私小説名作選 上 (講談社文芸文庫 なH 5)

制作 : 日本ペンクラブ 
  • 講談社
2.60
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 50
感想 : 6
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (279ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062901581

作品紹介・あらすじ

近代日本文学において独特の位置を占める「私小説」は、現代に至るまで、脈々と息づいている。文芸評論家・中村光夫により精選された、文学史を飾る作家十五人の珠玉の「私小説」の競演。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 田山花袋「少女病」を収録しているので読む。ロリコンとストーカー気質のある男性の通勤風景を描いた小説で、なかなか面白い。

    志賀直哉「城崎にて」は十数年ぶりの再読だが、死への親近感がテーマで、こんなに虚無的な作品だったとは知らなかった。

    他に印象的だったのは、

    妻子を捨てて女と駆け落ち、上京した嘉村磯多「崖の下」

    戦時中の釣り人を観察した梅崎春生「突堤にて」

    死んだ友人から鯉をもらった井伏鱒二「鯉」

    家族とのやり取りが楽しい尾崎一雄「虫のいろいろ」

    夭逝した彫刻家との交流を描いた上林暁「ブロンズの首」

    助手の速記者との不倫を描いた和田芳恵「接木の台」

    など。

    (おそらく)戦後の作品になると途端に読みやすくなる。太宰治も十数年ぶりに読んだが、案外悪筆で、自分の外見を気にする様がうかがえる。

  • 梅崎春生の「突堤にて」読んだけど、あまりピンとこなかった。『怠惰の美徳』に収められた「防波堤」のほうが好き。「防波堤」は、最後に主人公が虚無から脱するところに惹かれたんだと思う。

    それ以外の短編もあまりピンとこないものが多かった。ただ、近松秋江「黒髪」の最後、女の底知れなさのようなものにゾっとした。

  • 近松秋江『黒髪』を読みたくて借りた。男の人ってどこかに「美女に騙されたい願望」を持っているものなのかしら?
    「へ~、これも私小説なんだ」というものもあったけれど、全体的に内容があまり好きになれないものが多い。私小説ってよく愛人と病気が登場するけど、題材他になかったのかな?昔の小説家って、小説のネタを作るためにあえて愛人作ってたんじゃ…と邪推してしまう。
    田山花袋『少女病』最高に気持ち悪い。が、ラストが衝撃だった。
    太宰治『富嶽百景』太宰は嫌いだけど、この小説は好きなんだなぁ。でも太宰ってやっぱり変な男だ、と読むたびに思う。
    井上靖『セキセイインコ』この名作選の中では一番好き。スズメの群れに紛れこんだセキセイインコ、あなたにはどう見える?

  • 私小説、と聞くとやはり興味はそそられるが、読んでいくうちに、筆者たちが「自分がいかにひどい人間か」を人目にさらすことで、ある種の快感を得ているマゾヒスト集団に思えてきた。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

一九三五年設立。

「2020年 『文章読本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×