野菜讃歌 (講談社文芸文庫)

著者 :
  • 講談社
3.89
  • (2)
  • (5)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 37
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062900744

作品紹介・あらすじ

丘の上の家に移り住んで幾十年が経ち、"禿山"だった庭には木々や草花が育ち、鳥達が訪れる。巣立った子供や身近な人々の間を手作りや到来の品が行き交い、礼状に温かく心が通い合う。「野菜が好き」と語り出す食べ物の話、父母や師友への追懐、自作の周辺等、繰り返しとみえてその実同じではあり得ない日常を、細やかな観察眼と掌で撫でさする慈しみを以て描き静かな感動を誘う随筆四三篇に、中篇「私の履歴書」を併録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • BSフジ「原宿ブックカフェ」のコーナー“文壇レシピ”で登場。
    http://nestle.jp/entertain/cafe/


    本の中に登場するあの美味しそうな一品を
    実際に再現してみよう!というこのコーナー。

    第55回目に紹介されたのは、「野菜讃歌」に登場する『ほうれん草のおひたし』。

    ―ポパイにもほうれん草のおひたしに
    ちりめんじゃこをからませたのを一度たべさせてやりたい。


    原宿ブックカフェ公式サイト
    http://www.bsfuji.tv/hjbookcafe/index.html
    http://nestle.jp/entertain/bookcafe/

  • 2010.01.24 朝日新聞に掲載されました。
    随筆集。「私の履歴書」も収録。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

庄野潤三(1921.2.9~2009.9.21) 小説家。大阪生まれ。大阪外国語大学在学中、チャールズ・ラムを愛読。九州帝国大学卒。1946年、島尾敏雄、三島由紀夫らと同人誌を発行。教員、会社員を経て小説家に。55年、「プールサイド小景」で芥川賞受賞。57年から一年間、米国オハイオ州ガンビアのケニオン大学で客員として過す。60年、『静物』で新潮社文学賞、66年、『夕べの雲』で読売文学賞、71年、『絵合せ』で野間文芸賞を受賞。芸術院会員。80年、ロンドン訪問。80歳以降も毎年刊行された一家の年代記的作品は、世代を超えた多数の愛読者をもつ。『庄野潤三全集』(全10巻)ほか著書多数。

「2016年 『星に願いを』 で使われていた紹介文から引用しています。」

野菜讃歌 (講談社文芸文庫)のその他の作品

野菜讃歌 単行本 野菜讃歌 庄野潤三

庄野潤三の作品

ツイートする