冒険商人シャルダン (講談社学術文庫)

著者 :
  • 講談社
3.83
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 35
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062920209

作品紹介・あらすじ

多様な宗教と言語が行き交うペルシアで成功を収めた商人にして旅行記作家のジャン・シャルダンは、新教への迫害が続く息苦しい故郷・パリを捨ててロンドンに移住し、爵位を得た。しかし、彼の最大の悩みは、怠け者の長男の行く末だった-。時代に翻弄されつつ「一級史料」を書き残した市井の人物の生涯と、彼らが生きた一七世紀の社会を活写する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 授業の課題図書として読んだ。
    現在と対比しながら読むと、なかなか興味深い。

  • 面白かったー。こういう人がいたんだね。著者はあとがきで、ヨーロッパとイスラム世界という二項対立の概念自体を反省しているけれども、論点がわかりやすくてよかったと思う。当時のヨーロッパは宗教的にとても偏狭だったんだなあ…(まあ今も結構偏狭なところがあると思うけど)

  • 17世紀のマイナーな人物について伝記。
    書簡や日記などの資料から、人物像が浮かび上がってきます。
    当時の、イスラム圏と比べ日記や手紙において心情を吐露することが西洋では多く、そういった文化の差がみえると、その後の歴史で両者の差ができてしまった要因じゃないかと思う。少なくとも17世紀では決定的な差はなかったけれど、潜在的に差が出てくる何かはあったんだろうなぁ。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

東京大学東洋文化研究所教授

「2018年 『シリーズ・グローバルヒストリー1 グローバル化と世界史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

冒険商人シャルダン (講談社学術文庫)のその他の作品

羽田正の作品

ツイートする