砂の粒/孤独な場所で 金井美恵子自選短篇集 (講談社文芸文庫)

著者 :
  • 講談社
3.50
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 57
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062902441

作品紹介・あらすじ

リリシズムとリアリズムの奇跡的な調合。小説を読む快楽を存分に味わえる、著者自ら選び抜いた初の自選短篇集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 自薦短編集ということで、似た系列の作品が多かった気がします。意外というべきかどうか、ほとんどが男性視点だったことに、最初のうち違和感が少し(女性作家が「わたし」と書くとどうしても女性が主人公だと思い込んで読み進めてしまうので)。

    最近の若い作家のエンタメ小説は、真夏に冷たくて甘いジュースを飲むように一気に読んでしまうのだけれど、金井美恵子の文章は秋の夜長に高いお酒をちびちびと楽しむように、まず匂いを嗅ぎ、ちょっと舐めてみて、というもったいぶった読み方をしたくなります。

    筋書きらしい筋書きもなく、無声映画あるいは絵画のように執拗な情景描写がひたすら続き、ひとつのものを描写するのに必ず過剰なほどの形容がついてくるのだけれど、独特の文体にいったん同調してしまいさえすれば、意味なんかわからなくてもひたすら心地よくなって酩酊してしまう。

    そのなかでもとくに「調理場芝居」と「砂の粒」がお気に入りでした。

    ※収録作品
    「日記」「曖昧な出発」「フィクション」「声」「境界線」「花嫁たち」「もう一つの薔薇」「調理場芝居」「春の声」「沈む街」「ゆるやかな午後」「1+1」「グレート・ヤーマスへ」「砂の粒」「孤独な場所で」「柔らかい土をふんで、」

  •  決して面白い話を書くという訳ではないけれど気になる作家、金井恵美子。とにかく描写が際立っている、その語彙の豊富さといい、比喩の多さといい圧倒的。
     複数の作品に登場する、まゆみの生け垣をはじめとする幾つかのモチーフには何か特別な意味が込められているのか、それとも子供時代から想起されるイメージの原風景なのか?

  • 気怠い日常の狭間で、身と心をだらだらと持て余しながら読む。意味を攫むには難儀なテキストの集成であるにも関わらず、水の流れに身を寄せるように揺蕩う、静かで密かな快楽に浸る恍惚が訪れる。やがて水は澱み、ねとりと纏わりつく淫靡な不快が押し寄せる。その密度に身が蕩けだす。薄いヴェールに透かした鈍い光に包まれる。どこに連れていかれるのかわからないし、わからなくていい。抜け出せない迷宮を足掻いて彷徨うのなら、終わりのない循環にただこの身を任せて流れ続ける惰性の快楽に溺れたくなる。金井美恵子を読むと必ず陥る囚われの罠。

  • 金井美恵子の自選短篇集。1篇が文庫本で大体20ページ前後と、さほど長くないものが収められている。
    自選だけあってどれを読んでもハズレが無い。
    『柔かい土をふんで、』は何回読んでもいいなぁ……。

  • 自選って言うのが良いな!

    講談社のPR
    http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784062902441

全5件中 1 - 5件を表示

砂の粒/孤独な場所で 金井美恵子自選短篇集 (講談社文芸文庫)のその他の作品

金井美恵子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
倉橋 由美子
多和田 葉子
金井 美恵子
ピエール ルメー...
安部 公房
谷崎 潤一郎
小川 洋子
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする