雇用、利子、お金の一般理論 (講談社学術文庫)

  • 講談社
4.33
  • (12)
  • (8)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 208
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (576ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062921008

作品紹介・あらすじ

物が売れない、職がない-なぜ市場は自由放任では機能しなくなることがあるのか。世界的不況のなか、ケインズは自らも通暁する古典派経済学の誤謬と限界を徹底的に見据え、ついに現代経済学の基礎となる本書に至った。現実世界と向き合い理論をラディカルに更新する、社会科学という営みの理想形。本書の概略を定式化したヒックスの重要論文も採録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 山形浩生の解説が分かりやすかった。

    以下、引用。

    本書は経済学という分野を震撼させた、革命的な本だ。

    本書は失業というものが一時的な過渡期の現象などではなく、定常的に存在し得ることを説明し、そしてそれが金利を通じてお金の市場(つまりはお金の量)に左右されることを、まとまった形でほぼ初めて示した。


    それまでの経済学はこの状況に対して答えを持っていなかった。それまでの経済学は、失業は変な規制や不合理な抵抗さえなければ、だまっていてもなくなる、と述べていた。

    需要と供給は市場メカニズムを通じて価格によって均衡する。失業なんてのは、価格による調整が完了するまでの一時的で些末な現象でしかない、と。

    そして恐ろしいことだが、もはやケインズ『一般理論』など過去の遺物と思われつつあった 2008 年になって、サブプライム問題とリーマンショックに端を発する世界金融危機が発生し、世界的に急激な景気停滞と失業増加が見られた。そのときも、ケインズから70 年にわたり進歩と洗練をとげてきたはずの新しい経済学は、有効な診断も処方箋も出せなかった。そして危機に対してきちんと対処を行ったあらゆる国(つまり日本以外のほぼすべての国)は、この古くさいケインズの基本的な処方箋どおりの対応を(不十分ながらも)実施し、最悪の事態を回避している。

    この本は
    「美人投票」         2箇所に出てくる?
    「アニマルスピリット」    6箇所に出てくる?
    「穴を掘って埋める公共事業」 2箇所に出てくる?
    といった、印象的で有名な比喩やフレーズがたくさん登場する。

    一部のケインズ解説書などでは、『一般理論』の英語は格調高い美文なのでわかりにくいなどと書かれているがまったくのウソで、関係節に関係節がぶら下がり、そこにいくつもの条件節が並置されて延々と引き延ばされた典型的な古くさい悪文だ(むろん古くさいわかりにくい書きぶりこそが格調高いのだ、という価値観はあり得るが)。


    純粋ケインズ左派の立場からすれば、IS-LM などというのは経済学の数理的な処理を明白に否定していたケインズの理論を、中途半端に数式化して後退させてしまったということになる。厳密すぎるからダメ、というわけだ。それどころかこのヒックス論文は、こともあろうにケインズがあれほど批判した古典派の理論を、ケインズ経済学と野合させている。おかげでサミュエルソンが、両者を統合した新古典派総合なんかをでっちあげることになったではないか、と。

    IS-LM がなければケインズ理論が戦後の世界経済を席巻できたかどうか。この
    モデルの異様な使いやすさは比類がない。この図を一つ描けば、ほとんどの場合には経済政策の基本的な方向性は見極められる。

  • 経済学の名著
    不況時にマルクスに立ち戻るよりは有用なケインズの本
    実は山形さんは要約と全文訳をネットにあげている

  • 1

  • 内容はともかく、山形新訳はわかりやすいのだろうか。現代的言葉使いにすれば、むしろわけがわからなくなってしまう典型では。

  • 基礎解析以上の数学と経済学は、私の最も苦手とする分野で、これまでも果敢に入門書・解説書に取り組みながら、その都度多少は理解を深めつつも、私のシナプス回路が苦手な知識を葬り去ろうと自動的に機能するのか、たちまち記憶からきれいさっぱり消えてしまい、もはや何も覚えていないのである。
    ケインズは以前小文集を読んだことがあるが、主著とされるこの本は今回初めて読んだ。
    とりわけ難解とされる本ではあるものの、実際に読んでみると、全部は理解できなくても何となく面白く、少なくとも経済というものが「わけのわからん用語と数式で記述された、おっそろしく複雑で奇怪なロジックのシステムで、誰もコントロールしきれないようなシロモノ」だということを体得できる。山形浩生氏による翻訳は口語体も混ざる平易なもので、この訳書はおすすめできる。恐れることはない。わからん部分はわからんままでいいのだ。
    1936年、大恐慌により失業者が20%以上も出た時代に書かれた本書は、その後のマクロ経済学の祖型であり、ポール・クルーグマン氏も「この本のあとに経済学が新たに獲得した知なんて微々たるものだ」と断言している。
    雇用の情勢に「利子」が直接的に影響しているという指摘は、さすが、わけのわからん複雑系=経済だなと思う。
    古典派経済学が生産者(労働者)側のダイナミズムばかり記述していたのに対し、私は、いまや「超」消費社会なのだから、需要と供給のバランスというより、問題なのは選択消費のベクトルを左右する欲望生成装置なんじゃないの、と考えている。
    ケインズもこの本で「消費性向」のコントロール不能なパワーの重要性を指摘していた。
    斬新な欲望を惹起するパッケージの創造こそが企業の利益を生み、市場を活性化すると思うのだが、日本の企業はみんなノークリエイティビティで、何かが売れ出したと気づいてから必死に「需要」に「供給」を合わせようとするばかり。いつまでも亜流・二流のメーカーである。
    クルーグマンさんの言うとおり、ケインズを超える新たなケインズの登場が待ち望まれているのかもしれないが、そうそう簡単に、この巨大な複雑系をコントロールはできないだろうという気がする。
    なにしろ絶え間なく揺れ動く人びとの「こころ」の動向がカギを握っているのだ。

  • 【メモ】
    ・前書きをKrugmanが書いている。
    ・これで一般理論の日本語訳は、間宮版(岩波),塩野版(東洋経済),山形版(講談社)、の三冊ですか。

    ・ちなちに、『要約 ケインズ 雇用と利子とお金の一般理論』(山形浩生[要約・訳]、飯田泰之[解説]、ポット出版 2011年)という、要約versionもある。

    ・ケインズ『雇用、利子、お金の一般理論』(講談社学術文庫)サポートページ
    http://cruel.org/books/generaltheory/

    ・ケインズ『雇用、利子、お金の一般理論』全訳〈http://genpaku.org/generaltheory/

    ・『一般理論』(岩波文庫版)に対する山形氏のレビュー:山形浩生 の「経済のトリセツ」2011-09-01
    http://d.hatena.ne.jp/wlj-Friday/20110901/1314849106


    【目次】
    イントロダクション(ポール・クルーグマン) 003
      はじめに
      ケインズのメッセージ
      ケインズはなぜ成功したか
      ケインズ氏と現代の経済学者たち
      ケインズの見落としたもの
      救世主としての経済学者
    目次 [033-037]

    雇用、利子、お金の一般理論
    日本版への序(一九三六年) [040-041]
    序文(J・M・ケインズ 一九三五年一二月十三日) [042-045]

    第I巻 はじめに 047
     第1章 一般理論 048
     第2章 古典派経済学の公準 050
     第3章 有効需要の原理 074

    第II巻 定義と考え方 087
     第4章 単位選び 088
     第5章 期待が産出と雇用を決める 099
     第6章 所得、貯蓄、投資の定義 106
     第6章おまけ 利用者費用について 122
     第7章 貯蓄と投資という言葉の意味をもっと考える 135

    第III巻 消費性向 149
     第8章 消費性向I:客観的な要因 150
     第9章 消費性向II:主観的な要因 170
     第10章 限界消費性向と乗数 177

    第IV巻 投資の誘因 199
     第11章 資本の限界効率 200
     第12章 長期期待の状態 215
     第13章 金利の一般理論 237
     第14章 金利の古典派理論 249
     第14章おまけ マーシャル『経済学原理』、リカード『政治経済学原理』などでの金利について 261
     第15章 流動性を求める心理と事業上のインセンティブ 274
     第16章 資本の性質についての考察あれこれ 293
     第17章 利子とお金の本質的な性質 307
     第18章 雇用の一般理論再説 335
    第V巻 名目賃金と物価 347
     第19章 名目賃金の変化 348
     第19章おまけ ピグー教授『失業の理論』 366
     第20章 雇用関数 378
     第21章 価格の理論 394

    第VI巻 一般理論が示唆するちょっとしたメモ 415
     第22章 事業サイクルについてのメモ 416
     第23章 重商主義、高利貸し法、印紙式のお金、消費不足の理論についてのメモ 440
     第24章 結語:『一般理論』から導かれそうな社会哲学について 494

    付録
    ドイツ語版への序(J・M・ケインズ 一九三六年九月七日) [510-513]
    フランス語版への序文(J・M・ケインズ 一九三九年二月二十日 キングス・カレッジ、ケンブリッジ) [514-520]

    ケインズ氏と「古典派」たち:解釈の一示唆(J・R・ヒックス ゴンヴィル&カイウス・カレッジ ケンブリッジ) 521
      1 はじめに:古典派理論とケインズ派の共通基盤を設定 522
      2 古典派理論とケインズ理論の類似 528
      3 ケインズ理論の本質:流動性の罠 533
      4 ケインズ理論の一般化 536
      注 540

    ケインズ『一般理論』 訳者解説(二〇一二年二月 東京/アジスアベバにて 山形浩生) 544
      はじめに 544
      本書の概要 545
      著者ケインズについて 549
      本書の翻訳について 551
     〔既訳について/本書の文体について/その他本書のわかりにくさについて/本書のおまけについて〕
      いま本書を読む意義について 561
      おわりに 563

    索引 [566-572]

  • 本文の内容を読解する事は難しくないのだが、書き方から言葉の意味や概念を理解するのが大変な気がする。私の語彙の無さも問題なのだろうが…

全8件中 1 - 8件を表示

ジョン.メイナード・ケインズの作品

雇用、利子、お金の一般理論 (講談社学術文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×