美濃 (講談社文芸文庫)

著者 :
  • 講談社
3.77
  • (6)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 90
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062900669

作品紹介・あらすじ

物語は、著者自身の分身とおぼしき小説家・古田信次が、郷里岐阜に住む詩人・篠田賢作に自分の年譜の作成を頼むことから始まる。二人の会話を主軸に、美濃に関係の深い人物たちが、複雑に絡み合い、蜿蜒と繰り広げる人間模様。愛する故郷の自然、風土、方言、歴史を取り込み、ルーツを探りながら、客観的に「私」を見つめる。伝統的な小説作法、小説形式を廃した、独特の饒舌体による新機軸の長篇小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 解説:保坂和志、柿谷浩一

  • 初期の本と比べるとかなり複雑で断念

  • なんと意地悪な小説なんでしょ。倒置につぐ倒置、前触れのない固有名詞の出現(ダレ?)、尻切れトンボで話は脱線‥エトセエトセ。悔しいけどやたら面白い。無秩序に切れあるリズムが躍動する。小説のセオリーなど全崩壊、勝手気侭に書き殴っとる。と見せかけ実は何一つ放棄しとらん。慧眼をもって文学と対峙。美濃を軸とした人々が絡まり縺れ深まり、故郷に己を見つめ探る変拍子な一語一語が愛おしい。垣間に美濃の情景が凛と佇む。結果胸にじーんときちゃうわけだが、この手腕はやっぱり意地悪だと思うよ小島さん。捻くれず言い換えれば類いなき怪作。最高。

  • 当事者以外にとってはまったくどうでもいい話をエッセイ風に語ってゆくのだが、途中から「私」を含めた登場人物が分裂・増殖していって、虚構と現実がごっちゃになり、ごっちゃなまま「ストーリー」(と言っていいのかもわからない何ものか)が地滑り状に展開されてゆく。後半には事件めいたことも次々起こって、「私」が完全にどっかへいってしまうのだが、最後何事もなかったかのように戻ってくる。ヌーヴォー・ロマンなんかめじゃない。例によって、保坂和志の解説が著者の魅力を倍加させる。

  • 2013/2/22購入

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

小島信夫(1915.2.28~2006.10.26) 小説家。岐阜県生まれ。1941年、東京帝大文学部英文科卒。岐阜中学、第一高等学校時代から創作を始め、東大時代には同人誌「崖」を刊行。大学卒業の年に徴兵検査を受け、翌年入隊。中国で暗号兵として過ごす。46年、復員。岐阜師範学校に勤務。48年、上京。同人誌「同時代」を刊行。佐原女子高校、小石川高校を経て、54年、明治大学に勤務。55年、「アメリカン・スクール」で芥川賞受賞。57年、米国へ留学。63年、学生結婚した妻を喪い、この経験を、65年、『抱擁家族』へと昇華。翌年、同作で谷崎潤一郎賞受賞。68年から「別れる理由」を「群像」に連載。73年、『私の作家評伝』で芸術選奨文部大臣賞受賞。82年、.『別れる理由』で野間文芸賞受賞。89年、日本芸術院会員となる。94年、文化功労者に選出される。98年、『うるわしき日々』で読売文学賞受賞。99年、郷里に小島信夫文学賞が設立される。主な著書に『小銃』『墓碑銘』『美濃』『月光』『暮坂』『各務原・名古屋・国立』『残光』など。

「2016年 『抱擁家族』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小島信夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フアン・ルルフォ
保坂 和志
ウィトゲンシュタ...
フランツ・カフカ
村上 春樹
阿部 和重
有効な右矢印 無効な右矢印

美濃 (講談社文芸文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×