朱を奪うもの (講談社文芸文庫)

著者 :
  • 講談社
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 30
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062900645

作品紹介・あらすじ

女性としての喪失感に荒寥とした思いをする主人公。幼時から祖母の物語の世界に生きた滋子の人生の歩みは、やがて青春期にかけて、家を出て自立したいという強い思いへと変っていく。結婚さえも、人生のスプリングボードとして考え、自分らしく生きようとする女性を描いた、円地文子の代表作。谷崎賞受賞作『朱を奪うもの』三部作の第一部。

朱を奪うもの (講談社文芸文庫)のその他の作品

円地文子の作品

ツイートする