• Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062901536

作品紹介・あらすじ

古今東西、酒にまつわる名作『酔っぱらい読本』から日本の作家のエッセイを精選。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2018/6/16購入

  • 夢屋書店伊勢崎、¥1365.

  • 飲まずに読んだり飲んで読んだり。読み終えるのが惜しくてちびちび読んでた。

  • 酒にまつわる話のアンソロジー。全部が全部、面白かったわけではないが、半分くらいは人に話したくなるような話。それこそ、酒をお供に飲ませて、いや読ませてもらった。箸休めもあり。楽しい読書。

  • 戦前ビールの泡もビールであるか?が裁判所で争われた。
    芥川龍之介は酒は不浄な気がして嫌いである。

  • わずか230ページの文庫本なのに、1300円。
    講談社文芸文庫、しかもこの面子の酒の本だからこれでよいのだ。
    どこまでも吉田健一らしい「飲む場所」も良いが、埴谷雄高(こんな人名の変換すら出てこない・・)の戦後派作家との付き合いの数々の話、そして山口瞳の昼のビールの最後の文章、「ビールなんて、それでよいと思った」にしびれた。

  • 思わず暗誦したくなる詩、「じいさん酒のんで」が最高。その他にも、シャムパンで脳内阿房旅行を楽しむ百閒先生、呑んべえの心地を書かせたら天下一品の吉田健一、などなど酔っぱらい必読のオールスターキャスト。

  • この著者を見ただけで、泣きそうなのに、さらに酒のはなしばかりなんて、ステキ過ぎる一冊です。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

1925-2012。作家・英文学者。山形県生まれ。東京大学英文科卒。「年の残り」で芥川賞、『たった一人の反乱』で谷崎潤一郎賞など受賞多数。他『後鳥羽院』『輝く日の宮』、ジョイス『ユリシーズ』共訳など。

「2016年 『松尾芭蕉 おくのほそ道/与謝蕪村/小林一茶/とくとく歌仙』 で使われていた紹介文から引用しています。」

丸谷才一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
ヴィクトール・E...
國分 功一郎
ドストエフスキー
フランツ・カフカ
三島 由紀夫
谷崎 潤一郎
村上 春樹
ポール・オースタ...
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする