美術という見世物 油絵茶屋の時代 (講談社学術文庫)

著者 :
  • 講談社
3.67
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :49
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062920216

作品紹介・あらすじ

なぜ仏像は日本美術を代表する彫刻作品になったのか?この問いに答えるために、細工師、油画師、彫刻師たちが活躍した幕末・明治の見世物小屋を訪れるところから始めよう。粋な口上とともに陳列されるは、生人形、西洋目鏡、写真掛軸、写真油絵、戦場パノラマ…。文明の衝突!?が生んだ「奇妙な果実」を検証し、美術周辺の豊饒な世界を再評価する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 新書文庫

全1件中 1 - 1件を表示

美術という見世物 油絵茶屋の時代 (講談社学術文庫)のその他の作品

木下直之の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
ヴィクトール・E...
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

美術という見世物 油絵茶屋の時代 (講談社学術文庫)はこんな本です

ツイートする