未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)

著者 : 河合雅司
  • 講談社 (2017年6月14日発売)
3.69
  • (63)
  • (156)
  • (106)
  • (25)
  • (6)
  • 1463人登録
  • 162レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062884310

未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

絞り込み:

表示形式:

表示件数:

  • 見えてくる将来予測はインパクトがある。反面で後半の10個の提言は弱い。聞いたことあるものばかり。少子化が問題だと前半で強烈に主張しているのにそれへの提言は「第三子以降に1000万円の給付」の一点だけ。???! 少子化には打つ手なしということ? サンケイぽい中韓への警戒感もこの本の中では小うるさい。

  • 前半の年表は、なるほど、と感心することばかりでした。少子化対策、と、声高に叫んでいる政治家の話がとても虚しく感じました。自分の子どもの時代にはどうなっちゃってるんだろう、と、心配です。
    が、後半の、筆者の提言にはがっかりでした。高齢者は75歳から、それまで働く、なんて前半で言っておきながら、後半で、50代でリタイアして地方の大学でキャンパスライフ、なんて、出来るはずないでしょ⁉️と、突っ込みたくなりました。提言は要らないです。

  • 概要: 少子高齢化。財政; 自治体消滅; 単身世帯増加; 介護離職等。問題があることは明らか。対策->戦略的に縮む。75までは現役扱い; 24時間社会からの脱却; 集住と自治体合併; 国際分業の徹底; 第3子に1000万、など

    感想: 課題認識は同意。対策案は弱い。

  • ただただゾッとする。つけを払うのは自分じゃないって誰もが考えてる。人間だもの。

  • あぁぁあ
    むつかしい、、
    27(結構大人やんけw)の私にはひたすら数字を並べ根拠づけしていく内容が
    全然頭に入って来なかった、、
    無理矢理読んでる感が否めなかったので、
    一旦積読。
    もしかしたらここにかいている年数に近づいてきたときに読むと、
    面白いのかもね(^ω^)←先読みできない人間

  • 2016年 年間出生数 98万1000人
    1949年 年間出生数 269万66938人(第1次ベビーブーマー)

    国連定義

    高齢化率(総人口に占める65歳以上人口の割合) 7% を
    越えると「高齢化社会」、14%を超えると「高齢社会」とされる。


    厚生年金受給額 

    2014年度平均受給額 男性 月額 約16万5000円
               女性 月額 約10万2000円


    野村総合研究所 試算(2016年)

    2033年の総住宅数は約7126万戸へと増大し、空き家数は2167万戸弱、空き家率は30.4%にまで上昇する

    全国の約3戸に1戸が空き家となってしまう。

  • いろいろデータでもって脅かすが、その対案は非常に情緒的。
    ・「セカンド市民制度の創設」のみピンと来た。自治体で古民家を改修したゲストハウスをつくる。1回/月に直通バスを手配し、セカンド市民が無料で来れるようにする。
    ・「戦略的に縮む」切羽詰まってから対策を考えるより、”小さくともキラリと輝く国”を作り上げる。社会が混乱に陥らず、国力が衰退しない国家の土台を作り直す。をはじめ、高齢者削減、24時間社会からの脱却、非居住エリアを明確化(乗っ取られる!)、都道府県を飛び地合併、国際分業の徹底、匠の技の活用、国費学生制度、中高年の地方移住、セカンド市民制度の創設、第3子以降に1000万円給付。など。

  • この本、大人気らしく、興味をそそられて購入。人口減少に沿った影響の年表を作ったということだが、その年に起こり得ることをピックアップしてるだけで、特に面白くはない。しかし、パッと見るときに便利かも。文体、構成?は、悪く言えば週刊誌調子で書かれており、好きになれず。まぁ図だけあればいいかな。。

  • 最近はやっているということで読んでみました。
    まあ警鐘をならすために、大げさに書いてある部分も
    あるのだと思いますが。
    未来に起こるカオスなことを一つの軸を固めて
    考えてみるとこうなるかもねという話だと思いました。
    ということは、ここに書かれてあることは
    実際には起こらないことなのだろうと思います。
    後半の提言はある意味理解できる部分はあるのですが
    前半で否定していることをなぞっている部分もあって
    一つの内容としては矛盾しているような気がします。

  • 興味深いテーマで、データも提示されてる。でもどうも解決も、リアリティーを感じないのは、年のせいかなあ。危機感が高まらない。

未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)のその他の作品

河合雅司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ベン・ホロウィッ...
トマ・ピケティ
ジャレド・ダイア...
フィル・ナイト
塩田 武士
村田 沙耶香
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする