことは、ずっと役に立つ。』
    社会に直結した専門的知識を養うのも勉強ですが、今後は様々な状況でも対応できる教養も身に付けたいと思います。

  • 東工大で行われた池上さんの一般教養の授業を収録した本は別に出版されているのですが、この本は、その授業での経験を通じて、池上さんが感じた、

    ・教養とはなにか?
    ・学ぶとはどういう事か?

    についてのまとめになっています。

    本書を読んで初めて意識したのですが、教養「 liberal arts」って、直訳すると

    「自由になるための技術」

    ですよね。

    本文からの引用

    <blockquote>古代ギリシャでは、人は奴隷と、奴隷を使う自由人に分かれていました。リベラルアーツは自由人としての教養を身につけるための学問として発展しました。
    ローマ時代にこれは「自由七科」として定義されます。
    七科とは、文法、修辞学、論理学、算術、幾何、天文学、音楽です。
    </blockquote>

    僕は二十歳ぐらいまでに本がとても好きだったのですが、卒料して数年経過してから本をほとんど読まなくなりました。
    社会に出て時間が取りにくくなった事もあるのですが、大人の「知識人」というものに懐疑的だったからです。

    社会に出てから接した読書量を誇る人たちは、

    「〜ぐらい読んでおかないと」
    「〜を知らないの?」

    という感じて、経験と知識は誇るのですが、そこからなにを学んだかという事をあまり語りません。
    なので、いつしか、知識とは実地体験の中で獲得するもの、という考えになり、3年ぐらい前までは、紙の新聞すらほとんど読んでいませんでした。

    僕のこの考えと近い人は多く、

    ・ビジネス書にビジネスはない。
    ・学ぶ事だけに力を注ぐのは、単なる自己満足だ。
    ・実践こそが生きた知識の拠り所だ。

    という意見をよく聴きますし、僕も同じ意見でした。


    本書の中で、池上さんが言われているポイントは

    ・本は他人の経験の追体験である。
    ・自分の経験だけでは得られない世界を体験する為に「知識」はある。
    ・そして、読む事だけでは、ザルで水を汲むのと同じ事である。
    ・読んで自分で考え、批評してこそ「知識」として定着する。


    というものです。
    僕が読書や新聞というものに、この年になって興味をもったのもまさにそこでした。
    読んだ本に記録をつける方法が多種に渡ったことで、本からの知識を、かなりしっかりと補完できるようになったのです。
    そして、以前、「〜ぐらいは読んでおかないと」と言っていた大人達に、なぜ違和感を感じたのかもわかりました。

    彼らの意見では、知識は「降ってくるもの」で、お経のようなものだったのですね。

    実践的知識(すぐに役立つ知識)というのは、

    ・提示された設問に対して、最大の効率で解答が出来る知識。

    つまり、試験へ特化した能力といえます。

    太平洋戦争の日本軍の失敗原因の一つとして、海軍のエリート層が、試験対策に特化した秀才で固められた事が別の本で挙げられていました。

    戦場の状況は設問があるわけではなく、また唯一の正解があるわけでもありません。
    設問の前提を疑い、時には自ら設問を作り、そして、正解ではなく、状況の中で最適な解答を選ばないといけません。

    これは現代のビジネスシーンでも同じ事です。

    今まで、この

    ・設問に対する最適解ではなく、設問自体を作っていく能力

    を身につけるのは、アカデミックな活動よりも、プラクティカル(実践的)な活動だと思っていました。

    この本を読んで初めて納得したのは、例え、自分の専門がITの世界だとしても、ITを使う人間はビジネスもすれば遊びもして。恋もして、そして感動して泣く、という事です。

    専門ではない世界の知識が、今のIT世界を動かしている事から、リベラルアーツという「すぐに役に立つわけではない教養」の持つ意味の大きさが分かります。


    その代表例が、スティーブ・ジョブズでしょうね。

  • 大学生を過ごす前に読むべき本
    学ぶことでニュースや社会問題が繋がって理解できるようになる、読書を自分の人生にどう糧にしていけばいいかわかる、学び続けたい〜

  • 本来は息子の課題図書として購入。折角なので読みました。思えば池上さんの単独著書は初めて。非常に平易な文章でありながらハッとさせられたり、ドキッとさせられる内容。あくまで教育論、勉強論でありビジネス書ではないが、とても大切な話。テレビの世界で仕事をされておられた氏らしい思考のビジュアル化の話は腑に落ちる。そして疑ってかかれと仰る(笑)腑に落ちるだけだとアカンねやな。これだけ平易でありながら含蓄のある文が書ける文章力は流石。息子にはもう少しマシな書評を書いてもらいたいと切に願う。どの書評かは……バレバレかも。

  • 池上彰は、週間こどもニュース時代から拝見していた。しかし、一時期からテレビのバラエティに多数出演するようになり敬遠していた。

    この本には「学び続ける」ことの意義や方法、教養とは何なのかといったことが、著者のこれまでの人生をベースに丁寧に書かれている。
    この本はハウツー本であると同時に、著者の自伝でもあるのだろう。

    本全体から一貫して感じられるのは、著者の学ぶこと・伝えることに対する真摯な姿勢。
    書かれた内容だけでなく、頭にスッと入ってくる文の読みやすさからも、そのことがうかがえる。
    (スルスル読めるので、一晩で読了した)

    沢山の人に、わかりやすく、様々な知識を伝えたい。そのための努力の延長線上にバラエティを手段として用いる選択をしたのだろう。
    私にとっては、知識教養を身につけることが出来た上で、著者の背景を知ることが出来たという面で、とても価値のある一冊だった。

  • 大学入学して2ヶ月近く経ったが、ちょうど今この本を読むことができて非常に良かったと感じる。これからの4年間の学びに生かしていきたい。
    また、池上彰氏の文章の読みやすさに驚いた。

  • 「教養とはリベラルアーツのこと。そしてリベラルアーツとは、さまざまな枠組みから自由になること」だと池上彰は言う。

    さらに、少し意地悪なのだが、「その枠組みとは何か、といえば・・・それを考えるのが教養の第一歩」なのだと続ける。

    もっとも恐れるべきは、なんの客観性や実証性に基づかない反知性主義である。人間社会の歴史の中で反知性主義ほど人間に大きな災厄をもたらしたものはないだろう。「時代の空気に流されずに本当のことを見極める力」こそが知性主義である。そしてこの知性主義を作り上げるものが教養であり、リベラルアーツなのである。

    学生運動で世の中が騒がしい中でも、ひとり黙々と大学の図書館で勉強したというストイックな姿勢。そして50代半ばにして文筆業という新しい世界に飛び込んだ勇気。池上彰という男の生きざまに敬意を表したい。

  • 著者の長年の疑問「教養とは何だろう」を、東工大教授としての経験を踏まえ、「学び続ける力」と絡めて著した本。「教養」や「大学で身に付けるべき力」について、著者の卓見がちりばめられている。
    ただ著者がいう、教養(culture)=リベラル・アーツ(Liberal Arts)には、若干疑問符が付く。しかし、リベラル・アーツが、自ら自由(Liberal)に問題を設定して新しい解を探していく技法(Arts)を意味し、その力を身につけて、市民自らの責任で積極的に社会に関わること(engagement)が、教養であると定義するならば、リベラルアーツと教養は不可分の関係にあると言える。ただ、本書は、いわゆる「教養論」をテーマにしたものではない(著者も認めている)。あくまでも読書を通して学び続けることの意味や楽しさを説いたものである。
    大切な点は、読書だけではだめだということで、「読んだことを後でさらに自分で考えてみなければ、(略)多くは失われてしまう」ということだろう。つまり、読書→自分で考える→行動すること。このプロセスが、社会の中で発揮できる力となり、「より良く生きること」に繋がれば、それこそが現代版「教養」であり、「学び続ける力」に繋がると著者は言う。示唆に富んだ著書である。

  • 池上さんがどうやって学び続けてきたのか、東工大で教えるにあたって、何を感じたか等が書いてあった。
    大人になっても学び続けることは大切だなっと感じた。

  • テレビでも有名な池上彰が、東工大の一般教養の授業で教鞭をとることで色々得たことを披露している一冊。

    そして、文字通り「学び続ける」ことが重要だということを認識した。

  • 最近著者の本をよく読みます。
    おそらく学び続ける姿勢に自分と通じるところを感じるんやと思います。
    そういう意味では佐藤優さんも同じです。

    学び続けるとはどういうことなのか。
    ただ闇雲に知識を入れるだけなら誰でもできます。
    それよりも得た知識をどう現実につなげるかということかと思います。

    すぐに役立つ知識はすぐに役立たなくなる。
    言い得て妙です。
    今の大学は専門学校化してきてて本当に学問をしに行くところなのかと思います。
    それやったら専門学校に行った方が百倍ましなんやないかと。

    ただ学問は別に全共闘時代の学生であってもできてました。
    自分で本を読めば済むことです。
    そういう意味で自分を再度見つめ直すことができました。

  • 本を読むだけでは、学んでいるとはいえない。そういわれてみればそうだなと気づかせてくれた本。池上さんのお父様のように自分が親になったときに、自分が鏡となるような生き方をしたいと思いました。

  • さすが池上さん、読みやすいうえ役に立つ知識が満載。自分の経験でつかみ取った情報を、こんな網羅していいのかと思うが、それが池上さんの懐の深さなのかもしれない。

  • テレビで何度かお見かけしたことはあったけど、本を読むのははじめて。でしたが、なんともわかりやすく、テレビでの様子をそのまま引っ張ってきたような印象です。
    どこも素敵な文章でしたが、ぐっと心掴まれたのは「すぐ役に立つことは、すぐ役に立たなくなる」という部分。教養を身につける事の大切さがより身にしみた気がします。

  • 学ぶことの大切さと楽しさを教えてくれる本。どのように学んでいくかを池上さんの経験も交えながら説いてくれている。大学時代に読んでいたら少し講義の受け方や課題のこなし方が変わっていたんじゃないかと思った。
    テレビで解説しているのと同じような調子で本が書かれているので、池上さんが目の前で話してくれているかのような印象で読みやすい。一方で難解なところがなく自分で考えたりしなくても読めてしまうため、記憶に強くは残りにくい。定期的に読み返して、都度学ぶことの意義を再認識したい。
    .
    .
    .
    印象に残った言葉
    批判力(38ページ)
    その本が言っていることはそもそも正しいのか。著名な学者が書いた本でも、おかしいことがあるかもしれない、と批判的に読む
    .
    伝える力(118ページ)
    聴いていて絵が思い浮かび、なおかつ論理が通っているとストンと腹に落ちる、それが本当の意味での伝える力(東工大教授 本川先生)

  • 池上さんがNHKの記者時代にどういう勉強をしていたとか、NHKを辞めてから大学の公開講座に通っていた話とか、どうして東工大の先生を引き受けることにしたのか等が話しているような感じで書かれていて、新書というよりは、プレジテントとかあの手の雑誌の記事みたいな軽さで読める。
    それはともかく、学び続けることに対する池上さんの考えや姿勢にはほぼ同意。ちょっと古いかな…って思ってしまうところもあったけど、そこは世代差として割り引いて考えて、いろいろと参考にさせていただこうと思った。

  • 勉強法や読書法を身につける一環として読んだ。

    ・歴史は追体験をしたり因果関係を知るために学ぶ。
    ・読むことと思索することのバランスが重要。
    ・辛くなったら本に逃げ込んでいい。

    歴史が苦手で、考えることがヘタで、絶望を抱えることが多いのでこのへんのことばが印象に残った。

  • 最後の部分がまあ、良いかなと言うくらい

  • 尊敬する池上彰さんがこれまでどのように学び続け、また、教えてきたかをまとめた本。
    単なるモチベーション論ではなく、ノートの取り方や知識の得方、おすすめの小説家なども書かれており、次の読書の旅が楽しくなりそう。

    あ、読書はただ読むだけではザルで水をすくうようなもの、という話もありました。
    深く感動した本や、自分にとって意味があると思った本については、次の本にすぐに行かないで、しばらく余韻に浸るということが大事(p150)です。

  • 自分の頭で考える
    ずっと大事だと自分自身で思っていたことだけど、実際全然できていなかったなあと思う
    お恥ずかしい

  • 文章が読みやすい。学ぶことの大切さをあらためて感じた。いくつになっても学び続ける姿勢を持ち続けたい。

  • 批判的に考えること。
    情報を持って何が言えるのか。
    アウトプットの場を持ってインプットをすることで
    一層学びが深まること。
    今役に立たない知識は将来役に立つ。
    日本は教養において圧倒的に劣位。
    日本の教育や学生の教養に対する姿勢を改める必要がある。

  • 東工大で講義の話、学生とのやり取りが興味深い。何でも知っているように思われる池上さんが謙虚で、これから学ぼうとする人への姿勢が温かい。今ではすっかりTVで分かりやすい解説をされる人として定着しているが、文中の教えることが好きなんだ、ということに気付いたという所が印象的だった。
    2016.2.16

  • 読書というのは他の人が考えたことを追随しているにすぎない。本を読んでいのときは本の世界に入り浸りほっとすることができる。本読みに終わるだけでは、著者の世界に留まっているだけだ。

    著者の世界からの脱却には、自分で熟慮するしかない。腹に落ちるまで著者の言っていることを考えて、それに対して「本当かな?」という疑問をもち、自分の教訓にしていかなければ、宝の山を眺めているだけのようなものだ。山の頂上から見える世界にたどり着き、そこからの自分の目で見て考えるには、時間がかかったとしても、自分で考えることをしなければならない。

    どんなに知識があっても、そこから自分なりに料理せねば、素材のままで終わってしまう。
    自分が感動したもの、価値があると思ったものは、一度立ち止まってでも、腑に落ちるまで落とし込んで、自分なりの解を出すべきだ。

    小手先ばかりに目移りするのではなく「すぐには役に立たないこと」を学んで、いつか役立つ、ふとつながる土壌を育んでいきたい。

  • すぐ役に立つことは、すぐに役に立たなくなる。
    教養の大切さ。

  • 今やニュース解説でおなじみの池上彰氏による「学ぶこと」についての一冊。といっても、学問の意義を小難しく説くというよりは、テレビ番組で見る池上氏の語り口そのままに、氏の体験も交えつつ、「学ぶこと」の面白さと難しさを語ってくれます。

    大学一回生の時にこの本に出会えていたなら……と少し後悔したくなる素晴らしい内容でした。

全300件中 1 - 30件を表示

著者プロフィール

池上 彰(いけがみ あきら)
1950年、長野県生まれのジャーナリスト。東京工業大学特命教授、京都造形芸術大学客員教授、名城大学教授、信州大学・愛知学院大学特任教授、特定非営利活動法人日本ニュース時事能力検定協会理事を兼任する。
慶應義塾大学経済学部卒業後、1973年から2005年までNHKで記者として勤める。以降、フリーランスのジャーナリストとして活動。ニュース番組で人気になった。2012年から2016年までは東京工業大学リベラルアーツセンター専任教授を勤め、定年退職後も学生教育に関わっている。

学び続ける力 (講談社現代新書)のその他の作品

池上彰の作品

学び続ける力 (講談社現代新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする