新井白石「読史余論」 現代語訳 (講談社学術文庫)

制作 : 横井 清 
  • 講談社
4.00
  • (3)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :30
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062921404

作品紹介・あらすじ

「正徳の治」で名高い大儒学者による歴史研究の代表作。古代天皇制から、武家の発展を経て江戸幕府成立にいたる歴史を九変・五変に時代区分して論じ、徳川政権の正当性を主張する。天皇家や源頼朝、足利幕府への客観的で冷徹な評価、為政者の不徳と失政に対して天命が革まる「易姓革命」への警鐘など、実証的で先駆的な史論の現代語訳。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • [転政の理]江戸幕府成立に至るまでの日本史を、「九変・五変」の時代区分を用いて解説した作品。不徳と失政を原因として天が改まる「易姓革命」への言及など、儒学の影響が色濃く現れた考え方が提示されています。著者は、江戸時代中期のを代表する儒学者の新井白石。現代語訳は富山大学や桃山学院大学の教授を歴任された横井清。

    歴史の教科書で著作名だけ覚えた記憶があったのですが、読んでみるとあまりに膨大かつ長大な歴史記述に驚かされました。訳者あとがきにもありますが、現在に比して入手可能な資料が限られる中での著述だったことを考えれば、その精緻な日本史に関する知識には敬服を覚えるほかありません。今日の言葉を用いれば、新井白石をして「再構築」された日本史が,どのような流れを湛えているかを知ることができる点が本作の妙かと思います。

    〜悪心を抱いて南朝天皇の系統を絶やしてしまったことこそ、けしからぬことである。......しかし、南朝がこのように彼らのためにあざむかれたのも、みな後醍醐天皇の過失が子孫におよんだことであるから、みだりに彼らを恨むべきではないだろう。〜

    久しぶりの日本古典でした☆5つ

  • 中世の社会状況から再度勉強しないとこの古典は理解が難しいと痛感。将軍家宣へのご進講用にまとめたノートだとの解説があり、徳川政権初期の中枢の歴史観がわかって興味深い。何事も因果応報で説明できるとの立場で織田信長の悲惨な最後もそれまでの信長の行状から白石は当然としている。
    南北朝の争いなどもっと理解してから再読したい。

  • 因果応報と正名思想。

  • 一般読書人にとって、通勤時間は貴重な読書時間であることが多い。岩波の「日本思想体系」は持ち歩いて読む本ではない。この点で講談社の学術文庫は重宝している。古典を現代語訳までして読むのであるから、重要な本なのである。
    さて、本書が「日本の名著15『新井白石 』」(中央公論社、1969)に載ってから久しい年月が過ぎた。第一巻の総論に続く部分が編集上の制約から割愛されていた。今回も残念ながら項目を箇条書きしただけで読むことはできなかった。その代わり、藤田覚氏の解説が加わった。
    また、新井白石が家宣に進講した当日の歴史研究の限界からの原典の錯誤については詳細な補注で補っており、注意が必要である。
    いずれにしても、教科書に載っている本がサクッと読めるのはありがたい。

全5件中 1 - 5件を表示

新井白石「読史余論」 現代語訳 (講談社学術文庫)のその他の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

新井白石「読史余論」 現代語訳 (講談社学術文庫)はこんな本です

ツイートする