鞆ノ津茶会記 (講談社文芸文庫)

著者 :
  • 講談社
2.75
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062901444

作品紹介・あらすじ

-茶会の作法や規則なども全く知らないが、鞆ノ津の城内や安国寺の茶席で茶の湯の会が催される話を仮想した-秀吉の九州攻略から朝鮮出兵へと至る時期。作家の郷里・備後を舞台に、小早川隆景に恩顧を受けた、武将や僧侶が集まる宴で噂話に花が咲き、戦国末期の生々しい世相や日常が、色鮮やかに甦る。著者の想像力に圧倒される、最晩年の名作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 小早川隆景配下にいた引退した武士たちが主人公?という設定で、鞆の安国寺を拠点に茶会に集い、飲食をともにしながら、厳しかった戦国の世を思い返し語りあった記録という体裁をとる。
    集った各人の記録?をたんたんと記しているだけなので、会話らしい会話はなくそれぞれの事件の顛末と若干の皮肉が披露されるというパターン。血なまぐさい出来事を老いの境地にて静かに振り返る。あまりにも事実記録に徹しているため、もしかして創作ノート?という疑いをずっと払しょくできなかった。(笑)
    設定は誠に面白いのだが、(老人という設定故、もしかするとわざとかもしれないが)同じ話を何度も繰り返されるのが辛いのと、連載だったためかわざとかはわからないが、出来事の順番が逆転して矛盾していたり、誤記や事実誤認が何カ所も散見されるので、こちらの頭が混乱してしまう。(笑)
    優しい設定ながら厳しい体験を振り返り冷やかに皮肉る様が絵になっている。

  • 戦国時代の終わり江戸時代の始まる直前のお茶会日誌。どこまでが著者の想像でどこまでが史実なのかは判然としないが、それは歴史書を読んでも同じことだと僕は思うので気にしない。
    ボケた秀吉の話は面白い。興味深い。

  • 広島県福山市の鞆ノ津が舞台。
    時代は秀吉の天下統一後から、関ヶ原直前で、
    鞆ノ津付近ではたらく創作の武将たちが、茶会にて思い思いに談話し、
    それの記録をまとめたものとして構成されている。

    自然、彼らは小早川隆景の配下となる。
    毛利に関わる話はよく出てくるけれども、
    この小説自体は特に毛利氏を描こうとしているわけではない。

    茶会での話は、同時代の雰囲気を伝えるものや、秀吉への批判や、
    また関ヶ原の戦いが近づくにつれて、安国寺恵瓊の話が多くなる。

    どのように味わうべきか、ちょっと消化不良ではあったけども、
    茶会で出される食べ物が素朴で美味しそうであった。

    途中、宍戸隆家が尼子方であるという文章があったのが気になった。

  • 小学校の六年ぐらいの時に、井伏鱒二の『山椒魚』を読んだのは今でも覚えている。そして、私にとって、文学者らしい文学者の訃報を意識的に新聞で認知したのも井伏鱒二が初めてだったと思う。亡くなったのは1993年。新聞の一面に訃報が書かれ、その代表作は『黒い雨』であると書かれていたように記憶している。

    この小説は井伏鱒二の最晩年の作品らしい。1986年、八十八歳の時の作品なのだという。鞆ノ津は著者の思い入れのある土地であることが著書の中で触れられる。

    茶会に登場する人物によって、秀吉が天下統一から朝鮮出兵に至るまでの歴史的な挿話が回顧的に語られていく小説。基本的に時系列的だが、同じ人物の挿話について、いろんな人物によって語られることで重層的になり、空想の茶会がじわりじわりと想像されてくる。最初なかなか馴染めなかったが、読んでいくに従ってこの小説に入り込んでいった。

    話については「誰が」「どのように」亡くなったかを語る話が多い。例えば清水宗治が切腹した時の高松城水攻め周辺の挿話など、話者、視点を変えて繰り返し語られる。あまり感情を示すような言葉がなく、淡々と書かれていくのに不思議といろんなことが読み手の方へ去来する不思議な味わいがある。これが老いて達する境地なのかとかなり驚きを持って読み終えた。作品全体が生け花のようで、名人芸と称したくなる。

    安国寺恵瓊とか清水宗治とか言われて「誰?」となると少し読むのがつらいかもしれない。私もたいして知るわけでもなく、断片的な予備知識しかない状態だったが、その少しの知識のおかげで読みとおせたような気もする。

    解説に出てきた養老孟司さんの『身体の文学史』が読みたくなった。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

本名・満寿二。一八九八年(明治三十一)、広島県に生まれる。早稲田大学、日本美術学校を中退。一九二九年(昭和四)「山椒魚」「屋根の上のサワン」で文壇に認められる。三八年(昭和十三)、「ジョン万次郎漂流記」により直木賞を受賞。「鯉」「さざなみ軍記」「多甚古村」「丹下氏邸」「本日休診」(読売文学賞)「遙拝隊長」「集金旅行」「漂民宇三郎」(芸術院賞)「武州鉢形城」「黒い雨」(野間文芸賞)などの小説の他、詩集や随筆・紀行も数多い。六六年(昭和四十一)、文化勲章受章。九三年(平成五)没。

「2018年 『太宰治』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鞆ノ津茶会記 (講談社文芸文庫)のその他の作品

鞆ノ津茶会記 単行本 鞆ノ津茶会記 井伏鱒二

井伏鱒二の作品

ツイートする