ケガレ (講談社学術文庫)

著者 :
  • 講談社
2.85
  • (0)
  • (2)
  • (9)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 94
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062919579

作品紹介・あらすじ

民間信仰において、ケガレを祓う儀礼は頻繁に多様な形で行われていた。人間の不幸は、ケガレ=不浄に原因があると考えられ、生活の隅々にまでその指標が浸透していたのである。死=黒不浄、出産・月経=赤不浄、罪や病、境界・峠という空間等、様々な民俗事例にあらわれたケガレ観念の諸相を丹念に追い、信仰行為の背後にあるものを明らかにする。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日常=ケの枯れた状態、ケ枯れ=ケガレ=穢れについての本かと思って読んだが、筆者のスタンスは全く違った。新鮮な観点をもたらしてくれるが。。
    ただし、文章は悪文だと感じる。主張したいがあまりか、あまりにも同内容の反復が目につく。

  • ・頷けるとこは多々あったけども、根本的に何故ケガレが災いとかと結びつくのか、死などはケガレと言われているのかなどに言及されていなくて論拠に弱さが感じられた。
    ・ケガレが災いを引き起こし、災いがケガレを引き起こしってのは結果論であって、実際何故そうやって引き起こされるのかなどが書いてないのが残念。

  • 小説かと思ってたら、民間信仰の論文だった本。

    意地になってざっと読んでみました。

    日本という国は長い間、自然に脅威を感じ天皇を中心とした神道や、そのほかの民間信仰で成り立っている国だったんだなあと思いました。

    続きはこちら。
    http://blog.livedoor.jp/oda1979/archives/2893294.html

  • 他の様々な意見を例示し、そのうえで自分の意見を述べている。頷けるものもあった。ただ、論拠が弱いように思えた。

全4件中 1 - 4件を表示

ケガレ (講談社学術文庫)のその他の作品

ケガレ (民俗宗教シリーズ) 単行本 ケガレ (民俗宗教シリーズ) 波平恵美子
ケガレ (講談社学術文庫) Kindle版 ケガレ (講談社学術文庫) 波平恵美子

波平恵美子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェイムズ・P・...
マルセル モース
遠藤 周作
有効な右矢印 無効な右矢印

ケガレ (講談社学術文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする