兄 小林秀雄との対話-人生について- (講談社文芸文庫)

著者 :
  • 講談社
4.60
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062901376

作品紹介・あらすじ

小林秀雄の妹であり、田河水泡の妻である作者が、敬愛してやまない兄の生き方や心、そして難しい作品の意味を、兄との対話によって、わかりやすく伝える。小林秀雄の誠実なものの考え方や精神を、身近にいるからこそ書き表した魂の言葉。美について、批評精神について、読書について…、人間小林秀雄と妹の美しい愛情に溢れた書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 小林秀雄も読まなければと思いました。

    愛を持って作品にあたるということは、自らの魂をどれほど削って戦わなければいけない行為だったのかと考えると、その偉大さに圧倒されます。
    その愛ゆえに、きっと全身全霊をかけて「わかり」たかったのかなと、おもいます。

  • 評論家・小林秀雄の妹さんが兄・小林秀雄について書いた書籍。
    最初に手にしたのは高校生の時。小林秀雄の評論は、当時の入試問題によく取り上げられていました。難解…というイメージがはじめはありましたが、無駄なものがいっさいない、徹底して吟味された文章がとても好きでした。ここに書かれてあった藝術作品との出会い方は、以後のぼくの藝術や社会との接し方に大きな影響を与えました。
    本書で小林秀雄の評論をより身近に感じて読めるようになった思いがあります。
    今あらためて読み直しても、とても深い、文章です。

全2件中 1 - 2件を表示

高見沢潤子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
安部 公房
ヘミングウェイ
マルクスアウレー...
又吉 直樹
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする