ロックの歴史 (講談社現代新書)

著者 :
  • 講談社
3.34
  • (3)
  • (11)
  • (9)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 120
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062882705

作品紹介・あらすじ

<本書の内容>
第一章  イギリス・ロック史とアメリカ
第二章  エルヴィス・プレスリーの限界
第三章  ビートルズが生まれた瞬間
第四章  「黒いブルース」から「白いロック」へ
第五章  「世界の音楽・言語」としてのロック
第六章  なぜリヴァプールだったのか
第七章  ローリング・ストーンズ登場
第八章  ロックと天才ギタリストたち
第九章  「アルバムの時代」の夜明け
第十章  ジミ・ヘンドリックスの衝撃
第十一章 「サージェントペパーズ」と一九六七年
第十二章 架け橋としてのウッドストック
第十三章 ボブ・ディランの揺さぶり
第十四章 「統合」と「分化」の時代へ
第十五章 ロックが帰っていく場所


若者による革新的な音楽、こそが「ロック」のはずだった。
しかし、いまもロックを長年にわたり現役で支え続けるポール・マッカートニー、ミック・ジャガー、ボブ・ディランは皆、七十代となった。
ロックは新たな局面を迎えるとともに、歴史となったのだ。

音楽評論家の中山康樹氏が、従来の枠組みにとらわれない斬新な視点で、
いかにロックが生まれたか、という大きなテーマを明快に解き明かしていく。
イギリスとアメリカが、互いの音楽を「洋楽」として受容し、
(ときに「誤読」しながら)進化させ、統合、分化させていく過程で生まれた現在のロック。
そのプロセスを丁寧に検証しつつ、大胆に意味づけていく文章には、
優れた歴史家が神のような視点から歴史を再定義・再構築し、
新しい世界観を示してくれた時のような知的興奮を覚える。

本書ではまた、いままでのロック史ではあまり表舞台に出ることがなかったミュージシャンたちが果たした重要な役割にも、光を当てる。
たとえば、クリフ・リチャード&シャドウズ、マディ・ウォーターズ、レオン・ラッセルなど、
既存の解釈では脇役となりがちだったミュージシャンの存在意義を知ることによって、
ロック史をより深く理解することができるだろう。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  一般にはジャズ評論家として知られる著者による、ロック史の概説書。

     著者のロック関係の著作は、『これがビートルズだ』と『ビートルズの謎』という2冊を読んだことがある。
     その2冊を読んだときにも思ったことだが、思い込みの激しい独自の論を展開する人で、本書もビックリしたり首をかしげたりしながら読んだ。

     かなり偏りの強い内容で、ロックを聴き始めた10代などが最初に読むべき概説書にはふさわしくない。
     そもそも、1970年代初頭で話が終わっていて、そこからの40年余にはほとんど触れられていないのだ。これでよく『ロックの歴史』なんてタイトルがつけられたものである。

     俎上に載せるアーティストも偏っている。ビートルズの話の比重が極端に高く、ほかもイギリスのロックが7、アメリカが3くらいの割合。実質的には「ブリティッシュ・ロックの歴史」になっており、しかもブリティッシュ・ロック史としてもかなり偏っている。

     もっとも、「おわりに」によれば元々は「女王陛下のロックンロール」なるタイトルの連載だったそうで(書籍化にあたってアメリカのパートを加筆したという)、英国に話が偏っているのはそのせいでもある。

     「なるほど」と膝を打つ卓見もいくつかあったから、駄本とまでは言わない。が、ロック史の概説書としてはまったく不十分。
     
     同じ講談社現代新書からは、かつて北中正和が『ロック――スーパースターの軌跡』という本を出している。
     85年刊だから古いが、ロック史概説書としては本書よりずっとバランスの取れたよい本である。本書とは対照的に著者の主観は抑え、客観的な記述に徹している。

  • なかなかよし
    the beatlesがロックを作ったに一石を投じている

  •  ロックという音楽ジャンルの大筋を理解したくて手に取った。しかし本書で言及する時代は60年代に限定されており、ロックの歴史が俯瞰できるような内容ではなかった。それでもビートルズの登場前後からジミ・ヘンドリックスまではロックを語るうえで欠かせないところだろう。ただ著者は従来のロック史とはところどころ異なる見解を示しているが、その根拠が明確でない。だろう、かもしれない、などの推測も目立つ。また本書ではアーティストがイギリス、アメリカに帰属しているイメージが強いが、実際国ごとに分けることはロックミュージックの実態に即しているのだろうか。他にもロックに関する本を読んで比較検討したい。
     巻末の参考文献の少なさも気になった。ロックについて書くならもっと英語の文献がないと、信頼性がないと見做されてもしかたがない。というよりも明示されている文献がすべて邦訳なのでなんというか脱力する。

  • 鎌倉幕府の成立が1192年から1185年とされるようになったように、英国のロック史をビートルズ以前から始める最新の見解。本筋とは関係ないけど、ボブ・ディランが「プライバシーは売ることはできるけど買い戻せない」と学んだ話が良かった。

  • タイトルからして微妙で、そもそもロックがどんな音楽を意味するのかも明確ではない。だからどこからがロックなのかというのもリスナーによって異なるだろう。本書では60年代末から70年代を中心にしている。まぁ、ブリティッシュロックですね。著者の主張にはほとんど同意できないけど、「若者の音楽」として登場してきたロックに対する考察は面白い。70歳のストーンズが演っているのはロックなのか? でもストーンズはロックだよね。じゃあ老人のロックもあるわけだ。これこそロックが歴史になってきたってことなんだよなぁ。

  • ロックの歴史を、従来の枠組みと異なる著者の観点から綴った本。
    著者独自の視点には敬服するものの、個人的に著者の文章を読みなれていないせいか、非常に読みづらかった。

  • ロックのことは知らないので読んでみた。
    扱っているのは60年代のみ。

  • ご冥福を祈ります。

  •  著者についてはスウィング・ジャーナルの編集長とばかり思っていたので、その守備範囲の広さにビックリ!
     おまけに本書に出てくるミュージシャンは50年ぶりに聞くような名前も多く、じつに楽しく、懐かしく読めた。感謝、感謝の一冊!

  • おそらく今の日本で、ある一場を熱狂で最高に盛り上げるとしたら、音楽ならばなんといってもロック。ロックの歴史を語るならビル・ヘイリーの「ロック・アラウンド・ザ・ワールド」辺りから始めるのが常道だが、本書ではいきなり、「エルヴィス・プレスリーの限界」ときたもんだ。締めは1992年のマディソン・スクウェア・ガーデンにおける、ボブ・ディランデビュー30周年コンサート。これをロックの一つの到達点と位置づける。首肯する。ロックは今や教養である。教養書を読むつもりで本書を手に取ってみよう。(本学職員推薦)

    ↓利用状況はこちらから↓
    http://mlib.nit.ac.jp/webopac/BB00528969

全20件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1952年大阪府生まれ。音楽評論家。主な著書に『ロックの歴史』(講談社現代新書)、『マイルス・デイヴィスとジミ・ヘンドリックス 風に消えたメアリー』(イースト・プレス)、『現代ジャズ解体新書 村上春樹とウィントン・マルサリス』(廣済堂新書)、『ジャズ・ヒップホップ・マイルス』(NTT 出版)、『超ブルーノート入門』(集英社新書)、『50枚で完全入門マイルス・デイヴィス』(講談社+α新書)、訳書に『マイルス・デイビス自叙伝』(宝島社文庫)等がある。

「2014年 『ジャズの歴史 100年を100枚で辿る』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ロックの歴史 (講談社現代新書)のその他の作品

中山康樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ピエール ルメー...
ジェイムズ・P・...
ジャレド・ダイア...
又吉 直樹
村田 沙耶香
有効な右矢印 無効な右矢印

ロックの歴史 (講談社現代新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする