ノルゲ Norge (講談社文芸文庫)

著者 :
  • 講談社
4.75
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 42
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (560ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062902861

作品紹介・あらすじ

染色家の妻の留学に同行し、作家はノルウェーに一年間滞在した。
光り輝く束の間の夏、暗雲垂れ込める太陽のない冬、歓喜とともに訪れる春。
まっさらな心で出会った異郷の人々との触れ合いを縦糸に、
北欧の四季、文学、芸術を横糸に、六年の歳月をかけて織り上げられた
精神の恢復と再生のタペストリー。
野間文芸賞受賞作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ずっと読みたかった本。佐伯一麦は私小説に興味を持たせてくれた作家です。作家の主人公がノルウェーに留学する妻にくっついて1年間生活する話。で、特になにも事件はない。ないのだけど、小さな出来事はある。それが物語につながる。作品のなかで主人公トオルがノルウェーにいる自分と重ね合わせるマティスという小説の主人公や、妻たちが大学で制作しているものや、おぼつかない英語とノルウェー語を駆使してやりとりすること、トオルの具合が突然悪くなったりするところ。読みごたえは凄いです。また読み返すことになりそうな大切な小説。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

佐伯一麦(さえき・かずみ)
1959年、宮城県仙台市生まれ。仙台第一高等学校卒業。上京して雑誌記者、電気工などさまざまな職に就きながら、1984年「木を接ぐ」で「海燕」新人文学賞を受賞する。1990年『ショート・サーキット』で野間文芸新人賞、翌年『ア・ルース・ボーイ』で三島由紀夫賞。その後、帰郷して作家活動に専念する。1997年『遠き山に日は落ちて』で木山捷平賞、2004年『鉄塔家族』で大佛次郎賞、2007年『ノルゲNorge』で野間文芸賞、2014年『還れぬ家』で毎日芸術賞、『渡良瀬』で伊藤整賞をそれぞれ受賞。


「2019年 『山海記』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐伯一麦の作品

ツイートする
×