フィレンツェ (講談社学術文庫)

著者 :
  • 講談社
4.33
  • (4)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 59
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (480ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062921176

作品紹介・あらすじ

ダ・ヴィンチやミケランジェロ、ボッティチェッリら、天才たちの名と共にルネサンスの栄光に輝く都市・フィレンツェ。町の起源から、自治都市国家としての繁栄、メディチ家の興亡、さらにウッフィーツィ美術館の歩き方まで、自由と独立を愛する人々に愛され続け、市民の手で守り抜かれた「花の都」の歴史と芸術を、西洋美術史家が案内する決定版。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 若桑みどりさんが、「フィレンツェ」を美術、建築を中心にガイドしてくれる。

    ガイドといっても、場所に沿ったガイドではなくて、歴史にそったガイドなので、いろいろな場所の話がいろいろなところででてくる。

    これに、通常のガイドブックをあわせながら、フィレンツェ旅行の準備。

    のはずが、フィレンツェへの飛行機のなかでも読み終えずに、なんとかホテルで読了しました。

    いやいや、目の前に本に書いてあることがあると、ちょっとスゴいですね。

    これじゃ、本当に何日あっても足りないや。。。

    フィレンツェは、まさに「世界の中心」ですね。

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

1935年生まれ。ジェンダー文化研究所長、千葉大学名誉教授。専攻はジェンダー美術史。著書に『戦争とジェンダー』(大月書店)、『お姫様とジェンダー』『象徴としての女性像』『戦争がつくる女性像』(すべて筑摩書房)など。

若桑みどりの作品

フィレンツェ (講談社学術文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする