未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)

著者 : 河合雅司
  • 講談社 (2017年6月14日発売)
3.69
  • (63)
  • (156)
  • (106)
  • (25)
  • (6)
  • 1463人登録
  • 162レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062884310

未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

絞り込み:

表示形式:

表示件数:

  • 「今から婚姻数や出生数を上げても無意味」。
    一部の研究者から最近ようやく聞かれるようになった言葉だが(政治家含む非専門家のレベルはさらに低く、いまだにこれを主張しているようなていたらく)、本書はたった1行で、その恐るべき真実をつきつける。

    2020年、日本人女性の半分は50歳以上になる。

    今は2017年、わずか3年後のことである。わずか3年後には、日本人の半数のそのまた半数が、初老(以上)と言われる年齢になるのだ。

    もっともよくよく考えてみれば、今に始まった話ではない。日本の高齢化率が25%を超えていると言われ始めてから、すでに久しい。
    むろん、日本の高齢者が全員女性であるはずもないが…「日本の高齢化率は25%」と、「日本人の(だいたい)半数のそのまた半数が50歳以上」というのは、「年齢が高い人の人数」という点では、ざっくり同じようなことを言っているとも考えられる。
    なのに、このインパクトの差は何だろう。

    この調子で、著者はとかく見えにくい少子高齢化社会の未来予想図を、具体的かつ苛烈につきつける。その容赦のなさといったら、普通の人なら心が折れかねないほどだ。
    ただ、それもこれも「普通の人」にこの問題の深刻さを認識させ、「すみやかに本気を出す」ことを求めるがゆえのこと。末尾には将来の日本社会に向けた処方箋や、若い人たちに向けたメッセージまでもがきちんと示されているので、「いたずらに不安にさせられた!」と腹を立てるには及ばない。

    10の処方箋のうち最も感心させられたのが、「高齢者の削減」。ここまで、とにかく厳しい(悲観的な)ことばかりを言ってきた著者なので、まさか…とドキリとさせられるが、要は「高齢者」の定義を変えようというのだ。
    現在、「生産年齢人口」とは15〜64歳と定義されている。これを19〜70歳にスライドさせよう、というのが著者の主張である。
    いまどきの60代は、10年前(50年前ではない、「わずか」10年前である。これには少々驚かされた)の60代より、知的・精神的・肉体的に5〜10歳は若いという。この人たちを、「60歳になったから」とただ遊ばせておくのはもったいない。
    また同時に、いまどきは15歳で社会に出る人はごく少ない。15〜64歳ではなく19〜70歳が、現在の日本社会の実情には合っている——まことに当を得た指摘である。
    64歳には個人差もあろうが、15歳のほうはまったくそのとおり。かつ、64歳より目につきにくかった箇所である。思わず膝を打った。

    「死ぬまで働かせるつもりか!」と反発する人もあろうが…と著者は言うが、まさしく自分の親やよく知る上司がこの年代にさしかかりつつある私としては、その反論こそナンセンスに思えた。
    60歳でいきなり「毎日が日曜日」になってしまったら、いったいどれだけ老け込んでしまうことか。自分自身を取っても、死ぬまで働くのか…などといった慨嘆より、60歳になったからと問答無用で社会から放り出されたらたまらない、という思いのほうが強い。働けるうちは働きたいし、そうすればなんとか食べていくことができるだろう——「年金だけ」「賃金だけ」では、それが叶わない額だったとしても。
    それには、人生の楽しみをすべて「定年を迎えた暁には…」と先送りさせられるような過重労働社会を変えるとか、そもそも年齢で区切らず、労働に耐えられない者に(若くても重病を患うなど)年金が支払われる方式に切り替えるなど、いくつもの変革が必要になるだろう。しかし、これは世に数多ある「少子高齢化・労働人口不足対策」の中でも有数に実現へのハードルが低く、効果が大きい策に思えた。

    2017/6/22読了

  • 基本的に正しい予測と提案だと思う。
    人口の将来予測と問題点はわかりやすいはずなのに、なぜ今までまともに対応していなかったのか不思議だが、それは何をするにしても現在生きている人には不利益になり、有権者が選ばないからだろう。

    以下は読書メモ:

    高齢者数の増加を意味する「高齢化」と、高齢者の割合が増える「高齢化率の上昇」は違う。
    地方は高齢化率は高いが、高齢者数はそれほど増えない。若者が少なくなって高齢者も増えようがない。大都市部はその逆。

    高齢者数が増える「高齢化」と、子供の数が激減する「少子化」とは、全く種類の異なる問題。
    少子化対策が功を奏して出生率が上がっても、高齢者の数が減るわけではない。

    日本の問題点は、人口減少をもたらす出生数の減少、高齢者数の増加(率でなく)、社会の支え手である勤労世代の減少。しかも、これらが全国一律に進むわけではないこと。

    政府の対策案 外国人労働者、AI、女性、高齢者 これらは取り組むべきだが、切り札にはならない。
    提案する5つめの選択肢は「戦略的に縮む」

    戦略的に縮む
    1 高齢者を削減 年齢区分を変える
    2 24時間社会からの脱却 不要不急の過剰サービスを見直す
    3 非居住エリアを明確化
    4 都道府県を飛び地合弁
    5 国際分業の徹底

    豊かさを維持する
    6 匠の技を活用
    7 国費学生制度で人材育成

    脱東京一極集中
    8 中高年の地方移住推進
    9 セカンド市民制度を創設

    少子化対策
    10 第三子以降に1000万円給付 第1子対策は結婚支援、第2子対策は長時間労働の是正、第三子以降対策は経済支援
    社会保障費循環制度 死んだら返す

  • 2015年発表の国勢調査で人口減が報告された。これから日本の人口は減少する。それは厳然たる事実である。人口動態ほど予測しやすい未来はないのである。本書は、人口減少がどのようにして起こるのか、それはどのような影響があるのかについて丁寧に解説する。

    まず、自分がぎりぎり生きているかもしれない40年後に2015年に1億2,700万人から9,000万人を下回ることになる。これだけではない。出生数の減少、高齢者の激増、勤労世代の激減、といった人口構成が激変した上で人口減少であることを理解しなくてはならない。これは介護離職の増加によってますます悪循環に陥り、無年金・低年金の高齢者が増え生活保護受給が増えることでますます勤労世代にかかる負担が重くなることも想定される。高齢者の高齢化、ひとり暮らしの高齢者世帯の増加、なども問題を深刻化させる。空き家や空きマンションの問題も顕在化する。

    こういったことを予測した「人口減少カレンダー」に示されている。

    例えば、
    ・2018年 75歳人口が「65歳~74歳」人口を上回る
    ・2020年 女性の過半数が50歳以上となり、出産可能な女性数が大きく減り始める
    ・2021年 団塊ジュニア世代が50代に突入し、介護離職が増え始める
    ・2024年 団塊世代がすべて75歳以上となり、社会保障費が大きく膨らみ始める
    ・2030年 団塊世代の高齢化で、東京郊外にもゴーストタウンが広がる
    ・2045年 東京都民の3人に1人が高齢者となる
    ・2050年 団塊ジュニア世代がすべて75歳以上となり、1億人を割り込む
    など...


    問われているのは、人口減少や高齢化に耐えうる社会の構築である、という。具体的で実行可能な施策と準備が必要なのである。特に今後問題になるのは都心部での高齢者数の増加である。実際には地方での高齢化”率”の上昇よりも大きな社会問題になる可能性がある。

    著者は高齢化の問題に対していくつかの提言を行っている。

    1. 「高齢者」の削減 (高齢者を定義する年齢の変更)
    2. 24時間社会からの脱却 (利便性の放棄)
    3. 非居住エリアを明確化 (コンパクトシティ推進)
    4. 都道府県を飛び地合併
    5. 国際分業の徹底
    6. 「巧の技」を活用
    7. 国費学生制度で人材育成
    8. 中高年の地方移住推進 (脱・東京一極)
    9. セカンド市民制度を創設
    10. 第三子以降に1000万円給付

    実現が非常に難しいものもあるだろう。いずれも個人のレベルで見ると少なくとも痛みを伴うものも少なくない。これで十分だとも言えないし、これが最善だとも言えない。それでも何かがなされるべきである。どちらかというとこれから高齢者と呼ばれる側に入っていこうとする立場からすると胃の中に何か重いものを感じるような議論である。


    暗いよ。でも、その暗闇は見られないといけない。この本はベストセラーにもなったという。少なくとも暗闇の方に視線を向けることができたのではないのだろうか。もっと議論されてよい本。いずれにせよこのテーマに関してはこれで十分に議論されたということにはならないのだから。

  • 誰でも「考えたくないこと」、「手をつけたくないこと」、
    「面倒だと思うこと」はありますが、
    今の日本社会、政府、企業、家族にとってみれば、
    それは、人口減少社会への対応です。

    日本は人口減少社会に突入しています(05年~)。
    これから(15年ベース)、2030年にかけて、人口は2500万ほど減り、
    そして労働者は1300万減ります。
    人口統計ほど、ほぼ確実に当たる統計はないので(戦争や大規模災害が発生しない限り)、
    この数字が意味することを考えるには(自身の対策含めて)、
    この本はとても役立ちます。

    人口減少社会で、日本社会はどう変わるのか?
    社会、企業、家族、個人はどう変わるのか?
    この視点で書かれた本は、意外に少ない。
    財政の面であったりとか、企業の視点で書かれたものは、
    ありましたが、「ざっくばらん」に書かれたものは、
    ほとんどなかったと思います。

    正直言うと、気が滅入る内容です。
    あまりに、現実的過ぎて、かつ確実に起こるだろうと、
    既にわかっているので、、、

    じゃあ、対策を今のうちに、、、と考えますが、
    正直、どこから手をつけていいかわからないでしょう。
    知っているけど、わかっているけど、やれないというのは、
    個人だけではなく、国もそうです。

    つまり日本の社会システムを根本から、変更しなければいけないからです。
    それは、既得権益を破壊するということとイコールなので、
    誰も手をつけたがりません。

    この著作には、数多くの統計とその数字がピックアップしているので、
    自分の今の年齢に置き換えて、読み進めていくのも、
    良いと思います。

    日本でこれから起こることは、
    過去に前例が、ほとんどありません。歴史に学ぶといっても、
    長期にわたって、人口が減り続けて、働き手が減るという社会の中で、
    どうするか?その前例はありません。
    よって、前例主義が支配している日本の官僚制では、
    対応できないということです。
    問題が発生したら、対応、発生したら、対応という感じで進めるでしょうが、
    これから、問題の発生が、四方八方から出てきます。優先順位をつけて対応とか、
    そういうレベルではなく、どれもTOPクラスに対処しなければいけない問題です。

    大変不謹慎な言い方ですが、3年おきに、大震災が起こると同じような、
    感じになります。それだけ、事の大きさが、でかいということです

    よって個人がすることは、政府や役人、政治家に期待しないということです。
    期待すると、確実に裏切られるからです(ただ、一縷の望みで選挙には行きましょう)。
    期待せずに、自分ができること、家族と協力してできることを、
    早急に考えて、実行していく他ないと思います。

  • 少子高齢化というのはずいぶんと前から言われていて知識としては知っているし、街を歩いてもいつの間にか高齢者が非常に多いと感じてはいましたが、ここに書かれているようなことまでは思ってもいませんでした。まずありえないけれども現在1.44人の出生率が仮に2.0人になったとしても、そもそも出産可能女性がすでに少なくなっているので人口減にはまったく歯止めはかけられないこと、人口が減っていけば人手不足が深刻になり社会のインフラを支えることがそもそもできなくなること、病院があっても医師が足りない、医師がいても輸血用血液が足りないので治療ができない、自衛隊の人が足りなくなると国を守ることができなくなる、etc。この年にこういうことが起きるという年表と言うよりも、徐々にそうなっていくという方が正しいと思いますが、それでも非常にインパクトがあります。今の日本は個人主義が行き過ぎていて、自分の時間を大切にしたいから結婚しないとか言っていると、将来自分が高齢者になったときに支えてくれる人がいなくなるということを知ってほしいものです。この本はすべての政治家に読んでもらい、目の前の選挙だけでなく長い目で日本をどうするのか真剣に考えてほしいと切に願います。


    2017年 「おばあちゃん大国」に変化
    2018年 国立大学が倒産の危機へ
    2019年 IT技術者が不足し始め、技術大国の地位揺らぐ
    2020年 女性の2人に1人が50歳以上に
    2021年 介護離職が大量発生する
    2022年 「ひとり暮らし社会」が本格化する
    2023年 企業の人件費がピークを迎え、経営を苦しめる
    2024年 3人に1人が65歳以上の「超・高齢者大国」へ
    2025年 ついに東京都も人口減少へ
    2026年 認知症患者が700万人規模に
    2027年 輸血用血液が不足する
    2030年 百貨店も銀行も老人ホームも地方から消える
    2033年 全国の住宅の3戸に1戸が空き家になる
    2035年 「未婚大国」が誕生する
    2039年 深刻な火葬場不足に陥る
    2040年 自治体の半数が消滅の危機に
    2042年 高齢者人口が約4000万人とピークに
    2045年 東京都民の3人に1人が高齢者に
    2050年 世界的な食料争奪戦に巻き込まれる
    2065年~外国人が無人の国土を占拠する

  • 久しぶりに強い衝撃を受けた一冊。
    年表で将来の姿を示されることで、危機感がどんどんと高まっていく。
    この本は中学一年生の息子にぜひ読んで欲しいので、プレゼントしようと思う。

  • 最近、独身の人が多いけど、独居老人が増えそうなんて思ってたら、それどころじゃ無いんですね。
    日本が無くなってしまう程の、危機だったなんて。然も、ほんの少し先の未来なんて。早く対策をして欲しいです。

  • 超高齢化社会、少子化社会と言われているが、ここまで具体的に「年代」「人口」「年齢」「男女比」「年齢比」「自治体の状況」などを示されると驚きを通り越して恐怖すら感じる。人が減るということは働く人も減るということで、治安、行政、医療など全てが滞る可能性が高いということ。また、少子化問題でよく取り上げられる合計特殊出生率も、細かな数字で大騒ぎしているが、そもそも女性の数が減っているので、多少数字が改善しても子供の数そのものは増えず、人口減・少子化は止められない。これ、言われればその通りで正しく理解するべきと実感。単なる問題提起に終わらず、巻末には処方箋が提案されている。なかには実現困難と思われるものもあるが、数字に基づいた提案なので説得力があり、新たなビジネスの参考になると思う。

  • ステレオタイプの「少子高齢化」に違和感を感じ、楽観も悲観もするまいと感じてたところ、絶好の本にめぐりあえた。
    第1部「人口減少カレンダー」では、“これでもか!”というくらいのデータで思わず悲観的になったが、第2部「日本を救う10の処方箋」では具体的かつプレイフルな提言がなされている。
    「戦略的に縮む」、「日本版大学連携型CCRC」は仕事でも大いに参考になる。家族にも薦めよう。

  • 人口推移というのはかなり精度が高いと言われておりこの本の前半では
    ほぼ絶望しかありませんでした。
    私には(このご時世に珍しく)子供が5人いますが子供たちに
    こんな絶望的な未来しか残せないのかと暗い気持ちで読み進めました。

    30代中盤世代である私が子供の頃には既に高齢化社会が到来すると
    学校などで教えられてきていたので昔から分かっていたことだと思いますが
    今までろくな対策もないままにここまできてしまったかと驚愕します。
    とはいえ何もしてこなかった過去の大人たちを批判しても建設的でないので
    我々世代が中心となって今までの延長線にある日本ではなく
    新しい日本を設計していかなければならないのだなと感じました。
    (筆者の言うように戦略的に縮んでいくということも含めて)

    今後そういう取り組みに草の根的な感じでも構わないので関わって行きたいと
    思わせてくれる本でした。

未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)のその他の作品

河合雅司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
三浦 しをん
フィル・ナイト
リンダ グラット...
伊賀 泰代
佐々木 圭一
トマ・ピケティ
ベン・ホロウィッ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする