プロティノス「美について」 (講談社学術文庫)

制作 : 左近司 祥子  斎藤 忍随 
  • 講談社
3.60
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 28
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062919715

作品紹介・あらすじ

三世紀、プラトンの正統的理解者を自任し、イデアの体系化をしたプロティノスは、美を、善をどのように捉えていたのか。眼が太陽に似ていなければ眼は太陽を見ることができない、美は外からやってきて魂を外に引き出す、など美の形而上学を展開、善=一者と魂との関係を究明して後代の哲学に影響を与えた「新プラトン主義の祖」の名品三篇を訳出。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 東洋の叡智と呼ばれるような感覚に通じているような気がするが、そういう評価はないのだろうか。プラトンの考えをふまえた人らしいが宗教のフィルターがなければ結構近い感じなのかもと思わせるテキストだった。

全2件中 1 - 2件を表示

プロティノスの作品

ツイートする