第一次世界大戦 忘れられた戦争 (講談社学術文庫)

著者 :
  • 講談社
3.60
  • (4)
  • (13)
  • (11)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :124
  • レビュー :12
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062919760

作品紹介・あらすじ

一九一四年夏、「戦争と革命の世紀」が幕を開けた。交錯する列強各国の野望、暴発するナショナリズム、ボリシェヴィズムの脅威とアメリカの台頭…。ヴィルヘルム一世、ロイド・ジョージ、クレマンソー、レーニン、ウィルソンら指導者たちは何を考え、どう行動したのか。日本の進路に何をもたらしたか。「現代世界の起点」たる世界戦争を鮮やかに描く。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • e

  • 第一次世界大戦について知っていること・・・

    ボスニアのサラエボでオーストリーのフェルディナンド大公夫妻がセルビアの青年に暗殺されたことが第一次世界大戦の引き金になった

    ・・・ということは誰でも知っていますがナゼそんなマイナーな(?)地域での事件が世界を巻き込む大戦争のきっかけになったのか、正確に答えられる人はごく少数でしょ?

    例えばこういう簡単な質問に答えられないことについて疑問を持つ人に対して、この本は実に的確に回答を与えてくれる。

    歴史は必ず原因があって結果がある。

    歴史とは因果関係が必ずあるという前提がなければ成り立たない学問である。

    何故いまのロシアがあるのか、中国があるのか、バルカン諸国があるのか、ヨーロッパがあるのか、アメリカがあるのか、アラブ諸国があるのか、そして日本があるのか・・・・

    今を知るためには、オリエンテーリングのように必ずチェックポイントを通過しなければならないのである。

    第二次世界大戦を知るためには、第一次世界大戦を知る必要があるのである。

    ・・・・・・

    第一次世界大戦の入門書としては実に上手くまとまっている。

    毒ガスとか、塹壕戦とか、西部戦線異常なしとか、WarよりBattleに目が向きがちだけれど、本書は一切省いている。

    それよりも、この大戦が帝国主義国から共和国への過渡期と捉え、各国の(未熟な?)政治家たちの判断に焦点を絞っている。

    しかも、少ない字数の制限にも係わらず、係わった人たちを出来るだけ血の通った人間として描こうとしている。

    ウウゥ~~ン、こういう描きかた好きです。

    無機質になりがちの歴史なんだけど、歴史って結局人間が作るものなんですよね。

    日本(アジア)からの視点も多くの字数を割いていることも好感が持てる。

  • (要チラ見!) 第一次世界大戦/文庫

  • 薄い本だが、これ一冊で第一次大戦の流れをつかめる。そして、いかにこの「忘れられた戦争」が現在に至るまでの世界情勢を決定づけたかがよくわかる。特にロシア革命(最も重要なターニングポイント)をめぐる各陣営の右往左往と暗躍ぶりは面白すぎる。

  • 第一次世界大戦がもたらした世界とはどのようなものであったか。 戦況よりむしろ、政治、外交がどのように展開していったかを時系列に沿って追う。 ロシアの革命、無制限潜水艦作戦の開始、アメリカの参戦など。 シベリア出兵を含め、日本の動向も述べる。第一次世界大戦の結果、ヨーロッパの4つの帝国、ドイツ、オーストリア・ハンガリー、ロシア、オスマントルコはいずれも解体の道を辿った。史上初めての共産主義国家の誕生に加え、国際連盟、民族自決など、歴史上重要な概念が生まれた。 しかしその戦後処理は大国の利害を反映したものとなり、第二次世界大戦の勃発を避けることはできなかった。

  • 訳あって読了。このあたりの歴史って、カオスとしか思えない。

  • コンパクトな通史。米英仏首脳の晩年の邂逅が印象的でした。

  • 第1次世界大戦は、日本がそれほど直接の戦場にならなかったために、日本では相対的に第2次世界大戦の方の重要度が高く感じられる。しかし、第1次世界大戦は現在の国際関係のいくつかの重要な原型がつくられる契機となっているので、そのことを考えながら読んでほしい一冊。

  • 日本ではあまり身近ではない第一次大戦ですが、ヨーロッパで「The great war」といえばこの戦争を指すくらい、ヨーロッパに深い傷を与えた戦争です。またこの戦争の影響は現在にも残っています。


    本書はこの第一次大戦についてコンパクトにまとめています。

  • 戦史の箇所が省略されている点は若干残念だったが、日本を含めた当時の外交状況や当事者達の人となりが詳しく書いてあって面白く読めた。

    ちょっとロシア革命の部分が長めかな?

全12件中 1 - 10件を表示

第一次世界大戦 忘れられた戦争 (講談社学術文庫)のその他の作品

山上正太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J・モーティマー...
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

第一次世界大戦 忘れられた戦争 (講談社学術文庫)はこんな本です

第一次世界大戦 忘れられた戦争 (講談社学術文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする