日本軍と日本兵 米軍報告書は語る (講談社現代新書)

著者 :
  • 講談社
3.58
  • (12)
  • (44)
  • (30)
  • (10)
  • (1)
本棚登録 : 353
レビュー : 42
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062882439

作品紹介・あらすじ

私たちは、日本軍、とくに日本陸軍というと、空疎な精神論ばかりを振り回したり、兵士たちを「玉砕」させた組織というイメージがあります。しかし、実際には、「玉砕」ばかりしていたわけではありません。孤島で追い詰められた場合はともかく、ニューギニア、フィリピンなどの大きな島では、徹底抗戦、持久戦がとられましたし、沖縄でも、最後に出された指令は、組織的抵抗を最後まで継続せよ、というものでした。
 もちろん、だからといって、日本軍が玉砕をしなかった、あるいは合理的な組織だったということではありません。ただ、日本軍=玉砕というイメージにとらわれると、なぜ戦争があれだけ長引いたのかという問いへの答えが見えづらくなってしまうのです。
 日本軍、とくに日本陸軍の実像をどうとらえるべきなのか、本書は、戦争のもう一方の当事者である米軍が軍内部で出していた広報誌『Intelligence Bulletin(『情報広報』)を用いて、彼らが、日本軍、そして日本人をどうとらえていたかを探ります。
『情報広報』には、例えば、日本人はLとRの区別がつかないので、戦場で日本人か中国人か判別がつかない場合には、それらが入った文章を言わせることといったことが書かれています。また、日本兵個人の特徴として、規律は良好、準備された防御では死ぬまで戦う、とある一方で、予想していなかったことに直面するとパニックに陥る、自分で物を考えないといった分析がされています。
 さらに、日本の兵士らがじつはさまざまな不平不満を抱えていて、投降させることもできた、といったことが書かれているのです。
 本書は、気鋭の研究者が、米軍内部の資料をもとに、従来の日本軍イメージをとらえなおす一冊です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日本兵および日本の軍隊に対しての、まさに
    戦闘中のアメリカ軍からみた考察資料です。

    随所で指摘されていることは、自分の考えで
    行動することが不得手。想定外の出来事に対しての
    対応力が脆い、という部分です。
    天皇や靖国のために戦っているのではなく、
    味方の虐待や体罰が怖いから闘っているに過ぎない、
    とまで言い切る米兵の証言まであります。

    上から言われて「やるぞー」とか「センニンギリ」と
    かを絶叫する(させられる)ところなどを読むと
    やはり戦略もなく、気合で乗り切ろうとする方向性が
    読み取れてきます。
    冒頭に書いた致命的な欠点、予期せぬ事態に対処
    できないというところでは、防御のみでなく
    攻撃の部分にも関係しています。
    日本軍は攻撃の際に、大声をあげます。威嚇することで
    恐怖を与えて後退させることを目論んでいるのですが、
    そこで米兵が踏みとどまって交戦してきたら、日本軍は
    混乱すると・・・・。

    負けるべくして負けた戦争、ということが
    よくわかります。
    ここでこの戦争をどうこう言いたくはありませんが、
    例えば対戦車肉攻兵。文字通り、戦車(日本軍に
    対して地上戦では一番驚異の兵器でした)に
    一個人が突撃して、運転席まで到達して爆弾を
    投げ入れるという、確率の低い作戦です。
    普通の人では、できないでしょう。
    このことについて、著者はこう語る。
    「なぜ日本軍がそのような攻撃にうってでたかという
    答えは導き出せない。実際には、当事者たちが
    合理的だと思ったからこそ、そのような挙に出た。
    ただし<合理的>だから正当だったと主張する
    のではない。問題は合理性の中身であり、そのごく
    狭い意味での合理性実現のために多数の人命が
    犠牲として供された」

    事実はきちんと残しておかなければいけません。

  • 第二次世界大戦下において、日本軍および日本軍人(主として陸軍)が、どのような戦略で、どのような武器を使用し、どのように戦ったかということについて、米国の公開史料から客観的に分析している。

    下となった資料は、米陸軍軍事情報部が1942年~46年まで毎月出していた資料。作戦地域にいる、もしくは行く予定の下級将校、下士官兵用に作られたA5版の月刊誌で、主に敵の戦術や兵器についての分析を行っている。

    第二次世界大戦中に、相手国の軍隊についての分析を行い、しかもそれを下士官兵クラスにまで配布したという事実。
    鉄の規律で、上官の命令下果敢に戦う日本兵に対し、現場、個人の自主性、自己責任で闘う米国軍という文化(?)の違いを感じる。もちろん、彼らは圧倒的に有利な物量をバックに闘ったのだが、彼らが勝利したのは、物量のためだけではなかったのかもしれない。

    カミカゼ、超人的イメージを持たれた日本軍人について、客観的な証拠、証言を元に、闘っている相手はやはり人間であり、戦略上の弱点、心理的な特性などを分析することにより、適切に闘えば、勝つことができると分析している。
    また、同時に日本軍の武器、兵士の強さについても冷静に分析しており、優秀なリーダーに率いられ、命令に従い攻撃を行う時の強さ、塹壕戦、陣地を死守する強さ等についても、記述している。
    この長所、短所の分析は、現在の日本産業界にも、あてはめることができるような気もする。
    鬼畜米英と叫んでトツゲキする、勇猛果敢な日本兵。そんなステレオタイプなうわべだけの情報をもとに、様々な論評をする。ややもすると、そのようなことに陥りがちな日本のインターネット経由の情報。
    うわべだけの情報、イメージに流されることなく、証拠を積み上げた正確な情報分析が、戦いには必要なんだろうなとぼんやりと感じました。

  •  アジア・太平洋戦争下の日本軍・日本兵をアメリカ軍はどう見ていたのかをアメリカ軍の内部向け広報誌の記事から明らかにしている。一般に精神主義、白兵突撃主義、「玉砕」のような狂信性に集約されがちな日本兵だが、本書では一見非合理に見える行動も、当事者にとっての「合理的」・必然的判断の帰結であり、アメリカ軍に一定の脅威を与えていたこと、他方、勇猛果敢で死をも恐れないというようなイメージの虚構性も暴いている。

  • ◆アメリカ軍から見た日本軍兵士は「狂信的」でも「ファナティック」でもなく、合理性を持つ存在であった。しかし、それは戦略の誤謬、実力不足の回復に繋がらず、個々の戦場内でのみ発揮されたに止まり…◆

    2014年刊行。
    著者は埼玉大学教養学部准教授。

     「バンザイ突撃」が代表する如く、日本軍とは「非合理」で「狂信的・ファナティック」な軍組織であったのか?。これまで語られてきたステレオタイプ的日本軍像は、敵国アメリカからみれば変容するか否か?。
     かかる観点で、米軍軍事情報部が戦時中(~46年まで)に出した戦訓広報誌の内容を拾うことを通じ、日本軍の実像に別の光を当てようと試みる書である。

     結論的には、著者は戦場で勝つためという「狭い意味での合理性」はあったと言うようである。
     しかしまた、その狭義の戦術的合理性。それが戦場における人命の重要性、戦線を維持し勝利をもたらすために重要な人命を軽んじていたことは間接的ながら批判的であり、かつ小さな戦術的勝利の追及が、戦争戦略の不合理を覆すことはなく、前者に固執するあまり多くの人命を死なせてしまった事実・戦争指導を正当化できるわけではないとも指摘する。
     米軍の日本軍評という他者目線を利用している賢と共に、結論的には、まぁ無難な落としどころとは言えそうだ。

     もとより
    ① 医薬品・武器・弾薬の不足。
    ② 軍医の技能レベルの低さ、低い地位と量的限界。
    ③ ①を招来したであろう輸送の軽視。
    ④ 戦車ほか火力軽視。
    ⑤ ①~④を招来したであろう、総合的な国力の低さとその低さを改善する努力と方向性選択を欠落した愚(船が足りないなら、戦車が足りないなら、それをどのようにして短期間に揃えていくか。その技能や経験値がないなら先進的取組をしている国や地域に学び、キャッチアップする姿勢のなさと同値か)。
    ⑥ ⑤の実現に必要な精神面、つまり時を待つという精神的タフさが上層部に欠如していた。
    などの点が、狭小な合理性と共に炙り出されてくる。

  • 現代では戦時中の日本軍を「狂信的に天皇に忠誠を誓い命を投げ捨ててる得体の知れないもの」として捉えがちだ。
    しかしアメリカの資料からは戦争を嫌い、死を嫌い、上司の愚痴を言い、捕虜になって良くされたら機密情報も簡単に漏らしてしまう極めて人間的な一面が見えてくる。
    そしてそこからは現代日本に通ずる面も見えてきて、日本人にいまも染み付く精神があぶり出されてくる。
    例えばバンザイ突撃は軍部で問題視されていて、命を大事にするように軍部から通達もきていた。
    つまりバンザイ突撃は絶望的状況から生まれる集団自殺であり、そう捉えると現代日本のブラック企業での自殺を見るにいまだに日本人はバンザイ突撃をしていると言える。
    もちろん敵国ゆえのフィルターもあるはずだが、別のレンズより捉えることでより立体的に第二次世界大戦について見つめ直すことができた。

  • 冷静に戦争の実際について見つめている。米軍のレポートベースなのだけど、多少の偏見はあるにせよ、嘘を書いては学ぶ兵士が死ぬわけで、日本軍を甘く見ず、神格化せずに描いている。左右の別なく読めると思う。

  • 2017/5/18

  • 決して笑い話でもなく、卑下する内容でも無く、帝国陸軍の現場を敵が、どう判断、理解していたのか、上手くまとめられているかと。
    将官と現場の教育レベルの違いがあからさまで面白いですね。
    当時の日本人でも、完全な軍隊には育てきれなかったのが史実。
    今時の日本人じゃ、戦争なんて絶対出来ませんね。

  • 日本陸軍は本当にバカな万歳突撃を繰り返していたのか。アメリカ映画で散見される日本人は、毎回愚かで狂信的だ。しかし本書で取り扱った米軍内の資料からは、物資で圧倒的に負けている日本陸軍が必死に抵抗する様が読み取れる。大戦略では敗北していたが、戦術ではその時代の最良の選択をしていた事が分かる。しかし、その中にも日本人的な潔い敗北、死に関する概念があり、現代の日本にすむ自分にも共通する気がする。

  • 太平洋戦争中、米軍が日本陸軍をどう評価していたかを通して、日本軍と日本兵の実情を浮かび上がらせる。無論偏見や意図的な貶めという要素は削ぎ落とさねばならないが、敵軍を正確に知る事は自軍の戦果や損害に直結するのでまやかしが無い。その意味で有意義なレポートと思う。面白いのは(面白がってはいけないかもだが)、優勢時は勇猛だが、予想外の事態が起こると混乱する。規律にはよく従うが、自分で判断するのが苦手。といった敵軍による評価。現代のサッカー日本代表とまるで同じ事を言われてるので、それが日本人なのか、もしくはよほど当時と教育システムが変わってないのか、といった興味をそそられる。

全42件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

一九七一年福岡県生まれ。九州大学大学院比較社会文化研究科博士課程中途退学。博士(比較社会文化、九州大学)。現在埼玉大学教養学部教授。専門は、日本近現代史。著書に、『近代日本の徴兵制と社会』『銃後の社会史――戦死者と遺族』(いずれも吉川弘文館)、『米軍が恐れた「卑怯な日本軍」――帝国陸軍戦法マニュアルのすべて』(文春文庫)、『戦艦大和講義――私たちにとって太平洋戦争とは何か』(人文書院)、『戦艦武蔵――忘れられた巨艦の航跡』(中公新書)など多数。講談社現代新書に『皇軍兵士の日常生活』『日本軍と日本兵――米軍報告書は語る』がある。

「2017年 『飛行機の戦争 1914-1945 総力戦体制への道』 で使われていた紹介文から引用しています。」

日本軍と日本兵 米軍報告書は語る (講談社現代新書)のその他の作品

一ノ瀬俊也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
ウィリアム・H・...
ウィリアム・H・...
有効な右矢印 無効な右矢印

日本軍と日本兵 米軍報告書は語る (講談社現代新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする