ハイデガー『存在と時間』入門 (講談社現代新書)

著者 :
  • 講談社
4.11
  • (2)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :74
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (448ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062884372

作品紹介・あらすじ

二〇世紀最高の哲学者といわれるマルティン・ハイデガー。その出世作にして代表作、『存在と時間』は、哲学史上、最も難解な書として知られています。
プラトン、アリストテレスによって完成されたギリシア哲学に始まり、以後、2500年の歴史を持つ西洋哲学の通念をすべてひっくり返すという、前代未聞の企ての大胆さ、ハイデガー自身の言い回しの必要以上の難解さ、加えて日本語で読む場合には、ドイツ語を日本語という全く文法システムの異なる言語へと翻訳しなければならないという、もう1つ余分なハードルまでもが加わって、専門家以外には、なかなかその真意が伝わらないのが現状です。
そこで本書では、巷でよく見られるハイデガー的な「業界用語」を排し、可能な限り日常の日本語で『存在と時間』を理解することを目指しています。そのために著者はこの本の執筆に10年の歳月をかけました。
『存在と時間』の章立てに従って、それぞれの章ではハイデガーが何を問題にし、何を言いたかったのかが、原文を忠実に読み解いた上で平易な日本語で読み解かれて行きますので、この1冊で、翻訳書で『存在と時間』を読むよりははるかに容易にその内容を理解することができます。また、なぜハイデガーはこの書を完成させることができず、未完のままに終わったのか。その「限界」についても、本書を読み進めていけば、おのずと理解できるでしょう。
その難解さゆえに謎めいた魅力を放つ『存在と時間』という書を理解するのに最適です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ハイデガーが『存在と時間』という書物の中で考察しようとしていた内容を解き明かしている本です。

    同じ講談社現代新書から、すでに仲正昌樹の『ハイデガー哲学入門─『存在と時間』を読む』が刊行されていますが、仲正の本が『存在と時間』の既刊部分で論じられている実存思想に焦点を絞って、比較的わかりやすいことばでその内容を解説しているのに対し、本書ではハイデガーその人の思索の道行にしたがいつつ、彼がめざしたものが何であったのかを明らかにしています。

    本書では、キシールによって解明された『存在と時間』の成立過程について、非専門家にもわかりやすく説明がおこなわれているとともに、ハイデガーがカトリック神学などのキリスト教の思想から影響を受けていることに注目し、本来性と非本来性の区別や「良心の呼び声」など従来の解説では正面からとりあげることが回避されてきた問題に、あくまでハイデガー自身の思索の内からその意義をたどることが試みられています。

    また最終章では、『存在と時間』が挫折に終わった理由についての考察がおこなわれています。そこでは構想力をめぐってカントが展開した時間論からの影響が指摘されるとともに、現存在の時間性を「地平の統一」として描き出そうとしたことが、地平を定立する主体を想定してしまうという問題を孕んでいたことが指摘されています。

    431ページという、新書にしてはかなりのヴォリュームになっており、内容面でも『存在と時間』にくわしく立ち入って議論が展開されています。ハイデガーの思想の根幹にあるものに触れることのできる、かなり本格的な入門書といえるのではないでしょうか。

  • 事なかれ主義で評価を気にしてなんとなく生きてる人は中盤あたりで、色々と発見があると思います。

  • 個別性をもったわれわれの本来性である「良心をもとうと意志すること(≒覚悟)」に関してアリストテレスの議論に触れているところで、「何かに対して心構えをもつこと」と意訳した「ヘクシス(性状)」を「おのれの状況においておのれの問題に対して持ち場についていること」と特徴づけた。
    この「持ち場についている」という表現がとても印象に残った。

  • 2017年9月11日到着。ブログ・ポイントで購入。amazonで粘着質の人(京都系?)が、ひどい書評を書いているので、どれほど的外れか確かめてみる。9月中に読み終わったが、11月に入って再読。日本の学者によくある、対象であるハイデガーを絶対視し過ぎているかも。

  • なかなか難解であった。まあ難解な書物の入門なんだから、難解なのは仕方ないのかもしれない。「存在」について、「いま、ここにある」という意味での「存在」を否定し、過去からの継続と未来へのありうる可能性を全部ひっくるめて「存在」とよぶ、とハイデガーが構想していたことはわかった・・・ような気がする。

  • 東2法経図・開架 B1/2/2437/K

全6件中 1 - 6件を表示

ハイデガー『存在と時間』入門 (講談社現代新書)のその他の作品

轟孝夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ グラット...
佐藤 雅彦
田中正人
有効な右矢印 無効な右矢印

ハイデガー『存在と時間』入門 (講談社現代新書)はこんな本です

ハイデガー『存在と時間』入門 (講談社現代新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする