損したくないニッポン人 (講談社現代新書)

著者 :
  • 講談社
3.10
  • (2)
  • (17)
  • (18)
  • (10)
  • (3)
本棚登録 : 181
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062883351

作品紹介・あらすじ

愛妻から「あなたは貧乏じゃなくて、貧乏くさいのよ~」と罵倒されて、高橋さんは気がついた。「せこいのか、オレ?」。確かに地元のスーパーを回ると、安売りセール、タイムセールに駐車料金1000円以上割引とか考えだして、結局、お米ひとつ買えない。安いガソリンを求めて何時間も並んでしまう。家電の寿命を考えているうちに、大型TVを選べない。一方で、「エコだ節約だ」「ポイント集めて賢く」と騒ぐ普通のニッポン人に、胡散臭さを感じてしまう。オレたちニッポン人は、損したくないと思って行動してるうちに、実は大損していないか?
そもそも、損と得とはなんなのか? ものの値段とはなんなのか? 貨幣とは? 福沢諭吉、二宮尊徳、土地の値段を決める人から、デリバティブの金融最前線で戦う人、中華街のあやしい占い師、銭洗弁天まで訪ね歩くタカハシさん。損得にこだわる今のニッポン人の行動について、タカハシさんがたどり着いた驚愕の結論とは?
ムック『セオリー』連載時から話題を呼んだ、爆笑ノンフィクション作家の「行動経済学研究」。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • お金
    経済

  • 損したくない生き方をしているのに、よくよく考えてみれば人生に損をしている人が多い。買い物に一円を気にする生き方が快適なのか?良く考えるべきだ。

  • 貨幣愛だとか行動経済学だとか、そういったことに興味があって読んだ。ヒデミネ節は楽しめるが、議論が深まっていかない感じであった。

    「損失回避の原則」に疑問を呈しているが、この本はほぼ全編その話をしているような。ただ二者択一問題に対する、設問の裏をムダに読むような勘ぐりはおもしろい。

    東京リスクマネージャー懇談会によるリスクの定義の矛盾はその通りと思う。リスクとは、本来的には「不測の」要素があると思うのだが、金融工学では事例の数が多ければ予測可能なものという概念になっていると思う。オッズも読めないものは不確実性として別に整理しないといけないことに。

    季刊誌『セオリー』への連載を再構成したもの

  • 自分の身の回りをレポートした極私的日本人論だが、どれだけ蓋然性があるものやら。落ちつく先は…まあそんなものでしょう。

  • 914.6

  • 読み始めて、延々、作者の身近なモノの値段の話ばかり。
    自分のせこさを日本人全体の感情におきかえ、一般化している日記のようなお話。もっと精神論的なことを深くえぐる考察を期待していたので。講談社現代新書のレーベルで出す必要あったのか理解に苦しむ。

  • 経済学といいつつ、硬い本ではなく、損したくないという著者の気分を中心に据えたエッセイに近い本でした。
    サクサクと読めますが、経済学的なことを知りたいなーと思って手に取った本だったので、いささか消化不良な感じです。文章自体はインタビューを交えたような文体で読みやすいものでした。

  •  著者の別の本を読んだことがあった。本書はさらに「ひねくれ」度が増している。単純なエッセイとして楽しんで読んだ。

  • 日常の何気ない、普段意識すらしないことを真面目に調べ、それを軽妙に綴る、著者の力量は今回も健在。
    今回のテーマは、損得感情や日常の経済活動。利益を得たいというのとはまた違う「損したくない」は言い得て妙だ。

  • 2015年9月20日、初、並、帯無
    2017年2月2日、津BF

全23件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ノンフィクション作家。1961年、横浜市生まれ。東京外国語大学モンゴル語学科卒。テレビ番組制作会社勤務を経て、作家に。開成高校野球部の奮闘を描いた近著『弱くても勝てます』がベストセラーに。
『ご先祖様はどちら様』で小林秀雄賞受賞。

「2015年 『損したくないニッポン人』 で使われていた紹介文から引用しています。」

損したくないニッポン人 (講談社現代新書)のその他の作品

高橋秀実の作品

損したくないニッポン人 (講談社現代新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする