保守の真髄 老酔狂で語る文明の紊乱 (講談社現代新書)

著者 :
  • 講談社
3.53
  • (2)
  • (8)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 115
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062884556

作品紹介・あらすじ

保守は右翼とは大いに違う。
世界の思想史を紐解きつつ、混迷を深める
世界の政治情勢と向き合うために
日本が抱える諸問題への老師からの鋭い提言の書。

【本書での老師・西部の主張は以下の13項目である】
1・日本の核武装―是非もなく
2・天皇譲位―俗世は口幅を狭くせよ
3・立憲主義―悪報は法に非ず
4・領土―施政権と不可分と知れ
5・国連―屁の突っ張りにもならず
6・日米同盟―「51番目のアメリカ州」にしてもらえるはずがない
7・反左翼は言うに及ばず左翼も右翼も――人が馬鹿になる早道
8・テロリズム―それと戦争の区別などは不可能
9・資本主義―文明の砂漠に咲く「拝金とイノヴェーション」の毒花
10・民主主義―文明の砂漠に吹く「人気とスキャンダル」の砂塵
11・宗教―詐欺が人間精神に必然とはこれいかに
12・社会科学―エッセイ以上のものと詐称する専門人ども
13・自裁―それを生きいきとなすのが人生の締め括り方

【本書の章構成】
第一章 文明に霜が下り雪が降るとき
第二章 民主主義は白魔術
第三章 貨幣は「戦さの女神」
第四章 「シジフォス」の営みは国家においてこそ

【サブタイトルの「紊乱論」の意味を知りたい方へ】
著者の本文からのその主旨を抜粋する。
「 紊乱とは「文がもつれた糸のように乱れる」状態を指す。文が明ではなく暗に近づいているのだとすれば、高度文明などという表現すらが虚しくなる。だが、我が身それ自体の老酔狂という紊乱にあっては、文暗のあとに何がやってくるのか、予測も予想も想像もつかない。というより「文暗の深刻化が止めどなく進行するのであろう」と漠然と思うだけのことである。
 これを絶望の境地といえばそういえなくもないが、「絶望するものの数が増えることだけが希望である」(J・オルテガ)と考えるならば、これから述べ立てる紊乱論も希望の書といえなくもない。」

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 繰り出される外来語、専門語の数々に戸惑うばかりである。そして、そこから読み取ったのは述者のこの国の現状に対する憂いであった。
    それにしても、この書がすべて口述筆記であるということにただただ頭が下がる。
    それにしてもニシベさん。われわれはこの先、一体どうすれば良いのでしょうか…。

  • 時代を象徴する長文の遺書。

    読み始めて思いました・・・
    「これは絶筆宣言だよね。それを新書で出すとは・・・」
    否、多くの読み手を考えて(私のような貧乏人も居る)
    敢えて新書版として出されておるのだ・・・等と。
    気合の入り方が違うがな・・・当初より自死を予定していらっしゃいますがな・・・
    手書きがもう出来ない、西部先生の選んだ必然なのやも等と
    市井の末席を汚す阿呆は思うわけです。
    同時に己の阿呆さ加減にも嘆く始末ですよ。
    もうちっと考えが及ばんのかいなと。

  • 保守とはそもそも何を守るのか?といった本源的な事がなおざりにされて言葉だけが先行し、いわば都合よく使われている現状を明確に指摘しながら我国に通低している軽薄さがどうした変遷を遂げて今に至っているかを示してくれている。著者が示す言葉には元来有している意味があり、それを元来に意味で使うべく主張する側としての著者が疎んじられつつあった事が何に起因しているかが終始語られており、著者はそれを改める事への期待を放棄すると共に自死を選択した経緯が詳細に語られており、胸が詰まる思いがした。

  • 結局、難解なので読み飛ばした。何となく言っていることは解るんだけど、平易な言葉で語って欲しかった。

  • 読了。
    2018年1月21日、多摩川で自裁死を遂げた西部邁氏最後の著作。氏が討論などで喋っている様子は何度も目にしてきたのだが、その著書を手にするのは今回が初めて。
    言葉というか単語(特に外来語)に関して、恐らく氏は独特の拘りがあり、都度その語源まで掘り下げる事による異様なまでの注釈の多さは、読者にかなりの忍耐を強いる。
    其処には明治維新以降の外来語に対する意図的若しくは意図せざる誤訳と、その背景にある外来の文化/思想/制度に盲従する日本の姿勢に対する批判が少なからず含まれているように感じた。

    ”バランス(平衡)とは、矛盾せる両方向への姿勢をそれぞれ最高度に保ちつつ、その間に生じる緊張を巧みに乗り越えていくということにほかならない。
    ここで「巧み」というのは両者を総合する言葉と行為を新たに作り出していくという意味で、過去への想像力と未来への創造力とを結びつけようとする努力のことを指す。
    もちろんのことだが過去と未来とは同じではないのだから、伝統の英知なるものが今現在において具体的に確定されるわけではない。
    今というシチュエーション(状況)のなかで、時と所と場合に応じてその英知を具体的に判断し、決断し、実行していくのが保守思想の立場である。"

    つまり、「平衡の知恵」を「伝統」をもとに生み出すのが保守思想の神髄であり、アメリカに追随することをもって保守とみなすなど、噴飯物というしかない、と。

    一冊読んで氏の思想を云々する事など到底出来ないのだが、初めて手にしたのが思想的遺言と言うべきものだったことは何とも悔やまれる。

  • 日本保守思想界の重鎮。最期の著作となった。Tokyo MX系列の言論番組は大学時代に観ていた唯一少ない番組だ。

    「バランスとは、矛盾せる両方向への姿勢をそれぞれ最高度に保ちつつ、その間に生じる緊張を巧みに乗り越えていくということにほかならない。ここで「巧み」というのは両者を総合する言葉と行為を新たに作り出していくという意味で、過去への創造力と未来への創造力とを結びつけようとする努力のことを指す。」

    世の中白か黒かではなく、常に柔軟に判断して、グレーを作り出す或いは認める姿勢が非常に大事であるというのは非常に共感できる考えだ。

    先日自殺したという話を聞き、本書にて彼の「自裁死」への思想を知った。何を思って自殺に至ったのかがはっきり分かる文章で、感心すると同時に「ここまでブレないというのはある意味危険な人だな。」という思いを持たずにはいられなかった。

  • 私自身、『大衆への反逆』を読んだ学生時代以来、『ソシオ・エコノミクス』など西部邁さんの著作に親しんできた。 テレビによく登場するようになってからは少し遠ざかったが、明晰で力強い語り口ははっきりと印象に残っている。

    社会科学、なかでも経済学を通して社会を見つめてきたわけだが、なんとでも立論できる社会科学の怪しげで「チャチな」モデル設計には一貫して否定的な態度をとってきた。 また、テクノロジーの進展がそもそも人間に何をもたらすのか、それはロボット化でありサイボーグ化であることへの警鐘も鳴らし続けてきた。 つまりは怪しげな言説がまかり通り、そして人間が衰退していく現代大衆社会の行きつく先を悲観をもってとらえていた。世間にさまざまな「神話」が流布される中、西部さんの言葉を振り返り、現実を見て、神話を疑ってみることが大切ではないか。

    また、自身は去る1月21日に多摩川で入水自殺され、この著作が最後の語りとなった。 今般の自裁死に関しては何も言うことがないが、体調なども思わしくないなかで「自分で決める」という態度を貫いた結果かと思う。

  • 18/01/27。

  •  
    ── 西部 邁《保守の真髄 老酔狂で語る文明の紊乱 20171213 講談社現代新書》……
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4062884550
     
    http://d.hatena.ne.jp/adlib/19970101 朝の生夢 ~ 夢まで生テレビ ~
     西部 邁 経済学 19390315 北海道 東京 20180121 78 /多摩川入水
    /元東京大学教養学部教授《表現者》顧問/Nishibe, Susumu
    ── 《朝まで生テレビ 19961231-19970101 01:00-05:55 TV朝日》
     
    https://twitter.com/awalibrary/status/955025065774481408
     
     私の死亡記事 秀明大学教授/《発言者》編集者~朝まで生テレビ
     多摩川で入水自殺 78歳、遺書残し 毎日新聞
     Ex libris Web Library;西部 邁 2018011 鈴木 英生・撮影
     
     20180121 午前7時ごろ、東京都大田区田園調布5の多摩川で、世田
    谷区の評論家、西部 邁(にしべ・すすむ)さん(78)が倒れて浮かん
    でいるのを、「父が河原から飛び込んだ」との110番で駆け付けた警
    視庁田園調布署員が発見した。西部さんは意識がなく、搬送先の病院で
    死亡が確認された。
     
     同署によると、通報者は西部さんの長男(48)で、西部さんが自宅か
    らいなくなったため、同日未明に警視庁に捜索願を出すとともに、行方
    を捜していたという。身元は長男が確認した。
     西部さんに目立った外傷はなく、現場付近には遺書とみられるメモが
    残されていたことなどから、自殺とみて調べている。
     
     ◇
     
     保守派の論客として知られた経済学者の西部さんは北海道長万部町生
    まれ。東大大学院修了。1960年日米安保反対闘争の先頭に立つが、最終
    的に左翼と決別した。
     米英に留学し、横浜国大助教授などを経て東大教授。大衆社会批判、
    対米追従批判を軸に、幅広い評論活動を開始する。英国の思想家
    エドマンド・バーク流の保守主義者として不完全な人間の現実を見つめ、
    歴史的な慣習とそこから導かれる伝統の意義を説いた。
     1988年、人事をめぐる対立を機に東大を辞職。秀明大学頭などを務め
    る傍ら、1994から「真正保守」をうたう月刊誌「発言者」(後に「表現
    者」)の主幹として、雑誌名を冠した私塾を開く。討論番組「朝まで生
    テレビ」などに出演。サントリー学芸賞の選考委員も務め、2010-13年
    には毎日新聞「異論反論」欄を他の執筆者と共に担当した。
    「経済倫理学序説」(吉野 作造賞)、「生まじめな戯れ」(サントリー
    学芸賞)、「サンチョ・キホーテの旅」(芸術選奨文部科学大臣賞)の
    ほか「大衆への反逆」「六〇年安保 センチメンタル・ジャーニー」な
    ど著書多数。【稲垣 衆史、鈴木 英生】
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180121-00000044-mai-soci
     
    (20180121)
     

  • 東2法経図・開架 B1/2/2455/K

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

西部 邁(にしべ すすむ)
1939年3月15日 – 2018年1月21日
北海道生まれ。北海道札幌南高等学校卒業後、東京大学入学。60年安保闘争に参加し、新左翼運動を先導。しかし61年3月に左翼過激派と決別。東京大学大学院経済学研究科理論経済学専攻修士課程修了。

東京大学教養学部教授時代の1988年に中沢新一さんの助教授採用をめぐる採決(否決)に抗議して大学を辞職。以降評論活動を続ける。「朝まで生テレビ」に出演してお茶の間にも名を馳せた。
主な受賞歴として、1983年『経済倫理学序説』で吉野作造賞、1984年『生まじめな戯れ』でサントリー学芸賞、1992年第8回正論大賞、2010年『サンチョ・キホーテの旅』により芸術選奨文部科学大臣賞。
(2018年5月10日最終更新)

保守の真髄 老酔狂で語る文明の紊乱 (講談社現代新書)のその他の作品

西部邁の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
恩田 陸
有効な右矢印 無効な右矢印

保守の真髄 老酔狂で語る文明の紊乱 (講談社現代新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする