真説・企業論 ビジネススクールが教えない経営学 (講談社現代新書)

著者 :
  • 講談社
4.38
  • (17)
  • (13)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 106
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062884259

作品紹介・あらすじ

ベンチャー企業とイノベーションについて本書で言及する5つの論点。
・アメリカはベンチャー企業の天国ではない。アメリカの開業率はこの30年間で半減している。
・アメリカのハイテク・ベンチャー企業を育てたのは、もっぱら政府の強力な軍事産業育成政策である。
・イノベーションは、共同体的な組織や長期的に持続する人間関係から生まれる。
・アメリカは新自由主義的改革による金融化・グローバル化が進んだ結果、生産性は鈍化し、画期的なイノベーションが起きなくなっている。
・日本はアメリカを模範とした「コーポレート・ガバナンス改革」を続けた結果、長期の停滞に陥っている。
これらの実態を知ったうえで、企業が目指すべき方向とは?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いつもながら、この人の指摘は斬新で鋭いね〜

  • 涙出そうになった。
    最近回り回ってMMT(現代貨幣論)と遭遇し、「お金」に関する認識を180度変えさせられた上で、これを読むと本当に涙が出そうになる。
    なんていうか、元々古典的素養教養がない上に、こっちがいい、あっちがいい、これを知らないとバカだ?という情報商材屋的なものにも大いに振り回されて、結果何も残ってない…的な現状に「いったい私は何をやってるんだ…?」というモヤモヤの答えがここにあった。

    刊行当時にも気になっていた1冊だが、MMTを理解していなければやはり金融関連のことが理解できなかっただろうから、今読むのが私にはちょうどよかったのかもと思う。遅いけどねぇ~。

    この「リアリズム」「当たり前」の軸感覚を養う教育というのが、自分の軸の無さ&揺れ加減を顧みてもすごく大事と思う。「正しい痛い目」には早めに出会っておくに限る。また「正しい痛い目」にちゃんと誘導してくれる大人との出会いも大事ね。自分がそういう大人になれていってるといいんだけど。

  • ★7つくらいつけたいくらいに面白かった!
    現在のオープンイノベーションが短期的な成果を上げるのには効果的でも長期的にはイノベーションを失っていくこと、アメリカのハイテクベンチャーは国家が育てたこと等、新しい学びが多い。
    また文中に参考文献も多く紹介されるため、次の学びもしやすくなっている。
    オープンな関係性とクローズドな関係性の良し悪しを把握することが大事だと気付かされた。

  • 経営に関する本で久しぶりに良い!と思った本

    通説に対する事実からの示唆、イノベーションの本質、組織論な視点等々

    目から鱗(自分がコレって本当?って目で物事を見られていない証左汗)でした

  • 起業という幻想
    アメリカのIT企業の成功はアメリカ国民の成功とは同じではない。
    アメリカのベンチャーは、安全保障政策が産み落としたもの。
    アメリカのIT産業と軍事との官民癒着は、日本の比ではない。
    濃密な人的ネットワーク
    最大最強の起業家は国家
    オープンイノベーションを活用することによって、短期的に企業が急成長を遂げたように見せかける事が可能。
    また、自社株買いとストックオプションを併用することで、単に大企業の株主と経営層が儲けるだけの仕組と化している。
    ビジネススクール出身者の弊害
    長期雇用の労働者こそが、イノベーションの源泉
    ROE改善を目的にした自社株買い。
    会社を老舗にするという目標

  • 中身はイノベーション論に近い。データに基づいており、長期的な企業経営の視点を養うには良い。

  • 早速、内容ですが
    第1章 日本でベンチャー企業を増やすには
     あるコンサルタントの提言
     アメリカの国家戦略?
     自分の頭で考える
     ①ベンチャー企業を増やしたいのか、イノベーションを
      促進したいのか
     ②なぜ、シリコンバレーだけなのか
     ③なぜ、外国人の企業を優遇するのか
     ④なぜ、「英語実践力の抜本的強化」(企業の)英語
      公用語化」が必要なのか
    第2章 起業大国アメリカの真実
    第3章 ベンチャー・キャピタルの目利き術
    第4章 最強の起業家は誰か
    第5章 オープン・イノベーションの本質
    第6章 なぜイノベーティブな企業の方が負けるのか
    第7章 なぜ日本経済は、いつまでも停滞から抜け出せない
        のか
    というないようです。
     この本の筋立ては、第1章であるコンサルタントの御説が、日本経済、アメリカの実態の上っ面だけみた論説であるあをひとつひとつ丁寧に化けの皮をはがしていくということになっている。
     著者の、いままでからの考え方は一貫していて、日本人社会が培ってきた経済運営のあり方のすばらしさ、重要性をもういちど原点から紐解き、如何にコンサルタントが言っている内容が、今のアメリカ、日本の実体経済からかけ離れたものでるかを立証しながら、各章が進んでいく。
    日本社会の閉鎖性が米国のスタイルから遅れをとっているという戦後の丸山節の同根の考え方で、そういう思考の延長線に現在の日本経済もあるという認識で、まるっきり進歩がないと断罪する。
    最後に真のイノベーションとは、安定的な長期雇用、安定的な社内風土、外部企業との信頼の中でしか生まれない、ましてやオープン・イノベーションなんぞやは、真逆の結果しか生まないだろう。
    日本の所謂停滞は、いつに金融政策の失敗が原因であり、企業活動が原因ではないのである。
    久々に中野剛志さんの本を読んだが、言っていることに首尾一貫性があり、すっと読めました(笑)。
    また、引用された本をこれからまたボツボツ読んでいきます。

     

  • 漠然と「なんで世の中こんな状況になってしまったんだろう?」と疑問に思っていたことが、クリアになった気がする。

    ①なぜイノベーションが起こらなくなったのか?
    ②なぜ短期で成長し続けることが求められるようになったのか?
    ③なぜM&Aが盛んに行われるのか?
    ④なぜシリコンバレーだけ最先端を行く企業が生まれるのか?

    たくさんの文献から数値や背景を明確にして、鋭く分析されている。
    本当の部分も多いと思うけど、これが最先端の実態だとするとやってられない。

  • 組織学会主流派の考えに基づいて、著者独特の論理展開で、一見、一般的と思える主張に批判を試みる刺激的な良書。

  • 細かい事実では異論があったものの、書いてあること全般的に同意。

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

中野 剛志(ナカノ タケシ)
評論家
評論家。1971年、神奈川県生まれ。元・京都大学大学院工学研究科准教授。専門は政治経済思想。1996年、東京大学教養学部(国際関係論)卒業後、通商産業省(現・経済産業省)に入省。2000年よりエディンバラ大学大学院に留学し、政治思想を専攻。2001年
に同大学院より優等修士号、2005年に博士号を取得。2003年、論文“Theorising Economic Nationalism”(Nations and Nationalism) でNations and Nationalism Prizeを受賞。著書に山本七平賞奨励賞を受賞した『日本思想史新論』(ちくま新書)、『TPP亡国論』『世界を戦争に導くグローバリズム』(ともに集英社新書)、『国力論』(以文社)、『真説・企業論』(講談社現代新書)、『日本の没落』(幻冬舎新書)、『富国と強兵─地政経済学序説』(東洋経済新報社)、『目からウロコが落ちる奇跡の経済教室【基礎知識編】』『全国民が読んだら歴史が変わる奇跡の経済教室【戦略編】』(ともにベストセラーズ)などがある。

「2019年 『MMT現代貨幣理論入門』 で使われていた紹介文から引用しています。」

真説・企業論 ビジネススクールが教えない経営学 (講談社現代新書)のその他の作品

中野剛志の作品

真説・企業論 ビジネススクールが教えない経営学 (講談社現代新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする