9.11後の現代史 (講談社現代新書)

著者 :
  • 講談社
3.74
  • (3)
  • (10)
  • (5)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 124
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062884594

作品紹介・あらすじ

中東の歴史こそが、世界の現代史の縮図である。

20世紀を通じて中東で起きてきたことは、世界の、特に欧米諸国が行ってきたことのツケみたいなものである。
そして、21世紀。
アメリカの陰り、テロ、難民、宗教対立……2001年の9.11米国同時多発テロ事件を機に、そのツケがさらに巨大なものとして私たちの目の前に現れている。
9.11、イラク戦争、アラブの春、という中東にまつわる3つの「起点」から、混乱の世界を読み解き、どう次の時代につなげていくのかを問う、かつていない現代史。

<目次>
第1章 イスラーム国(2014年~)
第2章 イラク戦争(2003年)
第3章 9.11(2001年)
第4章 アラブの春(2011年)
第5章 宗派対立?(2003年~)
第6章 揺れる対米関係(2003年~)
第7章 後景にまわるパレスチナ問題(2001年~)
終 章 不寛容な時代を越えて

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 刻々と変化しとらえるのが難しい地域の情勢を分かりやすく詳らかにした一冊。タイトルは「9.11後の」となっているが、その背景である1979年のソ連のアフガニスタン侵攻や、パレスチナ問題ではもちろん100年前のサイクス・ピコ他の英国の3枚舌外交の歴史にも遡る。筆者の主フィールドであるイラクやクルドの問題は勿論、シリア紛争から、昨今のサウディの覇権的動き、イラン、イスラエル、そして対米関係といった国家のこと、ビン・ラディーンやザルカーウィ、ISなどの登場の理由まで広く触れられていながら、絡み合った糸をほどくように見事に様相を明らかにし視点を与えてくれる(ややロシアの影が薄いことだけが気になった)。現代の中東の紛争が宗派対立ではなく宗教・宗派を利用した極めて政治的なかけ引き・絡み合いの中で起こっていることを明確に述べた上で、世界的に広がっている不寛容さ、排外的傾向まで読み解いている。平易な筆致で20世紀後半から21世紀初頭の中東、そして世界の見方を示してくれた良書。それにしても筆者の述べているように、「パレスチナ問題」はすっかり後景になってしまったのだろうか。

  •  「9・11」以後の中近東をめぐる国際関係・政治構造の変化を実態に即して明らかにし、なぜこの地域で武力紛争やテロが横行するようになったか明快な回答を示している。「イスラム教の宗派対立」に還元する通俗的な枠組みを排し、あくまでミクロな政治対立の連鎖が多元化・複雑化して、中近東の政治に混乱と混沌をもたらしているとみなす。アメリカの場当たり的な介入・関与、特にイラク戦争の強行が決定的な岐路であったことがわかる。シリア内戦以降、従来中近東の最大の政治課題だったパレスチナ問題が後景に追いやられ、アラブ対イスラエルの対抗軸が事実上崩壊したという指摘は重要で、政治思想・宗教やイデオロギー、あるいは歴史的利害関係よりも、何を当面の「敵」「他者」とみなすかが、国家を含む境界的権力の性格や外交を規定しているという問題は、中近東特有の問題ではなく決して他人事ではないだろう。

  •  読みやすい。これまで報道で断片的に接してきた中東の複雑な状況が改めて理解できた。筆者は前書きで、本書の目的を、世界と中東が現在の状況になった理由を示すためで、理由があれば解決も見つかるはずと述べている。巻末で述べる「排外主義を乗り越えること」がその解決とわずかに言えるだろうか。それが容易かはともかく。
     本書を自分なりに解釈すれば、現在の中東の状況には二つの潮流がある。第一が9.11からイラク戦争、ISに至る流れ。筆者はアルカイダやISは、ハマスの対イスラエル闘争などとは異なる「空中戦」だとしている。第二が「アラブの春」からシリア内戦に至る流れ。自由が混乱をもたらした後には権威主義体制のカムバックが求められたことや、過激派などにも自由が与えられてしまったことが述べられている。
     他に、宗派対立(自体が問題というより、先に政治対立がありそれが宗派対立につながること)、特に「アラブの春」を支持し対イラン合意を結んだオバマ政権下で湾岸諸国の対米関係が揺らいでいること、伝統的なパレスチナ問題が今や後景に回っていること、が挙げられている。また、宗教系又は非宗教系という対立もある。
     その上で筆者は、20世紀後半の中東では対立軸は明確だったが(外国の支配対抵抗、アラブ対イスラエル、共和政対王政)、今や誰が排除すべき「他者=敵」なのか不明確となっていると総括している。

  • 明日、新しい時代である「令和」を迎えるにあたり、部屋の片隅に読みかけとして置かれていた本を一斉に整理することにしました。恐らく読み終えたら、面白いポイントが多く見つかると思いますが、現在読んでいる本も多くある中で、このような決断を致しました。

    星一つとしているのは、私が読了できなかったという目印であり、内容とは関係ないことをお断りしておきます。令和のどこかで再会できることを祈念しつつ、この本を登録させていただきます。

    平成31年4月30日(平成大晦日)作成

  • 9.11以降の現代史。

    といっても、現代史全般ではなく、中東、そしてアメリカと中東との関係を中心とした現代史。

    面白いのは、年代順の記述ではなくて、まずイスラム国の話があって、その原因としてのイラク戦争、その原因としての911とその背景と、現代を理解するために時代を遡るかたちで書かれていること。

    また、アラブの春とその後の残念な展開、一見、イスラム内の宗派対立にみえるものの背景にある現実的な政治的な利害対立、そして、その原因にある旧宗主国の密約、ダブルスタンダード、二枚舌。。。。

    中東問題のそもそもの根っこだと思われていたパレスチナ問題も、問題の発端ではあっても、いまや問題の後景でしかないという状況。。。。

    あ〜、だから、トランプが「大使館をエルサレムに移す」というとんでもないことを言っても、そこそこ批判されても、そこまで大問題にならないんだ〜、と納得。

    著者もホッブスのリバイアサンの世界みたいだと書いているのだが、まさにそんな感じだな〜。

    「リアル・ポリティクス」

    久しぶりにそんな言葉を思い出した。。。。

    他者との相互理解みたいなところから、不寛容で、単純な敵か、味方かの世界になっていくなんともいえない悲しさがある。

    「現実の複雑性」がみえても、解決策(レバレッジポイント)がかならずしも見えるわけではない。

    この不寛容な世界への流れを変えるに、どんな希望が可能なんだろうか?

  • うーん…、こういう政治モノは、色んな人の本を読んだほうがいいな、と思った。

  • 近代的国民国家の定義は崩壊している。そもちゃんとした定義ってあったのだろうか。宗教や出自・民族にとらわれない民主的国家が近代的国民国家とされてきた。
    西欧からもたらされたこの国家概念が世界を覆ってきたわけだけど、これも19世紀後半に都合がよかっただけのものかもしれない。最初の定義に基づけば、イスラエルは明らかに近代的国家の資格をもたない。でも存在を認めるしかないの現実をどう受け止めていけばいいのか。他者に寛容になれないのが人間の本質だとして、だからこそ理性で不寛容を制御していくしか未来は展望できない。もしくはある一定の不幸に心を閉ざすかだ。

  • 東2法経図・開架 B1/2/2459/K

  • 混迷する中東の全体像を鳥瞰できる本だ。
    それぞれの国の事件や事柄はニュースで知ることができるが、その後や繋がりを知ることは難しい。本書で新しく知ることは少ないが読みやすくまとめていると思った。
    ただ、解決策が見えない現実からはやむを得ないのだろうが終盤の考察部分はちょっと物足りなかった。

    2018年2月17日読了。

  • 302||Sa

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1959年生まれ。東京大学教養学部教養学科(国際関係論)卒業後、アジア経済研究所に勤務。24年間の同研究所在任中に、英国ダーラム大学(中東イスラーム研究センター)で修士号取得。1986~89年、在イラク日本大使館に専門調査員として出向。東京外国語大学大学院総合国際学研究院教授を経て、現在、千葉大学法政経学部教授兼同大学グローバル関係融合研究センター長。専攻はイラク政治史、現代中東政治。おもな著書に『イラクとアメリカ』(岩波新書、アジア・太平洋賞大賞受賞)、『イラク 戦争と占領』『イラクは食べる』(岩波新書)、『中東から世界が見える イラク戦争から「アラブの春」へ』(岩波ジュニア新書)、『<中東>の考え方』(講談社現代新書)、『移ろう中東、変わる日本 2012-2015』(みすず書房)、『中東政治学』(編著、有斐閣)など。

「2018年 『9.11後の現代史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

9.11後の現代史 (講談社現代新書)のその他の作品

酒井啓子の作品

9.11後の現代史 (講談社現代新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする