原民喜戦後全小説 (講談社文芸文庫)

著者 :
  • 講談社
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 33
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (584ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062902762

作品紹介・あらすじ

広島原爆投下の日を克明に描いた「夏の花」他、壮絶な体験と苦悩を刻んだ小説群。戦後70年を経て尚鮮烈な光を放つ戦争文学の金字塔

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1905年広島市生まれ。慶應義塾大学英文科に進学し、「三田文学」などに短編小説を発表。帰省中に広島市の実家で被爆した。直後の市内の様子を書き留めたノートをもとに47年に「夏の花」刊行するなど、被爆後の広島の惨状を詳細に残していった。51年に『心願の国』を遺し自殺。

「2019年 『無伴奏混声合唱のための 魔のひととき』 で使われていた紹介文から引用しています。」

原民喜の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
ウラジーミル ナ...
ドストエフスキー
梶井基次郎
ウィトゲンシュタ...
安部公房
谷崎潤一郎
ウンベルト エー...
ポール オースタ...
トルーマン カポ...
ヴァージニア ウ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×