不死身の特攻兵 軍神はなぜ上官に反抗したか (講談社現代新書)

著者 :
  • 講談社
4.16
  • (102)
  • (126)
  • (37)
  • (7)
  • (2)
本棚登録 : 986
レビュー : 137
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062884518

作品紹介・あらすじ

太平洋戦争の末期に実施された”特別攻撃隊”。戦死を前提とする攻撃によって、若者たちが命を落としていった。
だが、陸軍第一回の特攻から計9回の出撃をし、9回生還した特攻兵がいた。その特攻兵、佐々木友次氏は、戦後の日本を生き抜き2016年2月に亡くなった。
鴻上尚史氏が生前の佐々木氏本人へインタビュー。
飛行機がただ好きだった男が、なぜ、軍では絶対である上官の命令に背き、命の尊厳を守りぬけたのか。

我々も同じ状況になったとき、佐々木氏と同じことができるだろうか。
戦後72年。実は本質的には日本社会は変わっていないのではないか。
本当に特攻は志願だったのか、そして、なぜあんなにも賛美されたのか。
命を消費する日本型組織から、一人の人間として抜け出す強さの源に迫る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読むのがとまらなくなる内容でした。

    第2章は初めて知ることばかりでした。
    特攻のリアル。「命令された側」の人たちのリアル。
    ギリギリの選択。その先の現実。

    第3章のインタビューは、インタビュアーの心の震えが伝わってくるようなやりとりに感じられました。
    多くは語らない、けれど信念のある人の言葉。
    特攻のリアルを経験された方の言葉。
    読み進むにつれてため息が、言葉にならない言葉がため息となってこぼれてくるインタビューでした。

    第4章は、熱を感じる文書でした。
    「命令する側」「命令される側」そして「傍観者」。
    饒舌な傍観者と、閉ざされてゆく当事者の言葉。
    立場を分けて論じることの必要性に胸を刺される内容でした。

    どのような意思を持つ人が、どのような状況の中で、どのような選択をし、そしてどのような結果を引き受けてきたかが描かれています。
    読みたくて読んで、そして読んでよかったと心から思えた一冊でした。

  • 非常に示唆に富む内容でした。
    日本型組織の「病的部分」に関して、いかに立ち向かうのかということを、
    教えてくれる良書になっていると思います。

    改めて、以前の旧日本軍の組織論理、日本人の思考方法が、
    如何に合理的ではなく、個人を犠牲にして、「組織の存続だけを目的」にすることがわかります。
    この著作は、戦中の話しですが、今の日本の状況を考察する上で、非常に役立つ視座を与えてくれます。

    最近ふと思うのは、特攻をしていた時とは、時代背景も、日本の置かれた状況も、国力も違いますが、
    今、日本は「戦時下」にあるんじゃないかと。

    また日本は再度、無謀な「戦争」へと突入しているんじゃないかと。
    以前の戦争は「敵]がいましたが、今回の戦争は、「敵」がいません。

    今の「戦時下」という状況は、以前と様相がかなり違います。
    以前は、ABCD包囲網より、物資がありませんでしたが、
    今は、外国に依存しながら、物資があります。
    しかし、多くの人が「何か」が足りないと感じています。

    以前は、みんな貧しく、国から好き嫌い関わらず、
    団結するように強制されましたが、
    今は、国民間で経済的かつ心理面での2極化が急速に進み、
    もう互いに助け合うことも、繋がることも、団結することもできなくなりつつあります。

    以前は、国のために命まで捧げていましたが、
    今は、自己利益のために、他人の命を犠牲にするようになっています。

    このあまりに違う「二つの戦時下」ですが、方向性は以前と同じように日本の崩壊です。
    日本は、着実に崩壊へと向かっているんじゃないかと。

    以前は、300万人以上のおびただしい犠牲者を出しましたが、
    今は、生きていることに絶望感を感じている人がどんどん増えていっています。

    黒船来航から日本は外部からの圧力により「変化」せざるを得なくなりました。
    日本は自力で「変化」するのを得意としていません。
    かならず、外部要因で「変化」する国です。
    日本は、明治維新を経て、日清、日露戦争に突き進み、絶望的な太平洋戦争に、
    進みました。多くの人が、あの戦争に反対しました。
    なぜなら、「必ず敗ける」と、多くの首脳部が知っていたからです。

    そして多大なる国民の命と財産を犠牲にして、
    再度外部からの強制的圧力で日本は「変化」しました。

    今、日本が最後に「変化」してから、70年以上経ちました。
    そして、最近再度「外部圧力」が起こりました。
    東日本大震災による福島の原発事故です。

    原子力発電は、戦後日本の経済発展と技術の象徴です。
    その象徴が実は国民の安全と生活を脅かす、凶器とわかりました。

    この「原発事故」が、日本にとって、「変化」する機会でしたが、
    どうやら、日本はもう「変化」できないのかもしれません。
    それは、自力で「変化」することを、
    日本人は、絶望的に得意としていないからです。
    それは、端的に言えば、「変化」することが、怖いからです。

    日本は今「戦時下」にあるような感じがします。
    行先は、国の破綻です。
    「そんなことはない!」と言う人は、
    多くが自己利益のため「だけ」に発言しています。

    歴史を振り返るのならば、
    日本人は、再度、「外部の圧力」が訪れることを、
    黙って待つしかないのかもしれません。
    でも、今度「外部の圧力」来るのは、いつになるのでしょうか?
    それまで、この「戦時下」を耐えられるのでしょうか?

    自分たちは、再度、太平洋戦争に突入しているときのように、
    絶望的な状況の真っ只中にいるんじゃないかと。

    その状況を、「おかしい!」と声に出すと、
    それは、「言ってはいけないこと」、「良くないこと」と「自動的」に判断されます。
    それは、今、日本の「空気」となっているような感じがします。
    鴻上氏も、その「空気」を感じ取って、この著作を出版したように思います。

    事実を事実として、発言し、客観的な分析を加えながら、意思決定をし、最適解を見つけるのは、
    「変化」する上での適切な方法です。
    しかし、この「方法」を行おうとすると、
    以前と、同じようにように、言った人は「非国民」扱いされます。

    あまりに似ている「今」と「以前」、
    その「以前」を知り、そして、個人がどう対応するかを考える上でも、
    この本は、非常に有益だと思います。

  • 9回出撃して生還した特攻兵、と聞いて、9艦撃沈かと思ってたが、そんなことはなかった。実際に、爆撃に成功したのは一艦だけ。
    だがまさに、特攻というもの、それがなんであったかを知る良著。
    著者が実際にこの特攻兵にインタビューしてる内容は、残念ながら本としてはさほどインパクトがあるわけではないが、取材の中から浮かび上がって来た、特攻というものの意義を問う。
    命令する側が命令される側を語るな。
    いわんや、自分をそっち側と同一視するな。
    なぜ、こんな異常な事態が、効果がないと判っていながらやめられなかったのか。いろんなことが見えてくる。

  • 何故か戦争を題材にした書籍は、数年おきに読んでいる。時々発作的に手に取り、読んで憤慨し、今の自分や社会に置き換え、変わらないなとちょっと絶望し、またボーッとした日常に戻るというサイクル。
    9回も出撃し生還と謳われた佐々木さんの当時の心境や状況に、純粋に興味があった。取材当時まだご存命だったことは鴻上さん同様驚きだったし、貴重なことだと思った一方で、やっぱり、戦後の私たちにとっては、過ぎた過去の歴史的なものなのだと意識させられた。
    プライドだけが高い無能な上司によって散った命たち。現代だって変わらない。
    人間って、なんだろうな。

  • 特攻兵だったが帰還した兵士がいた。その人の証言から見えてくる、当時の現場の気概。そして参謀本部の気狂いぐあい

     組織の頭が悪いと組織は崩壊するというけれど、どうして大日本帝国軍は崩壊できなかったのか。それをさせてしまった優秀な現場の軍人の存在がよく見えてくる。

     現代の日本のブラック企業もそうだ。経営者がおかしいのだから崩壊すべき組織、がなぜか存続してしまう。それはブラック企業の経営者も悪いけれど、会社を存続させてしまう社員も悪い。悪い会社は人手不足で潰れなくてはいけないのである。


     読んでて気になったポイント。

    ● 特攻隊は敵艦の撃沈力が高いという幻想。これは自分も飛行機で突っ込むのは攻撃力高いと思っていた。そしたら、装甲板を貫通しないと戦艦は沈められないとあった。確かに、肉を切らせて骨を断つの真逆を行く作戦だ。しかも爆弾投下も800kgの爆弾を高度3000mの上空から落とさないと米軍戦艦の装甲板は貫けないというのだから、相当だな。

    ● 特攻作戦の初期メンバーは優秀なパイロットが選出された。特攻作戦の失敗はその作戦立案の間違いのエビデンスになるからである。作戦参謀は自分たちの立てた無謀な作戦の責任を取りたくないから優秀な軍人を犠牲にした。やばいやばい。組織のやばいやつの見本である。どうしてそれを否定せず受理してしまうのか。これは言い方悪いけど、上司の命令をきいたパイロットも悪いと言える。決して可哀そうだからといって同情でその責任を見過ごしてはいけない。

    ● 特攻隊の帰還兵だった佐々木友次さんは、終戦間際には殺害命令が出されていた。大本営発表で見事に特攻による戦果を挙げて散っていったという新聞発表がされたのに、何度も生還した兵士が生きているということは不都合だったからである。特攻の成果報告が嘘だったということもだし、特攻しなくても戦艦は撃沈できるし、そのほうが良いんじゃないかという現実が国民に知られるからである。作戦立案者の建前を守るために、死んでもらわなきゃいけなかったのである。

    ● 特攻兵は志願制だったという嘘。「熱望する/希望する/希望せず」という三択で、その場の空気で否定できないようにしたという。日本人らしく真ん中に印をつけると、結局希望することになる。これは心理学を悪用した悪いやつである。

    ● 作戦効果の逓減。軍事作戦は必ず効果が薄れていく。なぜなら相手が対策を立ててくるからである。シンプル。
     日本軍の特攻攻撃に対しても米軍はすぐ対策した。レーダー艦の配備、護衛戦闘機の配備、船上の機銃掃射の増配。この結果、特攻作戦の成功率は激減した。敵戦艦に接近する前に撃墜されるようになってしまったのである。しかも、特攻兵に選ばれるのは未熟なパイロットで、しかも訓練機や旧式戦闘機や鈍足の爆撃機で特攻させられたもんだから、戦果はみるみる落ちた。
     それでも続けた日本軍ヤバイ

    ● 国民の熱狂が特攻を継続させた。新聞社が届ける日本軍の軍勇に国民は熱狂して楽しんだ。新聞社は派手な内容の方が売れるから、特攻隊のことを劇的に記事にした。戦争を金目にしていたのはマスメディアだからひどい。

    ● パイロットの気概。優秀な戦闘機乗りほど特攻を嫌った。プライドに抵触した。自分たちの戦闘技術を信頼しないから特攻させる。爆弾投下の技術を信頼されてないから、特攻しろと言われる。死ぬほどの訓練を積んだ優秀なパイロットほど、その気持ちは強いだろう。

    ● 「所与性」という思考回路が日本人には強い。世の中は与えられたものだから、自分たちが手を加えるべきではない。自然を大事にする感情が拡大解釈を生んでしまった。だから現状維持が目的化する現象が日本ではよくあるという。
     甲子園をやめられないのもそうだし、相撲の古いしきたりもそうだし、お客様は神様という思考もそうだ。
     この所与性は適用範囲をきちんと定めて、人々の総意にしないと、いつまでも日本人は「現代版特攻兵」を礼賛し続けるだろう…。
     一番怖いのは、熱狂した傍観者である。いじめと同じ。空気が人を殺すのである。

  • 特攻出撃命令を9度出され9度とも生きて帰ってきた飛行兵が日本にいた。
    佐々木友次さんという飛行兵で、彼は初期の特攻隊員に選ばれ出撃するが爆弾を落として戦果を上げて生きて帰ってくる。
    日本では神風特攻隊として戦艦に突っ込み撃沈し死んだと故郷にも新聞や天皇にまで報告がされていた。
    その後も何度も出撃するが爆弾を投下したり、敵艦に遭遇しなかったりと全て生きて帰ってくる。

    最初に特攻を命じられた飛行兵は失敗が許されず飛行機乗りとして特別に飛び抜けた技術を持った物たちが選ばれ特攻にかり出されていったのだがその隊長たちや隊員たちも特攻で戦艦空母に突っ込むより爆弾を落として撃沈する方が遙かに正しい戦術だと思っていたが、命令に背かずほとんどの将兵が突っ込んで命を落としたが、彼は信念で生きて帰ってきていた。

    当時の特攻隊の命令は飛行機もろとも突っ込み突っ込んだらそれで戦闘機はなくなり新たな攻撃も出来なくなると言いう作戦であり、飛行機乗りたちにとっては承服できない作戦であり命令であった。

    ただ、全員を集めて上官より特攻の命令(希望)を出されきかれた時、それを断る雰囲気ではなかった。そして、拒否しても何度も呼び出され叱責され結局命令に従うしかなかったと言うのが特攻隊員となった多くの兵士の現実であった。

    その中で、佐々木友次さんは何度出撃しても生きて帰って叱責を受けながら、それでも帰ってきて終戦がもっと遅ければ軍隊によって殺害されていたであろう人であった。

    戦後帰国して、故郷に帰ってきてもその扱いは納得のいくものでは無かったようだ。この方の最後の証言が本当に亡くなられる寸前であった事が軌跡であり、その体験談やこの記録は大切に次世代に継いでいかなくてはならないものだと思う。

  • 特攻兵ものなので「永遠のゼロ」のような内容かと思ったが、こちらは実際に存在していた人の話。死ぬ直前に本人にインタビュー出来たのは出来すぎのようでもあるがリアリティが伝わってきた。途中から日本人論のようになってきたが、共感できたところもあった。

  • 本書は佐々木友次さんという特攻隊に所属し、9回出撃し9回生還された実話である。
    本書はインタビューを通して彼の行動を詳細に書き留めるとともに、彼を通して軍部の上層部(命令する側)と現場(命令される側)という立場の違いを浮き彫りにし、なぜこのような無謀な命令が繰り返されたのかを考察している。
    本書がすごいのは、特攻隊という切り口から、現代にも通じる日本人と国民性をあぶり出しているところである。

    ここで著者は「世間」と「社会」の違いを指摘する。日本人は長く「世間」の中で生きてきたため、どんな命令も「巡り巡ればあなた自身のため」になるという信頼があるため、命令に従ってしまう。欧米人はにっこりと微笑みながら気楽に断ることができるのに、日本人が「ノー」と言えないのも国民性によるものである。
    現代でも温暖化による猛暑が毎年続いているにも関わらず、甲子園は真夏に試合を続けている。これに反対意見を出すと、決まって「命令した側(高野連などの主催者側)」であり、「命令された側(高校球児)」はそれに従うしかないのです。
    さらにもう一つ「命令を見ていた側」も存在する。どんな社会的な運動でも、「当事者」になれなかった、またはなれなかった「傍観者」の方が饒舌になる。当事者は思い入れがあり過ぎて、自分の体験が整理できなくて沈黙しがちになります。真実は「命令を見ていた側(傍観者)」ではなく「命令をされた側(当事者)」の言葉の中にある。戦争を体験された当事者が亡くなられていく中で少しでも多くの言葉を残していきたい。
    21歳の若者が、絶対的な権力を持つ年上の上官の命令に背いて生き延びることを選んだ。それがどんなに凄いことか。
    僕が21歳の時にそんなことは絶対にできなかっただろう。間違いなく挫けて、諦めて、絶望していただろう。佐々木さんのような日本人がいたことを、多くの人に知ってほしい。

  • 出版されて気にはなっていながら手には取っていなかった本だったのですが、日大アメフト部のタックル問題の際、選手側のコメントとして「指導者の言うことを妄信し、深く考えることなく実行してしまった」というコメントを聞いて「これって、戦争中の特攻を命じた上官と搭乗員の関係と似ているんじゃないか」と思い、読んでみました。
    著者がインタビューした搭乗員の方は特攻で1度だけ敵にダメージを与えるよりも、生還して何度も出撃し、爆弾を敵に命中させる方が理にかなっていると考え、それを行動に移します。既に内地へは著者が戦死したと報告を入れてしまっていた上官は「(お前は死んでいることになっているのだから)次こそは必ず死んで来い。必ず体当たりをして来い。」と命じます。アメフト問題で監督・コーチが試合前に選手に言った「(相手QBへのルール違反であるタックルを)必ずやらなければ意味ないよ」との発言と構図が非常に似ていると感じます。
    国とか会社や学校など、いろんな規模の組織に属して生きていくことが求められる私たちにとって、命じる側、命じられる側どちらの立場にとっても考えさせられる内容の1冊でした。

  •  特攻隊として9回の出撃命令を受けながらも、その度に生還した男がいた。
     特攻して死ぬくらいなら、より多くの戦果を上げるべきという信念を、その男は持っていた。
     陸軍最初の特攻隊に組み込まれながらも、終戦をフィリピンで迎えるまで、特攻隊の起こりからの経験が語られる。

     これだけ頑張ったんだから成果が挙がってしかるべき。
     過程を重視する日本の発想では、結果が酷いことになろうとも、過程でこれだけ頑張ったんですと主張すれば、なんとなくうやむやになってしまう。

     成果主義は日本には相いれないが、大事なのは過程ではなくて成果だ。
     特攻隊は出口戦略が無く、これだけ頑張っているんだから評価されるべきという、上層部の極まる無能が生んだ悲劇の一つだ。

     戦争で死んだ人たちの死は絶対に無駄ではない。
     そのおかげで今の日本があることは事実であるが、責任をとるべき立場の人が、責任をうやむやにした。
     今までなんとなく触れられてこなかった戦争について、ようやく議論できる時代になってきたと思う。

全137件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1958年愛媛県生まれ。早稲田大学法学部卒業。在学中に劇団「第三舞台」を結成、以降、作・演出を手がける。1987年『朝日のような夕日をつれて’87』で紀伊國屋演劇賞、1992年『天使は瞳を閉じて』でゴールデン・アロー賞、1994年『スナフキンの手紙』で第39回岸田國士戯曲賞、2009年「虚構の劇団」旗揚げ三部作『グローブ・ジャングル』で読売文学賞戯曲賞を受賞する。2001年、劇団「第三舞台」は2011年に第三舞台封印解除&解散公演『深呼吸する惑星』
を上演。桐朋学園芸術短期大学特別招聘教授。現在は「KOKAMI@network」と「虚構の劇団」を中心に活動。また、演劇公演の他にも、映画監督、小説家、エッセイスト、脚本家としても幅広く活動。近著に、『朝日のような夕日をつれて[21世紀版]』『ベター・ハーフ』『イントレランスの祭/ホーボーズ・ソング』(以上、論創社)、『ロンドン・デイズ』(小学館文庫)、『青空に飛ぶ』(講談社)、『不死身の特攻兵 軍神はなぜ上官に反抗したか』 (講談社現代新書) など。

「2018年 『サバイバーズ・ギルト&シェイム-もうひとつの地球の歩き方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

不死身の特攻兵 軍神はなぜ上官に反抗したか (講談社現代新書)のその他の作品

鴻上尚史の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
塩田 武士
佐々木 圭一
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

不死身の特攻兵 軍神はなぜ上官に反抗したか (講談社現代新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする