王朝百首 (講談社文芸文庫)

著者 :
  • 講談社
4.40
  • (6)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 47
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062900553

作品紹介・あらすじ

百人一首に秀歌はない-かるた遊びを通して日本人に最も親しまれる「小倉百人一首」(藤原定家・撰)にあえて挑戦、前衛歌人にして"現代の定家"とも称されたアンソロジスト塚本邦雄が選び抜き、自由奔放な散文詞と鋭い評釈を対置した秀歌百。『定家百首』『百句燦燦』と並び塚本美学の中核であると同時に、日本の言葉の「さはやかさ」「あてやかさ」を現代に蘇らせんとする至情があふれる魂魄の詞華集である。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 最早執念の百人一首批判を除けば面白かった。好きな和歌を沢山発掘出来た。俊成卿女と躬恒と源順の歌が好み。

  • 4/19 読了。

  • 平安時代の和解

  • 7位

    王朝和歌から百首を撰び、
    現代語訳と解説をつける、
    一見よくある本なのですが、
    この現代語訳が自在すぎる。

    「ふる畑のそばのたつ木にをる鳩の
    友呼ぶ聲のすごき夕暮  西行法師」

    が塚本邦雄の手にかかるとかうなる。

    「ぼろろんぼろろん
     おおぼろろん」

    え、なにこれ。鳴き声?

    「鳩が鳴く崖の野鳩が
     それでも「今日」は死んでしまう」

    ちよ、ちよつと待つてよ、
    そんな形而上学が原歌のどこに?

    「白い秋、黒い冬、紺の黄昏」

    秋や冬のことなんてなかつたでせう?

    「狂はずに私は生きて
     友など忘れ
     私自身にも忘られ
     襤褸をまとひ
     いつはりの泪を流してゐる」

    狂ふ? 襤褸? いつはりの泪?
    西行の歌をどう汲み取つても
    そんな解釈はできさうにないけど……。

    「おおぼろろん
     ぼろろん」

    ああ、また鳴き声で終り……。
    どこをどう訳したらかうなるんだ!

    この本は天才の天才による天才のための本です。
    それはつまり、常人は蚊帳の外
    といふことでもあるのですが、
    逆にいへば、読者に選民意識を與へてくれる。

    日本文学の遺産である美しい和歌を
    「端しく深く亨け繼いでゐる」人が
    あまりに少ないことを嘆き、
    藤原定家撰なる『小倉百人一首』への
    不満をぶちまける「はじめに」に耽溺する人も
    多いのではないでせうか。

    この本は、二人の大批評家に
    影響を與へたのではないかと
    私はにらんでゐます。

    一人はもちろん解説を書いた橋本治。
    26歳で本書を読み、その美しさに震えた彼は
    「日本国民必読の書である」とまで称揚する。
    そして後年『桃尻語訳百人一首』で
    三十一文字のまま、百人一首を現代語に訳す。
    この前衛ぶりは北村薫の名著
    『続・詩歌の待ち伏せ』(『詩歌の待ち伏せ3』)
    に詳しいので、ぜひ御一読を。

    ,その裏話も解説に書いてゐます。
    「それ(註・百人一首の現代語訳)をして、
    「もっといいものがあるじゃないか!」
     と訴える塚本邦雄氏の怒りが分かった。
    訳せるものは所詮「訳せるもの」なのである(略)
    『王朝百首』の百首歌は、訳せない」

    もちろん塚本邦雄の審美眼をほめるつもりで
    「訳せない」と書いてゐるのですが、
    ぢやあ、あの現代語訳はいつたい……。
    ま、それはそれ、これはこれなのでせうね。

    ところで、本書に影響を受けたもう一人は、
    これはちよつと大胆な推測なのですが、
    丸谷才一だつたのではないか。
    彼は畢生の大作『新々百人一首』を
    断続的に書き続けてきましたが、
    最初の掲載は「新潮」1975年2月号。
    そして『王朝百首』は1974年12月刊!
    2月号が実質的には1月発売なのを考へると、
    同時進行といつてもいいくらい。

    『新々百人一首』の「はしがき」によると
    「何かの折に、当時「新潮」の編集長だつた
     谷田昌平さんから『小倉百人一首』の
     向うを張つて和歌を百首選んでみないかと
     提案された。(略)気がついてみると
     わたしはこの仕事を引き受けてゐた」
    とあり、もしかしたら谷田昌平が
    『王朝百首』の刊行を聞きつけて
    「負けてゐられませんよ」と
    たきつけたのかもしれません。
    丸谷才一は名随筆「いろはにほへと」で
    塚本邦雄の『ことば遊び悦覧記』を引用してをり、
    まんざら読まないわけではなかつた。
    『王朝百首』だつて、
    読んでゐたかもしれないのです。
    ちなみに「いろはにほへと」を書いたときは
    すでに『新々百人一首』の大半を発表済だつた。
    だから安心して塚本邦雄の名前を
    出せたのかもしれません。

    もつとも、『王朝百首』と『新々百人一首』には
    大きな違ひがあります。
    『王朝百首』は天才が貴族のために書いた本。
    『新々百人一首』は秀才が平民のために書いた本。
    対象とする読者が違ふのです。

    私は平民なので、
    ときどき貴族に憧れもするけれど、
    本質的にはわからない。
    塚本邦雄の解説はかなり不親切で、
    それでもわかつてしまふのが
    橋本治のやうな貴族なのでせう。
    ただし高揚感は半端ではない。

    丸谷才一は王朝和歌に詳しくない人にも
    懇切丁寧に序詞の大切さや
    読みびとしらずの分類法を伝授する。
    作品は明晰な論理で貫かれてゐる。
    密教ではなく顕教なのです。
    そこが評論家としてすばらしい。

    かうした深読みを誘つてしまふほど、
    塚本邦雄『王朝百首』は魅力的なのです。
    最後にもう一つ、仰天の現代語訳を。

    「いかにせむ眞野の入江に潮みちて
     涙にしずむ篠の小薄   源顕仲」

    が、かうなります。

    「マノン
     哭くなと言つただらう
     涙の海に溺れて
     いつも渇いてゐるのは
     マノン
     たんたろすといふ男だ
     御覧花薄が招く
     あれは死者の白髪だよ
     マノン」

  • 自分の信じるものを選ぶ、ということを考える。なにが美しいか、とかのことだ。他のだれかが、じゃなくて、自分がどう思うか。それはほんとうにむつかしいのだと思う。のだけれど、このひとはそれをやって見せてくれる。百人一首のかわりに百首選びますよ、だって?という冷ややかな視線を受け流して、やってみせてくれるのだ。信じられない。

  • 塚本邦雄を知ったのは、寺山修司がすきだったからだ。彼の芸術に対する考え方には共感できるし、定家百首やこの王朝百首に見る感性もまたすばらしく、昔のうた、今のうたを読むにしろ、彼に付き従っていきたくなる。日本語はやはり美しいと実感させられる一冊。

全6件中 1 - 6件を表示

王朝百首 (講談社文芸文庫)のその他の作品

王朝百首の詳細を見る 単行本 王朝百首 塚本邦雄

塚本邦雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ポール・オースタ...
リチャード ブロ...
リチャード ブロ...
リチャード ブロ...
アゴタ クリスト...
ガブリエル ガル...
ヴィクトール・E...
サン=テグジュペ...
有効な右矢印 無効な右矢印

王朝百首 (講談社文芸文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする