ニッポンの文学 (講談社現代新書)

著者 : 佐々木敦
  • 講談社 (2016年2月17日発売)
3.63
  • (6)
  • (31)
  • (17)
  • (4)
  • (1)
  • 228人登録
  • 23レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062883566

ニッポンの文学 (講談社現代新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

絞り込み:

表示形式:

表示件数:

  • 純文学、SF、ミステリ、ラノベと、守備範囲が広い文学論で興味深かった!村上春樹は「日本語で書く英語作家」であり、「日本語で書かれたアメリカ文学」という指摘にはミョ〜に納得!

  • リアルタイムに体感していない前半はなかなか面白かったけれど、見知った後半の話はあまり得るものが無かった。ここ最近の日本の文学(小説)を新しく知りたい人には勧められるかなあ。

  • SFとミステリ好きなんだなあ

  • 時代と文学について。村上春樹から又吉直樹、ラノベ、SF…幅広く触れられていて面白い。

  • 文学と小説はやっぱり違うと思う。文学になるためには、少なくとも50年は必要。できれば作者が亡くなってから。まだ作品が新しいうちは、いろんな人たちの主観が混じり合うので、正当な評価ができない。落ち着いて評価できるようになるには、上記くらいの年数が必要だと思った。売れていること、は文学であるかの評価をするには当たらない基準。

ニッポンの文学 (講談社現代新書)のその他の作品

佐々木敦の作品

ツイートする