新・日本の階級社会 (講談社現代新書)

著者 : 橋本健二
  • 講談社 (2018年1月18日発売)
3.50
  • (3)
  • (8)
  • (9)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :232
  • レビュー :16
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062884617

作品紹介・あらすじ

かつて日本には、「一億総中流」といわれた時代がありました。高度成長の恩恵で、日本は国民のほとんどが豊かな暮らしを送る格差の小さい社会だとみなされていました。しかし、それも今や昔。最新の社会調査によれば1980年前後、新自由主義の台頭とともに始まった格差拡大は、いまやどのような「神話」によっても糊塗できない厳然たる事実となり、ついにはその「負の遺産」は世代を超えて固定化し、日本社会は「階級社会」へ変貌を遂げたのです。
 900万人を超える、非正規労働者から成る階級以下の階層(アンダークラス)が誕生。男性は人口の3割が貧困から家庭を持つことができず、またひとり親世帯(約9割が母子世帯)に限った貧困率は50・8%にも達しています。日本にはすでに、膨大な貧困層が形成されているのです。
 人々はこうした格差の存在をはっきりと感じ、豊かな人々は豊かさを、貧しい人々は貧しさをそれぞれに自覚しながら日々を送っています。現在は「そこそこ上」の生活を享受できている中間層も、現在の地位を維持するのさえも難しく、その子供は「階層転落」の脅威に常にさらされている。この40年間の政府の無策により、現代日本は、金持ち以外には非常に生きるのが困難な、恐るべき社会になったのです。
 官庁等の統計の他、さまざまな社会調査データ、なかでもSSM(「社会階層と社会移動全国調査」)調査データと、2016年首都圏調査データを中心にしたデータを基に、衝撃の現実が暴き出されてゆきます。

新・日本の階級社会 (講談社現代新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「一億総中流」と呼ばれた時代は、もう終わった。日本では格差が広がり、新たな「階級社会」になっていると主張する。膨大なデータは示しているものの、因果関係が自らの思想信条に引っ張られすぎていることと、対策がありきたりな印象を受ける。

    「格差社会」から「新しい階級社会」へ───序に変えて
    第一章 分解した中流
    第二章 現代日本の階級構造
    第三章 アンダークラスと新しい階級社会構造
    第四章 階級は固定化しているか
    第五章 女たちの階級社会
    第六章 格差をめぐる対立の構造
    第七章 より平等な社会を

  • 豊富なデータに基づき、現在の格差社会の現状を明らかにする。もはや、格差社会ではなく階級社会である。
    アンダークラスに陥った場合、再び上昇することは難しい。無機質な数字が、恐ろしく見えてくる。

  • 読みながら、そうだよなそうだよなと…日本社会では、格差が広がれば社会全体が不利益を被ると言うことが理解されていない。私も実はピンとこないこともあるけど、やっぱり格差は少ない方が良いみたいだ

  • 日本に現存する階級を,その定量的理由と共に定義し,それぞれの階級の内情を統計データとと共に詳らかにする.さらに,その結果を受け,将来的な方針案を提示する.日本の人という視点からの構造体がよく判り,この構造体が政治や経済といった現状をどのように醸成しているのかがよく理解できる.自分の立ち位置と将来ビジョンを考察する切っ掛けを与えてくれる,中根千枝女史“タテ社会の人間関係”以来の良書.

  • 階級ごとの特質が細かに分析されていたと思う。

    専業主婦以外の無職のグループはどういう類型が出来て特徴はあるのかどうか知りたいと思った。

    あと、最終章のところで自己責任論を乗り越えるためには階級というよりもリベラル派の結集が大事というふうにも読めた。

  • 所得格差に触れる本はたくさんあるが、これは世帯所得に対して男女による分析行うなど詳細なデータがあり説得力があった。今日の日本の問題である累進課税や消費税に関する問題による階級の継続性の考察は他の本とあまり差はないが、政治的思想の分析は興味深かった。自己責任論と格差拡大の認識、この2つは重要なキーワードとなる。確かに自分も自己責任論は支持する傾向にあったが、格差拡大の認識でその意識も変わった。これを政治的に反映できる政党があれば。。。

  • 筆者は、資本家階級、旧中間層、新中間層、労働者層(うち正規労働者と非正規労働者が分かれる)に日本社会を分析して、資本階級、旧・新中間層と労働者階層の分断が、日本社会に深刻な断絶を生んでいるとしている。

  • 自己責任論
    僕は否定しません。
    チャンスが平等に与えられるなら結果の平等は危険と考えます。
    でもAI化が進んでいくと過渡期に大失業時代が来てしまうんですよねσ^_^;
    産業革命で労働者が仕事を奪われたとき壮年期にホワイトカラーへの再就職先があったか考えれば自明なことですσ^_^;

    本書では
    資本家階級
    新中間階級(管理職等)
    労働者階級に
    旧中間階級(自営業者等)
    の4階級から
    労働者階級の下に
    アンダークラスがあるとときます。
    アンダークラスはいわゆる非正規雇用等です。
    これを見ると労働者階級は管理職登用の芽がありますがアンダークラスに無いと言えます。
    資本が無ければ旧中間階級にも移れないですし確かに格差が階級に固定化しようとしているのがよくわかります。

    今後はホワイトカラーの仕事も激減するので
    労働者階級も新中間階級も安穏と出来ないでしょう。
    今もあるブルーカラーの仕事か
    コミュニケーションの必要な一部の仕事か
    自分の適正を見極めて準備をする必要があります。
    銀行のAI化を見てると待った無しやと思います。

    格差容認や自己責任論で所得再分配を否定する層が今後どうなるか
    まあこの著者がよっぽど自民党がキライなんやなあということはわかりました。
    リベラル派の結集って…
    個人的には世の中それほど変わらないかと思いますσ^_^;

  • 東2法経図・開架 B1/2/2461/K

全16件中 1 - 10件を表示

新・日本の階級社会 (講談社現代新書)のその他の作品

橋本健二の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ グラット...
ヴィクトール・E...
塩田 武士
有効な右矢印 無効な右矢印

新・日本の階級社会 (講談社現代新書)はこんな本です

新・日本の階級社会 (講談社現代新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする