知ってはいけない 隠された日本支配の構造 (講談社現代新書)

著者 :
  • 講談社
3.70
  • (26)
  • (29)
  • (35)
  • (6)
  • (3)
本棚登録 : 460
レビュー : 43
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062884396

作品紹介・あらすじ

私たちの未来を脅かす「9つの掟」の正体、
最高裁・検察・外務省の「裏マニュアル」とは?

なぜ日本は米国の意向を「拒否」することができないのか?

3分で日本の深層がわかる四コマまんがつき!

みなさんは、世田谷区や中野区、杉並区の上空が
米軍に支配されていることをご存じですか?

あるいは、米軍に与えられた治外法権が
日本の国土全体に及んでいることを知っていますか?

「なにをバカなことを…」と思われる方がいらっしゃるかもしれません。
しかし、これらは公文書によって裏付けられた疑いようのない事実なのです。

じつは、私たちが暮らす「戦後日本」という国には、
国民はもちろん、首相や官僚でさえもよくわかっていない
「ウラの掟」が存在し、社会全体の構造を歪めています。

そうした「ウラの掟」のほとんどは、
アメリカ政府そのものと日本とのあいだではなく、
米軍と日本の官僚とのあいだで直接結ばれた、
占領期以来の軍事上の密約を起源としているのです。

3つの「裏マニュアル」ともいうべき
最高裁の「部外秘資料」、検察の「実務資料」、
外務省の「日米地位協定の考え方」を参照しながら、
日米合同委員会の実態と対米従属の根幹に迫り、
日本における「真の権力構造」を徹底解明します。

累計17万部を突破した
『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか』
『日本はなぜ、「戦争ができる国」になったのか』の
著者が「戦後史の闇」に光をあてた、渾身の集大成!


◆本書のおもな内容◆
第1章 日本の空は、すべて米軍に支配されている
第2章 日本の国土は、すべて米軍の治外法権下にある
第3章 日本に国境はない
第4章 国のトップは「米軍+官僚」である
第5章 国家は密約と裏マニュアルで運営する
第6章 政府は憲法にしばられない
第7章 重要な文書は、最初すべて英語で作成する
第8章 自衛隊は米軍の指揮のもとで戦う
第9章 アメリカは「国」ではなく、「国連」である
追記  なぜ「9条3項・加憲案」はダメなのか

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今週突然、オスプレイが当初予定を前倒しして配備される旨の発表がされました。
    ちょうどこの本を読んだ直後だったのでまさに!と今驚愕の思いでニュースをみています。

    本書は、日本と在日米軍の関係性について解説した本です。
    目次からして衝撃的。

    ・日本の空は、すべて米軍に支配されている
    ・日本の国土は、すべて米軍の治外法権下にある
    ・国家は密約と裏マニュアルで運営する
    ・自衛隊は米軍の指揮のもとで戦う
    等々・・・

    戦後処理の不手際が現在まで多大な影響を及ぼしており、だから日本は米軍の犯罪にも寛大だし、オスプレイの件も口出し出来ないし、基地もなくならないんだとやっとわかりました。
    だからって自国を守れない日本の現実もあるし、本当に難しい問題なんですね。

    北方領土問題も、実はこれらの密約のせいで100%絶対に解決できないそうです。
    アメリカの思惑もロシアの思惑もわかるだけに、確かに解決できるはずはないと納得してしまったよ・・・

    とりあえず、国民が一人でも多くこの事実を知り関心を持つことが大事だと思いました。

  • さすがに、日本の空の米軍管理空域や日米合同委員会の存在は最早公然だろう。しかし、砂川判決の田中耕太郎最高裁長官が実はアメリカのパシリで、マッカーサー駐日大使から裁判の日程や判決の方向性についてなんども密談していたという厳然たる事実は知らなかった。それなりに尊敬していた学者だけにショックも大きい。結局、朝鮮戦争に端を発したアメリカ軍の反共軍事体制に、国連憲章を利用した法的ロジックと米軍と日本政府の密約によって組み込まれ、日本のレジームが決められてきたということか。知ってはいけないのではなく、知らなければいけないこと。すべて検証可能な事実の積み上げで発覚した事実だから。

  • マンガ
    https://goo.gl/EZij2e

    1.日本の空は全て米軍に支配されている

    日本の首都圏の上空は米軍に支配されており、日本の航空機は米軍の許可がないとそこを跳ぶことが出来ない(横田空域)。しかし、この巨大空域について国内法の根拠はない。沖縄の嘉手納空域があるため、那覇空港へ着陸する飛行機は30キロ以上手前から高度300メートル以下で飛行しなければならない。
    航空法特例法第3項によれば、米軍機は航空法第6章の規定は適用しない。つまりどれだけ危険な飛行をしても構わない。

    2.日本の国土は全て米軍の治外法権下にある

    戦後70年以上たってもなお国土全体がある米軍に対して治外法権下にある。日本国の当局は所在地のいかんを問わず米軍の財産について捜索、差押え、または検証を行う権利を行使しない。

    3.日本に国境はない

    米国は米軍を日本国内およびその周辺に配備する権利を持っている。これにより米軍関係者は何のチェックもなしに横田基地から日本へ入国できる。

    日本は米軍に対して日本国内に基地を置く権利と、他国を攻撃する権利の両方を与えてしまっているので、「憲法9条にノーベル平和賞を」と言うのは現実離れした主張であることに気づかなければならない。

    米と日韓台は軍事的従属関係にある。

    4.国のトップは米軍+官僚である。占領中に出来た異常な会議体である日米合同委員会のメンバーは、米国側はほぼ軍人、日本側はエリート官僚。

    5.国家は密約と裏マニュアルで運営する。オモテの条文は変えても、その内容は以前と変わらないという密約。

    6.政府は憲法に縛られない。砂川裁判・最高裁判決の「日米安保条約のような高度な政治性を持つ問題は憲法判断しませーん」これが元凶で憲法が機能しなくなった。

    7.重要な文書は最初すべて英語で作成する。憲法9条のルーツは大西洋憲章。

    8.いったん戦争になったら自衛隊は米軍の指揮のもとで戦う(指揮権密約)。

    9.占領中の関係をそのまま維持するかたちで、日本は独立後も国連軍の代わりの米軍に対して基地や兵力を提供することとした。これは日米安保の生みの親、ジョン・フォスター・ダレスのトリック。

    10.なぜ9条3項・加憲案はダメか。憲法9条は日米安保条約とセットで存在している。裏には基地権密約と指揮権密約があるため、憲法で自衛隊を容認してしまうとその先にあるのは米軍による日本の自衛隊の軍事利用体制の完成。

  • 著者の本は初読。
    横田空域の存在は知っていたが、問題は航空管制権に止まらず、日米合同委員会の存在により米国サイドのシビリアンコントロールの喪失、日本サイドでの立憲民主主義の喪失にまで及んでいることを知り、衝撃を受けた。朝鮮戦争時の戦時体制が70年近くも続いているなんて…
    この本に書いてあることは著者の妄想ではなく、全て公文書の裏付けがある事実。まずはこの事実を国民全員が認識した上で、真っ当な独立国として日本がどう歩んで行くかを考えたい。

  • 「なぜ日本国憲法は今の文面なの?」「どうして日米安保がこんな不平等なの?」

    改憲議論が盛んにもならなずに首相だけがいきり立つ今、どういう経緯で日本国憲法が出来、なぜ日米地位協定は存在し、それが憲法より上位と位置付けられているのかなど、本当はこういう知識を前提に議論を活発化させて行くべきだと思わせる内容がてんこ盛り。
    日米合同委員会に日米行政協定、大西洋憲章。
    どうして日本には主権が無いのか。(アメリカの属国のままだと言えるなのか。)
    1つでも知らないなと思った時に読む良書。

    すごくわかりやすく、しかし丁寧に書かれていると思った。

  • 敗戦から現在まで、日本は米国、米軍に隷属してきた。
    それが、どういう仕組であったのか、ということが書かれていた。
    その調査、分析なんかについては、なるほどなぁと感じるところが多く、そこだけなら星4つ半の内容。

    しかし、結論として「世界が退けるべき無責任な軍国主義はこのあまりに従属的な二国間関係のなかにこそ存在している」と断じているところには、違和感しか感じない。
    これからは、中国が興隆する時代であろうかと想像しているが、彼らに軍事力などによる、拡張への野心がないとは到底思えず、日本の国益を守るために、現実的になにができるか、を考える際に、「この歪んだ従属関係から脱却すること」が「非常にプラス」になる、とは全く思えなかった。結論が残念。それだけ。

  • 朝鮮戦争戦時体制の米国、というより米軍による支配状態が継続されてきたのが現在の日本であるようです。そのことを、日本政府と米国(米軍)間の密約(米国で公開されている)や、それら密約の元となった原案を読み解くことによって著者は明らかにしています。どうやら、日本に米軍基地があるんじゃなくて、日本という島全体が米軍の基地、ってことです。米軍関係者として日本の米軍基地に来るなら入国審査なんて無いし、そこから日本内をうろうろしていても、治外法権だし、第3国にも行き放題。日本の基地から外国に攻め込んでも問題なし。そもそも日本を守るためにある米軍の基地じゃない、ということ。日本国憲法、特に前文と9条の意味も、その生い立と起源から明確に説明されています。米軍=国連軍の代わり、であり、自衛隊はその指揮下にあるらしい。こりゃ、日本はまともな独立国家なんかではないということで、非常に残念なのですが、現状をとてもすっきりと理解できました。実際、こうなんだろうと思う。じゃぁどうすれば良いか、という具体的な提言は述べられていませんが、まずは現実を認識して、立ち位置をはっきりさせることが大事なようです。

  • 米軍には
    ・日本の国土を自由に軍事利用できる権利がある
    ・戦時には自衛隊を自由に指揮できる権利がある
    という密約があることを解説した本。
    その密約の延長線上に安倍首相が推進している「自衛隊の存在を憲法に明記する」という考えがあると知って恐ろしくなった。
    さらに、この権利を利用することで自衛隊を世界中どの戦地へも連れ出してしまうことができる、という考えも現実味がある。
    また、この密約がなければ日本は自分のことは自分で守らなければならない。そのためには徴兵制が必要か、など奥深い問題も考えさせられた。
    ただ、本としてはその密約の根拠を延々と論じているので飽きてしまう。

  • 日本は米国の属国。
    というのをわかりやすく解説した本です。

    日本の上空を日本の飛行機が自由に飛べないというのは、知らない人はびっくりだと思う。

    私はある程度知っていたので衝撃はないが、あらためて本として読むと日本はアメリカの属国というか、戦後(敗戦)から完全に脱却してないのがよくわかる。

    まさにジャイアンとのび太の関係。

    日本に米軍基地があるのは、日本を守るタメもあるが、日本が悪さをしないように監視するため。

    教養として、こういう本を1冊読んでおくといいかもしれないです。

    まあまあオススメです。

  • 初めて氏の著作を読んだ。矢部氏は7年前に、あまりにも簡単に鳩山内閣が崩壊したことと福島原発事故の被害者の人権が無視される実態に衝撃を受けて、日本の支配構造を調べてたどり着いた結論を述べている。

    ここに書いていることの8割から9割は、私を含めて長いこと平和運動をしている者にとっては常識の部類に入るだろうと思う。では面白く無かったかといえば、大変面白かったと言わなければならない。平和運動家たちがこの数十年間で書いてきた本が、果たして半年間で8万部も売れただろうか。私たちの常識は、国民の常識にはなっていないのである。だから、安保法(戦争法)というとんでもない法律を成立させてしまった。矢部氏の論理の展開の方法は、少なくとも長い戦後のジレンマを破るヒントがあるかもしれない。私はそのようにして読んだ。

    例えば私たちは今迄「全ての元凶は安保条約にある!」と声を枯らして叫んできた。国民の反応はほとんど無かった。政府と財界が「安保を破棄するなんてあり得ない」ということを何十年もかけて国民を「教育」してきたからである。この本も、大枠では安保元凶論を書いているのに過ぎないのであるが、私たちの轍は踏まない。矢部氏は今まで書いてきた本の中で、何処が読者の関心を引いたのか、それを強調しながら論理を展開する。

    つまり、
    ○日本の首都圏の空は米軍に支配されている(横田空域)。しかも、支配されているのは、首都圏だけではなく、日本の全ての空であり、必要とされれば日本の全土である(全土基地方方式)。
    ○その仕組みは、月2回の「日米合同委員会」にある。
    と、いうものだ。

    「そんなバカな!」とみなさんは言うかもしれない。と受けて、何度も何度も条文や公文書を元に論理を展開する。強調すべきところは必ず太文字にする。強調すべきところは、本文の中で2回は繰り返す。ホントに強調すべきことは、5回ぐらい繰り返したかもしれない。更には章ごとの表紙裏に、内容をマンガで要約してみせる。

    こういう(しつこいぐらいの)読者に寄り添う姿勢は、少なくとも私には無かった。

    今回の本のいろんなレビューを読んでいると、「砂川裁判の最高裁判決」によって、安保条約(と高度に政治的問題)を日本国憲法よりも上位に置く日本の仕組みができていることへの反応が多かった。
    北方領土返還が安保条約の為にムリという仕組みにも反応が多かった。参考にしたい。「なぜか、うすうす感づいていた」という感想も散見する。それこそが、この60年間の運動で宣伝してきた「成果」なのかもしれない。その醒めた意識を「怒り」に変えるのにはどうすればいいのか、まだまだ課題は多い。また、密約の内容では新しく知った部分が多かった。勉強になった。

全43件中 1 - 10件を表示

知ってはいけない 隠された日本支配の構造 (講談社現代新書)のその他の作品

矢部宏治の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村田 沙耶香
トマ・ピケティ
三浦 しをん
リンダ グラット...
塩田 武士
有効な右矢印 無効な右矢印

知ってはいけない 隠された日本支配の構造 (講談社現代新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする