幸せのメカニズム 実践・幸福学入門 (講談社現代新書)

著者 :
  • 講談社
3.89
  • (41)
  • (42)
  • (41)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 691
レビュー : 71
  • Amazon.co.jp ・本 (260ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062882385

作品紹介・あらすじ

ロボットと脳の研究者でもある著者が幸福をロジカルに面白く解き明かす。人生のみならずビジネスでも注目される「幸福学」とは何か。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 自分を縛っているのは、ほかならぬ自分の認知。It's OK to...
    #幸せのメカニズム #前野隆司 #読書記録

  • 経済成長が終わりを告げ、成熟社会へと叫ばれて久しいですが、私たちの生活は一向に充足されません。年末年始でも物欲を刺激するような消費は促進されますが、次々と新しい製品が出たりサービスが更新されたり、それをキャッチアップするだけで私たちの生活が便利になっているのか、分からなくなってしまっている人も多いのではないでしょうか。

    そこで現在、注目を集めている学問が「考福学」と言われる分野です。その入門編として、この分野の権威でもある慶應大学の前野先生が人間が幸福感を感じるメカニズムについて、学術的な分析を踏まえてまとめた内容となります。

    そもそも幸福感とは何かと言えば、短期的・瞬間的には美味しいものを食べたとか、愉快な時間を過ごしたといったことが挙げられます。一方で中長期的には、家庭を持ったり仕事が上手くいくといったことが想像しやすいですね。幸福学としては、どちらかといえば中長期的な幸福感の持続に注目して、それらを形成する4つの因子について分析しています。

    第1因子 「やってみよう!」因子 (自己実現と成長の因子)
    第2因子 「ありがとう!」因子  (つながりと感謝の因子)
    第3因子 「なんとかなる!」因子 (まえむきと楽観の因子)
    第4因子 「あなたらしく!」因子 (独立とマイペースの因子)

    これらの因子をいかに日常生活の行動レベルにまで落としこむかが味噌なのですが、一方で意識的・無意識的な因子も存在しているわけで、なかなか一筋縄ではいかない課題でもあります。いずれにしても、自分の身近な人たちを観察してみると、幸福そうな人たちにはある程度の傾向が見られますから、先ず隗より始めてみることをオススメいたします。

  • 4つの因子があるから幸せなのか、幸せだから4つの因子につながるのかはわからない。それでも、信じて4つの因子にそって生きたいと思った。科学的な実験に基づく結論なので、信じられる。
    自分のやりたいことだと思ってることをやってみたい。そしたらいつのまにか幸せになってるのかも。
    あと、上を向いて歩こう。

    幸せって、狙って得られるものではない。気づいたら、そこにあるもの。

  • 幸せについて勉強しないとか、お金について勉強しないとか、愛について勉強しないとか、見直さないといけないところですね。
    全員が学ぶべきことの気がします。

  • 一章でポジティブ心理学の概要が整理されており理解できた。また二章の途中までも論理的に幸福に関する研究について語られており参考になった。
    しかしそこからの話が主観的で「こう思う、自分はこうだった」と言うような一方向からの意見に感じられあまり学びを得ることができなかったように感じる。

    全体的に見たとき、参考になるところが多くポジティブ心理学の研究概要が分かった。

  • 幸福学は、欧米の心理学研究者が先行しているが、著者前野先生は、日本人向きの幸福学の整理と実証研究をされている。ロボット工学者から心理学の世界に入った稀有な研究者である。

  • ”<抄録(抜き書き)>

    <きっかけ>
    以前おすすめされていたので。幸福学、気になる。”

  • p.104- 幸せの4因子(やってみよう、ありがとう、なんとかなる、あなたらしく)
    p.225-美しいものを創る人は見る人より幸せ
    (書籍)
    大石 幸せを科学する しこ
    ボック [[『幸福の研究』>>https://takatakos.blogspot.com/2013/05/20132_24.html]]
    ネトル 目からウロコの幸福学
    高坂 幸福の社会理論 だ
    前野 思考脳力のつくり方
    前野 脳はなぜ「心」を作ったのか あ
    前野 脳は記憶を消したがる

  • ・人類のあらゆる営みは幸せにつながっている 。したがって 、それぞれの営みがどのように幸せに影響しているかを 、人々は意識するべきである 。私はそう思います 。

    ・テレビや映画よりも運動 、園芸 、スポ ーツの方が主観的幸福を得られる。物質的消費よりも体験的な消費の方が主観的幸福を高められる。音楽 、絵画 、ダンス 、陶芸などを見るよりもそれらを創造するほうが主観的幸福を高める。

    ・精神的な疲労を取り去るための最大の方法は 、その原因を克服するか 、あるいは 、その原因が小さなことだと思えるくらい 「自己実現と成長 」できるなにかに打ち込むことと 、その原因に関連している人間関係が小さなことだと思えるくらいの新たな 「つながりと感謝 」を得ることです。

    ・その方に 「お疲れさま 」の話をしたら 、その会社では 、既に 「お疲れさま 」を禁止し 、 「絶好調 ! 」という挨拶をすることにしているそうです。

    ・あなたが幸せになれば 、あなたの周りの人も幸せになります 。あなたが周りの人の幸せを願えば 、周りの人もみんなの幸せを願います。

  • 後ろの方にちょっとだけ出てくる「心は幻想」「仏教でいうところの無」「現代哲学がいうところのニヒリズム」
    ここを深追いしたくなった。

全71件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

慶應義塾大学大学院教授

「2020年 『7日間で「幸せになる」授業』 で使われていた紹介文から引用しています。」

前野隆司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
最相 葉月
田中正人
ヴィクトール・E...
クリス・ギレボー
古川 武士
有効な右矢印 無効な右矢印

幸せのメカニズム 実践・幸福学入門 (講談社現代新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×