個人全集月報集 安岡章太郎全集 吉行淳之介全集 庄野潤三全集 (講談社文芸文庫)

制作 : 講談社文芸文庫 
  • 講談社 (2012年9月11日発売)
3.50
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 20人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062901703

作品紹介

個人全集の月報は所有している者にしか読むことを許されなかった。しかしそこには、その友人や評論家などにより小説家の人生・文学観が色濃く語られている。安岡章太郎、吉行淳之介、庄野潤三。第三の新人と呼ばれながら、時代の先端を走った三人の全集を選び、一九七〇年代初頭の文学状況と空気感を、その貴重な名文の随筆集としても味わえる一冊。

個人全集月報集 安岡章太郎全集 吉行淳之介全集 庄野潤三全集 (講談社文芸文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • もともと作家のコンプリート癖がないので、当然、個人全集なども持っていない。でも、個人全集を買うとおまけについてくる「月報」というリーフレットが地味に面白いのはなんとなく知っている。最近は知らないけれど、以前は月報だけ書店で配っていたりしていた記憶があるから、それをもらって読んでいたのかもしれない。

    この本は、よく行く書店のサイトで目にして、「月報だけまとめるとは、まあ、なんとマニアックな」と興味津々で手に取った1冊。文学史的には「第三の新人」と呼ばれる3人の作品を、自分はどれだけ読んでいるのだろう?と記憶の底を探ってみると、

    安岡章太郎:『走れトマホーク』
    庄野潤三:『プールサイド小景』
    吉行淳之介:タイトルを忘れてしまったけど、行きずりの男娼宅に泊まり、しかも彼にしつこく言い寄られたときの自伝的エッセイ

    が出てくるのみの、まあ貧弱な読書歴…(涙)。それでも、目次を開くと、3人と交友のある文筆家がきら星のごとく名を連ねており、そこには自分になじみのある作家名も少々あるので、それを楽しむ手掛かりにしようとめくり始めた。

    基本的にはどれも、「○○さんと私」といったテーマの文章だが、各作家について、友人知人が好きに書き散らしていながら、共通のテーマがおのずと浮かび上がってくるような気がする。安岡章太郎の持つ、ある種のストイックさ。吉行淳之介の色男っぷりと、それに隠れてほとんど見えないはずの生真面目さ。「文士といえば無頼」のクリーシェからはほど遠い、庄野潤三の作品のもととなる端正な生活。私は、そこにいない人やものを、他人の証言などを用いて外から描いていく手法の文章が非常に好きなのだが、3人の作品をほとんど読んでいないことで逆に、どの文章も、「こういう人だったんだろうなあ」という、想像を働かせるもととなって、結構楽しんでしまった。

    個人的な好みでいえば、エドウィン・マクレランが安岡章太郎全集に寄せた文章と、入江光子によるその翻訳が素晴らしかったし、森茉莉の、吉行淳之介の身のこなしを記した表現が優美で、「ああ、これはモテるわ」と変に感心した(笑)。吉行淳之介については瀬戸内晴美(寂聴)も寄稿してらして、ここにもモテを見ることができる(笑)。庄野潤三の『ガンビア滞在記』という作品にがぜん興味がわいてきたので、読んでみようかなと思っている。

    なんだか、お三方ともいろいろバラされてしまっているようだったり、クオリティ的に「こんなの読まされてもなあ」といった文章もないわけではないけれど、それはお友達の心安さということで許容範囲なのだろう。文集として読むもよし、文壇関連(ゴシップも少々あり)本としてぱらぱらめくるのもよし、という本だと思う。それにしても講談社さん、この企画は以下続刊なんですかーっ?

全2件中 1 - 2件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

個人全集月報集 安岡章太郎全集 吉行淳之介全集 庄野潤三全集 (講談社文芸文庫)はこんな本です

ツイートする