完訳グリム童話集 1 (講談社文芸文庫)

  • 講談社
2.89
  • (0)
  • (1)
  • (6)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (544ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062900287

作品紹介・あらすじ

一九世紀初め、二〇代の若い学者の兄弟が、ドイツ語圏に伝わるメルヒェンを広く蒐集してまとめた『グリム童話集』は、半世紀近い歳月、兄弟自身の手で改版が重ねられ、一八五七年、最後の第七版が刊行された。それは、国境を越え、時代を超え、今も生き続ける、他に類をみない新しい文芸の誕生であった。池田香代子の生命感溢れる翻訳による完訳決定版。第一巻には、「灰まみれ」「赤ずきん」「白雪姫」等、五六話収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2014.3.24読了。
    カエルの王子は壁に叩きつけられて呪いが解けるし、ラプンツェルの名前の由来はサラダ菜だったし、シンデレラ(灰かぶり)は黄金の靴を王子の仕掛けたゴキ⚪︎リホ⚪︎ホイと同じような仕掛けに引っかかって落とすし、白雪姫も林檎が吐き出されて毒が抜けたし、世間に知れ渡っている内容とだいぶ異なるのね。
    タイトルや登場人物の名前も知ってるとおりのもあれば、なんか違うのもある。
    童話って何かしらの教訓が含まれていたりするけど、これに限っては運と容姿が全てって感じだなぁ。そうでないのもあるけど。
    似たような話が要素だけ変えられて何話もあるのは地域差みたいなものなのかな?

  • ときどき無性に童話や神話が読みたくなるのは、小さいころからその類が好きだったからだろうか。
    「オオカミと七匹の子ヤギ」、「赤ずきん」、「灰まみれ」、「ラプンツェル」、「ブレーメンの音楽隊」なんかは何度も読んだけど、久々に読み返してもやっぱり楽しい。
    今回初めて読んで特におもしろかったのは、ねずみと鳥とソーセージの話と、そら豆の話。
    動物がおしゃべりする話はよくあるけど、ソーセージって(笑)
    そら豆の黒いところのヒミツを語った話もなんだかかわいくて好き。
    知らない話もたくさんあったので、2と3も時間を見つけて読みたい。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

グリム兄弟●
19世紀にドイツで活躍した文学者のヤーコブ・グリム(1785年~1863年)とヴィルヘルム・グリム(1786年~1859年)の兄弟。裕福な家に生まれたが、父の死で困窮、親族の援助で大学に学び、優秀な成績をおさめた。兄は法律家としての活動でも知られる。ドイツ各地の古い民話を収集し、創作を加えて『グリム童話集』としてまとめた。160以上の言語に翻訳されたと言われ、世界中で読まれている。

「2017年 『美女と野獣 七つの美しいお姫さま物語』 で使われていた紹介文から引用しています。」

グリム兄弟の作品

ツイートする
×